素人から見た政治と世の中の疑問

世の中の素朴な疑問から風景・グルメ、素人から見た政治や社会の出来事を個人の思いを簡潔に記事にしています。

あたりまえの世の中になるのを望み、専門的な政治は勉強不足ですが個人的な意見や見解を自分の言葉で記事にして投稿させていただきます。また、時には風景やグルメの写真や素朴な疑問も投稿します。

NEW !
テーマ:

宮内庁は9月23日、風岡典之長官が26日付で退任し、山本信一郎次長が長官に昇格、後任の次長に内閣危機管理監だった西村泰彦氏(第90代警視総監)を充てる人事を発表しました。

 

西村さんの次長就任も極めて異例で、警察官僚が就くのは22年ぶりで、次長はまさしく、次の宮内庁長官です。事務次官経験者がどこかの省の顧問などを務めてから就任するのが通常です。官邸の安倍側近の危機管理監から直接に宮内庁入りというのは未だかってありません。

 

宮内庁人事が発表されたのと同じ23日、政府はこの問題を検討する有識者会議のメンバーを発表しました。議論をまとめる座長には今井敬・経団連名誉会長が就く見通しです。今井氏は、首相の側近中の側近といわれる今井尚哉政務秘書官の叔父で、安倍首相と頻繁に会食をかさねています。

 

有識者会議のメンバーも、安倍首相に近い人脈ばかりで、皇室問題の専門家はひとりもいません。明らかに官邸の思惑通りの意向を反映する抜擢です。

 

安倍首相は警察を中心に、野党幹部のスキャンダルを内閣情報調査室や公安警察を使ってかき集め、メディアにリークするというのが、政権の手法となってます。最近では、民進党代表選で浮上した蓮舫議員の二重国籍問題なども内調のリークだといわれています。

 

安倍政権にとっての警察は国民の命と安全を守る組織ではなく、国民を監視・支配するための道具として活用されています。

 

そして、憲法遵守の姿勢を鮮明にする天皇を、自分の野望を阻む最大の「敵」だと考えていて、これから先、天皇は生前退位にとどまらず、安倍官邸から送り込まれた公安警察出身の新しい宮内庁次長によって、すべての民主主義的な発言を封印されてしまうことになるでしょう。

 

とにかく、国民は着実に国民主体から独裁者による国家主権に変わろうとしている今の政治にストップをかけないと本当に、手遅れになります。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
豊洲市場は、まず、何故、盛り土がなく空洞ではいけないのか?

このまま使用したら、どのような危険を伴うのか?

地下水でも、東京都の基準はクリアできているのか?

地面下に、空洞があれば、どの様に実際、地上に影響を及ぼすのか?

直接、汚染物質を利用や触れる事が無いのに、何故、食に影響を及ぼすのか?

盛り土から空洞に変わったのは、都庁と、ゼネコンの問題であり、建設では通常よくある設計変更に過ぎません。

地下水であろうが、その水は東京都の基準に伴うなら、問題はありません。

問題は盛り土から、空洞にした事ではなく、今の現状なら、市場にとって、どの様な悪影響を及ぼすのか知りたいです。

あくまで素人考えでは、もし、有害物質があれば、盛り土のほうが、地面の間近まで上がってくる可能性もあります。

逆に空洞なら、空気感染は別として、地下水は地面に来なくいと思います。配管等のメンテナンスもやり易いです。

要するに、盛り土から空洞になっら、どの様な危険性が増すのか知りたいです。

盛り土から空洞に、誰が誰設計変更したのかわからないのは、問題ですが、余りにも、そればかりに、こだわり過ぎのように思います。

盛り土から空洞問題もありますが、建物の使い勝手も悪いと言われています。

その点も移転者の意向を聞かなかったのも問題です。

本当に無責任で、思いつきですが、盛り土より、空洞の方が安全で、費用も格安かも知れません??

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

 自民議員らが一斉に起立・拍手したのは、26日の衆院の所信表明演説で首相が海上保安庁や警察、自衛隊をたたえたとき,衆院の規則違反ではありませんが、日本では慣例でない行動で、議事進行が遅れました。大島理森衆院議長もその場で注意し、佐藤勉議運委員長は記者団に「自然発生的とはいえ、決していいことではない」と述べました。

  安倍首相が国会の所信表明演説で、軍事防衛関連だけの海上保安庁や警察、自衛隊をたたえて、拍手を求めて、スタンディングオーベーションに導くのは本当に危機感を感じます。

  当然、国民は海上保安庁や警察、自衛隊に関しては敬意いを示し、感謝しています。

でも、国を支えているのは、海上保安庁や警察、自衛隊だけではありません。国民一人一人も命がけで頑張って働き国に貢献しています。

 また、安倍首相は内閣のトップであり、国会のトップではありません。党大会なら分かりますが、三権分立、内閣、国会、司法の原則に反します。

 軍事関連を国民に必要以上に敬意を示させ、軍事あっての国民と、位置づけていく序章と大げさではなく、私は受け止めました。

  間違いなく、国民主体の国から国家主体の国に変わろうとしています。

  それを阻止するのは野党でもなくマスコミでもなく国民しかありません。

 

 

 


 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。