テーマ:
世界の皆さん、こんばんは。


土田です。


ウィチタの皆さん、こんにちは。










{C1798DD1-EE06-44A9-8B33-153C3A9D1723:01}

ウィチタ。










…え?


前も出て来たって??


そうなんです‼︎‼︎‼︎






実は、毎回やってるこの街を紹介するやつ、


勘の良い読者諸氏はもうお気づきかもしれませんけど、


たまーに、舞台のお話に絡めた街を紹介しているんです。






今回の「テンリロインディアン」はカンザスのお話という事で、こないだ記事を書く時にはカンザス州にある都市を調べて、


そしたらウィチタが出てきたので使わせて頂いたのです。



そしたらそしたら、何と台本にもウィチタが出てきまして。








なので、再度使わせて頂きました。




いやぁ、我ながらこの偶然には驚きました。





最初の本読みでウィチタ出てきたー‼︎‼︎ってなりましたからね。




まぁでも、舞台となる街はウィチタではなく、もっともっと田舎の町なんですけどね。











さて‼︎‼︎



この「テンリロインディアン」、いよいよ本日の22:00よりチケットご予約受付開始です‼︎‼︎‼︎



なので、ちょっとだけお話を紹介したいと思います。










舞台となるのは、アメリカのカンザス州の、とある田舎町 (ウィチタではない)。


そんな田舎町で、ある日大事件が起こります。


犯人は、たった一言の日本語を残し、現場から忽然と姿を消しました。


町の拘置所には、9人の日本人容疑者が収容されます。


とある "大事件" の容疑者としてー。


一体、何が起きたのか、


果たして犯人は誰なのか、


この中に犯人はいるのかー





演劇界の誇る巨匠・松本陽一の送る密室サスペンス(時々コメディ)、


2016.10.26.


on the theater.







































Coming Soon.
























…はいっ‼︎‼︎‼︎



という様なお話です。


最後はちょっと映画の予告風に仕上げてみましたけどね‼︎‼︎



何となく分かって頂けたら嬉しいんですけど、



密室サスペンスのドキドキハラハラワクワクする感じの作品になるかと思います‼︎‼︎



そうなんです。



まったくもって、











































10人のインディアンがリロリロする話を聞いではありませんでした。






























ご期待下さった皆様、ごめんなさい。























今日から稽古が本格的に始まりましたが、


稽古初日から松本さんの、細かく的確かつ分かりやすい "6番シード節" みたいなダメ出しも頂きまして、


この人数で密度の濃い〜密室会話劇を、チーム一丸となって繰り広げられたら、


これはもう最高に楽しいエンターテイメントになるのではなかろうかと。


そんな予感が一杯です。


皆様、是非ともご期待下さい‼︎‼︎‼︎









また今回の舞台は、なんと2面舞台です‼︎‼︎
(過去出演作品「幻燈の獏」と同じ感じ)


KASSAIの正面客席がメインなんですけど、


下手側(舞台向かって左手) にも客席がございます‼︎‼︎‼︎







そしてそして、舞台設定が拘置所の中ということで、


なんと舞台上に鉄格子がございます‼︎‼︎











{FCDD1098-8CEE-4F1D-9BB2-F30122282AB4:01}

こんな感じ。













そうなんです。









役者一同、









見事に




































閉じ込められます。



































舞台の上で、鉄格子に囲まれた役者陣があたふたする姿、どうぞ見届けて下さいませ。








ちなみに、正面のお席は、場所にもよりますが舞台全体を見渡せる感じです。


ただし、今回お客様と役者の間に鉄格子という "異物" が存在する関係上、


一般的な舞台作品に比べて、若干演者とお客様の間に距離感を感じてしまうかもしれません。

(もちろん、そういった距離感を感じて頂かない様な見え方とか熱量をお届けするつもりですが)



下手側のお席は、お客様と演者の間に、問題となる距離感があまりない為、臨場感たっぷりに作品を楽しんで頂けるかと思います。
























どちらのお席を選ぶかは、アナタ次第です。
















ご予約は、下記リンクをクリックして頂ければできます。











カンフェティからご予約頂きますと、


事前振込と振込手数料のご負担と発券手続きというお手間が掛かりますが、


カンフェティチケットには40番までの整理番号が付いてきます。









本番当日は、まず整理番号付きチケットをお持ちのお客様から入場して頂き、


その後、コリッチでご予約頂いたお客様の整列順ご入場…という運びになります。


「どうしてもこの席で見たいっ‼︎‼︎」というご希望のある方は、カンフェティでのご予約をお勧めします。


特にこだわらないよー‼︎‼︎‼︎って方は、コリッチからご予約下さい。



また、カンフェティからご予約頂く場合、応援している役者さんの名前をお選び頂きますと役者がとっても喜びます。



お手数ですが、よろしくお願いします。











…あ、ちなみに、



今回私は、「6番シード」さんの番外公演という事で、番外公演とはいえ



「初めての劇団さんだし、どうやって賑やかしてやろうかなぁ〜うふふ♫」



みたいに気楽に考えてたんですけど、


















































たくさん喋ります。






































驚きました。












































開始15分で、汗だくです。































皆様のご予約、心よりお待ちしております。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界の皆さん、こんにちは。


土田です。


ウィチタの皆さん、こんばんは。





{56DCB95E-8BBA-4F67-88B3-58E74314B300:01}


ウィチタ。






なんかアレですね、国技館みたいな建物がありますね。



川が綺麗ですね。













さて、前記事で、久しぶりにブログを更新した私ですが、


公演後、のんびりプラプラと過ごしていたら、何と明日は


顔合わせ。









時の経つのは早いですね。








またもやガクブルする日を迎え様としています。









そして、何と明後日22:00には、次回公演のチケットご予約受付が開始するとゆー。





驚きました。





迂闊でした。





















のんびり草津なんかに行ってる場合じゃなかったです。






















なので、チケットご予約受付開始前に、次回公演の詳細をお知らせ致します‼︎‼︎‼︎








劇団6番シード 番外公演
「テンリロ・インディアン」

作・演出  松本陽一
2016年10.26.〜11.1.
@シアターKASSAI


10.26.(水)  19:00
     27.(木)  19:00
     28.(金)  14:00 / 19:00
     29.(土)  13:00 / 18:00
     30.(日)  13:00 / 18:00
     31.(月)  19:00
11.  1.(火)  14:00


前売り・当日   ¥4,000 (全席自由)





です‼︎‼︎‼︎





こちらは、劇団6番シードさんが過去に上演した作品の再演ものです。


タイトルから察するに、10人のインディアンが


なんかリロリロする話でしょうか。
(↑台本貰ってないから、よく分かってない)






作・演出は、大人気劇団6番シード主宰の松本陽一さん‼︎‼︎‼︎


初めてお仕事をご一緒させて頂くのですが、どんなお話なのか、どんな演出方法をなさるのか、楽しみです‼︎‼︎‼︎


怒られない様に頑張ります‼︎‼︎‼︎










そして出演は、昨年春以来の共演となる、



6番シードの "テライケメン" 土屋兼久氏‼︎‼︎


"カメレオン女優" の異名を持つ椎名亜音さん‼︎‼︎



今回は彼等のホームに呼ばれて、久しぶりの共演です。














そして何と言っても、劇団の誇る看板役者、






女帝・宇田川美樹様と初共演‼︎‼︎


































…怒られるかな。










































「樹」と「様」って似てるな。











































今度謝ろう。





















































女帝・宇田川美樹様と初共演んっっ‼︎‼︎‼︎
































…はぁはぁ。









すいません、ようやく叶う宇田川さんとの共演に、


ついつい昂ぶってしまいました。




いやいやしかし嬉しいですねぇ。









女帝の名を汚さぬ様、頑張ります‼︎‼︎










他にも、昨年のアンジールでめちゃめちゃ可愛いのにめちゃめちゃ気持ち悪い役柄を演じた高木総一朗くんとも久しぶりの共演だし、



初めましての方々も、なんだか強者揃いというか曲者そろいというか、とてもワクワクするし、



今からとっても





























{A5BFBD36-8F3B-4296-8D09-54858F3C51F6:01}

楽しみだー‼︎‼︎






























これはもう、























































{202384D8-FCE7-4D71-8F95-740EC4180D2D:01}

見なきゃソンソン♪♪♪



















皆様のご予約、心よりお待ちしております〜‼︎‼︎‼︎











よろしくお願い致しますっ‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界の皆さん、こんばんは。


土田です。


草津の皆さんも、こんばんは。










{B0096CF1-E833-4BC7-B290-1A9B81D3B6B8:01}


草津よーいと〜こ♫







いっちどーはーぁおーいでっ♫


































{07C7C3E5-3082-47E1-9C67-19FA51BA68A4:01}


ジョイナジョーイナ♪♪♪






















…はいっ‼︎‼︎‼︎



とゆー事でね、始まりました当ブログ。






まずは、たいへん遅くなってしまいましたが、


PALプロデュース「十二夜」、無事に終演致しました‼︎‼︎


ご来場、ご声援頂いた皆様、本当にどうもありがとうございましたっ‼︎‼︎









自身初となるシェイクスピアへの挑戦、


ご覧頂く事ができて、


ホントにホントに嬉しく思います‼︎‼︎





















{97BF4A65-0000-47FC-AEB8-5248296796D9:01}


最高です‼︎‼︎‼︎













今回、特に嬉しかったのは、観劇後のご感想で

「シェイクスピアって、面白いんですね」

とか、

「今まで見た十二夜よりも面白かったです」

などのお声を頂いた事です。







今回の座組は、技術的に不確かな部分もありましたが、

こういうお声を頂けたのは、


役者陣の技術を越えた情熱とかエネルギーとか













{0AEDCC6D-B3FD-4111-AD98-CAB12D257167:01}


パッション











などが、お客様に伝わったのかなぁと思います。






もちろん、舞台作品を作る上では、技術があった方が














{B25A2305-CDAB-4AA4-934E-F66C6C3C5FDB:01}

最高です‼︎‼︎
















けどね。






とりあえず、あの座組であの時に出せるモノはすべて出せたんじゃなかろうかと。










それと、今回は、何と言っても生演奏‼︎‼︎


これが素晴らしかったです‼︎‼︎‼︎‼︎










{0FB8E654-7E48-4C43-934D-8ECB3E9777BD:01}



チェレステ楽団さんのあの演奏がなければ、


確実にお客様満足度激減だったと思います。



そして演奏もさることながら、チェレステ楽団さんお二方の人格や人徳や優しさが、



とても素敵な雰囲気を座組に与えて下さいました。




もーホント、



チェレステさん、

































{48EF469B-B6C4-4855-8291-51F68A67BFBD:01}

最高です‼︎‼︎‼︎












そして更に、そんなチェレステ楽団さんと、


音楽家・後藤さんの華麗なる無茶振りによって、


私なんと、これまた人生初のギターを弾くことになった今回の舞台。








華麗に無茶振りされた当初は、本当に出来るのか、間に合うのか、不安だらけでしたけども。



チェレステさんと後藤さんに助けられて、なんとか演奏する事ができました。



これがまたね、とても楽しかったのです‼︎‼︎‼︎



いやぁ、もうホントにね、



アレですよ皆さん、



いきますよ、



せーの、




























































{049C86E8-F75A-48FC-B503-3A3E6CF4AE20:01}

チョー気持ちいい〜‼︎‼︎‼︎




























…えへへ。
















本当に、チャレンジできて良かったなぁと思いました。



また機会があれば、やりたいです。











とにかく、そんな人生初ものづくしだった十二夜も無事に終わり、


なんと明日から10月の舞台の稽古が始まります‼︎‼︎‼︎






次回は、あの人気劇団・6番シードさんの番外公演にお邪魔します‼︎‼︎‼︎‼︎



詳細は、次回書きますね〜。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界の皆さん、こんにちは。


土田です。


レジャの皆さん、おはようございます。












さて、本番期間になると頻繁にブログを更新する私です。


しばしお付き合い下さい。










前の記事で書きました通り、本日19:00、



{0C3E31EA-414F-40D7-92C5-D69B971A435D:01}


PALプロデュース「十二夜」初日の幕が開きます‼︎‼︎‼︎‼︎









































初日の幕が開きます‼︎‼︎‼︎‼︎





















いやー、もーね、本番間近ですからね、






まさる、







ガクブルですからね、







思わず大きい声を出してしまいました。















































{D7ABEBF1-5071-4F95-84D1-BFDA8F06F377:01}


てへぺろ♪♪♪






いやでもホント、



今回はね、芝居だけでなくギターも弾きますからね、



緊張感がハンパないんですよ。











元々、ギターを人前で弾く時に、



もー極度の緊張感から手とか震えちゃってー、



頭真っ白になっちゃってー、



もーどーにもならなくなっちゃってたんですね。



それで、「あ、これは私は演奏家にはなれないな」と思ってた私なんです。









だから、ね、今回は孤独ではないとしても、



ものっっっすごく緊張するんですよ‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎












もーね、





まさる、





































ガクブルブルブルくらいですからー‼︎‼︎‼︎‼︎









































{1E9C8360-A6B8-4D79-A8A5-04DB9CB1E5EB:01}


























まぁ、そうは言ってもね、




本番の幕は開きますしね。




ナントカナルデショー。




素敵な音楽をお届けしたいです‼︎‼︎‼︎
















さぁて、ではここで、劇場までの道案内でもしましょう‼︎‼︎‼︎‼︎






まず、今回の劇場は下北沢にありますので、



小田急か京王線で、下北沢までお越し下さい。



そして、南口を目指します。



ここで注意なんですが、



下北沢の駅は、現在大改装中でして。



まるで迷路の様になっています。

 






慣れない方は、「南口」の看板をしっかりと確認して、改札を目指しましょう‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎








そして、見事南口に辿り着くと、こんな感じの駅前です。

{A5C87C44-661E-4839-898F-21E12A2B9F44:01}

目の前に、ガストやビックエコーが入っているビルが見えます。







そのビルとマクドナルドの間の道を進みます。


{8E55C730-01E3-4F36-BC25-70065FE0924D:01}

↑トラックが出てきてる道です。







{977AA865-FC0A-43D7-8BE6-6D5E706F9CF9:01}

この道。坂を下っていきます。



写真突き当たりに、靴屋のABCマートが見えてますが、

その手前、左手が劇場です。







{39FB7A4F-6B64-4A16-BC25-1C569C28BBF4:01}

ここ。


ここの階段を降って下さいね。













そうなんです。




お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、




今回の劇場、駅から激近なんです。




さすが


















Geki地下リバティ。


















迷わなければ、徒歩1分くらいですよ〜。









尚、今回の公演ですが、途中10分間の休憩を挟み、



上演時間がトータル2時間30分くらいとなっております。




かなり長めの時間設定で、お客様にはご迷惑をお掛けするところもあると思います。




申し訳ありません。





観劇後、ご予定などのある方は、お気をつけ下さい。












また、19時開演の回につきましては、劇場を22:00に退館しなければならないので、



終演後、皆様にご挨拶する時間があまり取れません。


なので、今回は私、劇場内でのご挨拶を終えたら
ダッシュで着替えて外に出ます‼︎‼︎‼︎‼︎









皆様には、多少お待たせしてしまいますが、


お時間のございます方は、劇場を出た辺りでお待ち下さいませんでしょうか??


そこでお話させて頂けれはなぁと思っています。


もちろん、劇場内でも、終演後すぐにご挨拶に伺います〜。


よろしくお願い致しますー‼︎‼︎‼︎‼︎







もしダッシュで着替えて外に出て、どなたも待っていてくれなかったら、




まさる、






















ガクブルです。




















では、本日の初日、頑張りまーす‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界の皆さん、こんばんは。


土田です。


ストラットフォードアポンエイボンの皆さん、こんにちは。










…ええ。


そうですよね。


















どこ?















って感じですよね。













ストラットフォードアポンエイボン。















{3AE47F7E-96DB-452D-BA82-EFF66796BA5F:01}



{5ECD4DB6-067D-4039-B433-9EB67CEB049F:01}



{F738A5FE-035F-417A-9430-D04D51EC2625:01}



{814DF51D-27F7-46D2-A1FC-924A482A5659:01}


ここ。
















まぁね、ここはアレですよ。



言わずと知れた、W.シェイクスピアの故郷なんですね。






ま、






私、



















知らなかったんですけどー‼︎‼︎

































{C1C43AE1-6199-41AE-8B15-8DCD37DC8FD9:01}


ヒーハー‼︎‼︎‼︎‼︎











って感じでね、今日もいい具合のテンションで始まりましたね。







久しぶりですしね、元気にいきましょう‼︎‼︎







さて、現在私は、下北沢GEKI地下リバティにて、



着々と本番を迎える準備を行っております‼︎‼︎
















くっふぅ〜っ‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎



















緊張するぅ〜っ‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎
















こないだ、7月末のシェイクスピアは朗読劇という事で台本持ってましたからね。





そこまで緊張しなかったんですが。






いわゆる "舞台" としてシェイクスピアに挑む初めての機会、





私、















{8703A5C3-F279-4D35-8038-71E63F232906:01}
頑張りますっ‼︎‼︎












…さて。





ここで一つ、皆様にお知らせしておかなければならない事がございます。






今回の「十二夜」ですが、





私、実は、昨年のミュージカルと同様、
プロ枠として招聘されております。





そして、私の他にもプロの俳優さんが何人かいらっしゃいます。












しかし、その数名を除いた俳優陣は、



仕事と両立させて芝居をしていたり、



学業と両立させて芝居をしていたり、



子育てを終えられてから芝居を初めたり、と



個性豊かな面々が揃った座組となっております。



なので、芝居に関して確固たる技術力を身につけた集団ではございません。








もちろん、芝居において技術が全てなどとは思っておりません。






やはり芝居は、役者の熱量があったればこその表現だと思います。






PALプロデュース「十二夜」座組一同、心を込めて熱量を込めて、舞台をお届けする所存です。









皆様におかれましては、





もちろん結果が全ての厳しい世界ではありますが、





多少のアクシデントには目を瞑って頂いて、





シェイクスピアの喜劇を楽しんで頂きますれば、とても嬉しいです‼︎‼︎‼︎









よろしくお願い致します‼︎‼︎


















…で。






話は変わりまして。







今回の舞台なんですが、




なんと、


















生演奏でございます‼︎‼︎‼︎
















音楽監督・作曲は、昨年のミュージカルでもお世話になり、



私をミュージシャンデビューさせて頂き、



「幻燈の獏」でも音楽として関わって頂いた



後藤さんです‼︎‼︎








今回も、後藤さんの素敵な曲の数々を皆様にお届けしますからねー‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎








そしてその素敵な曲の数々を、生演奏でお届けするワケなんですが。




これまた素敵な生演奏をお届けするのは、











{91644F34-6730-4CEF-BCAE-6179A61FAA5F:01}


「チェレステ楽団」さんです。












ってか、何この写真‼︎‼︎






カッコいい‼︎‼︎‼︎‼︎



















ずーるーいー‼︎‼︎






















チェレステ楽団さんとは、ご夫婦で、日本全国演奏ツアーを行っている、



ハープとタブラ(という打楽器)を操る楽団さんなのです‼︎‼︎‼︎‼︎










そうです‼︎‼︎‼︎






"楽団" なのに

























2人なんです‼︎‼︎















































{F07718C8-320D-4BE0-A385-C42942283334:01}




























このお二方の演奏にも、是非とも注目して下さいっ‼︎‼︎‼︎














そしてそしてなんと、








なんとーっ‼︎‼︎













今回、私、この素敵な楽団さんに、一部の曲でコラボレーションさせて頂く事になりました‼︎‼︎





そうなんです、わたし今回、


























演奏家デビューを果たすのです‼︎‼︎‼︎
















私が担当するのは、ギターです。




このギターは、フォークギターではなくエレキギターでもなく、




クラシックギターでございます。





フォークギターやエレキギターは、弦が鉄で出来ていますが、



クラシックはナイロン弦というモノを使っています。



あと、ネックという細長く弦を押さえる部分が、太いです。







今回はこのクラシックギターを使って、チェレステ楽団さんとアンサンブル伴奏しますぜ‼︎‼︎‼︎






クラシックギターは、もちろん二重奏・三重奏や、オーケストラとの共演などもあるんですが、基本的に1人だけで演奏するものです。









つまり、





クラシックギターって、

























孤独なんです。





















だから、ひとつの曲を他の楽器と奏でるというのは、






私、















初体験です‼︎‼︎













いやー、いいですね、


















合奏。



















後藤さんの美しい曲をチェレステ楽団さんと奏でた時に、ギターとタブラとハープと歌がふわぁ〜んと共鳴する時がね、





もー



















鳥肌ものなんです‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎
















是非、私の伴奏にも注目して下さい。






あ、ちなみに、






楽団は舞台向かって右上のスペースで演奏してます。






{53226E03-0436-416E-A154-829643DF4C9C:01}


あの上のとこ。













客席の構造上、楽団の演奏を見たい場合は、





前から3〜4列目くらいの席が首が痛くなりにくくオススメですよー‼︎‼︎‼︎‼︎











本番まであと2日、作品の完成度を高めていきますので、




皆様、どうぞ楽しみになさって下さいっ‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎










ではまた。









{385A3B39-900A-48B4-9B87-23F8F536459C:01}




























あ、最後に宣伝しちゃったー‼︎‼︎‼︎















こちらについては、いずれまた書きます〜‼︎‼︎‼︎





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界の皆さん、こんにちは。


土田です。


軽井沢の皆さん、お世話になっております。



















そう‼︎‼︎‼︎


















私は今、軽井沢におります。




…え?



何故かって?



そりゃ、





















明日が本番だからですよ‼︎‼︎‼︎‼︎
























軽井沢演劇部、略してKEBの音楽朗読劇

ウィリアム・シェイクスピア原作
「夏の夜の夢」



いよいよ明日、本番を迎えます。















いやぁしかし、皆さん「軽井沢」って聞いて、




「なんか優雅な避暑地でのんびりと芝居しやがって‼︎‼︎‼︎」




なんて



















思っていませんか?














あのですね、



それはね、






















大きな間違いです。


















軽井沢といっても、今回の舞台となる軽井沢朗読館は、もー物凄い山奥なんです。













朗読館は山の上にあるんですが、そこから30mくらいさらに登ると木の柵がありまして、



そこから先は国有林ですからね。






「鳥獣保護地域」って看板がありますからね。







林野庁の車が入っていきますからね。







なんか見たことない虫とか沢山いますからね。






























{72C7E271-736E-4447-AF80-733D8A2DD77E}


見たことない虫。
























そしていよいよ、明日は本番を迎えるのであります。








さぁ‼︎‼︎‼︎‼︎





ではここからは、




そんな陸の孤島に朗読音楽劇を観に来て下さる皆様の為に、



駅からの道案内を致します。







今回は、いつもの感じとは違いますからね。



はいまず使うのはコチラ‼︎‼︎






{AF6DC0B0-0153-49E8-95CC-C92E30676E79}


地図。





















…ね?





















いつもの感じと違うでしょ?

















いつもは、駅前から道道写真撮ったりして、



それを順々に載せたりするんですけどね。




まーなんせ山奥ですから。







写真撮ったところで、基本ですから。










さ、では始めましょう‼︎‼︎‼︎







まずは、電車で「軽井沢」まで、


もしくは軽井沢から「しなの鉄道」に乗って頂き、「中軽井沢」までお越し下さい。

新幹線後ろ新幹線真ん中新幹線真ん中新幹線真ん中新幹線真ん中新幹線真ん中新幹線真ん中新幹線前







{74BBE790-42F8-4CC2-9D42-DA6B88F938DE}


そこから、お車で146号を進みます。






すると、かの有名な星野リゾートに辿り着きます。


{21568BFB-8229-4FCD-9559-E51D5CCE458C}


右側の「ハルニレテラス」「村民食堂」

左側の「セブンイレブン」「ガソリンスタンド」などを通り過ぎます。






すると、左側にアーチが掛かった道が現れます。


そこを左に入ります。


上の写真、「星のや」の星の時の左の道です。





ちょっと行くと、左側に「千ヶ滝温泉」がありますので、それを通り過ぎます。


その先突き当たりを左に曲がります。




またちょっと行くと、左手に今度は「セゾン現代美術館」があります。



それを通り過ぎて、まだ進みます。







さぁ、ぼちぼち道が険しくなってきます。



恐らく、このあたりで多少の不安を覚え始めると思います。



が、まだ進んで下さい。






{C68791B5-37C8-4F48-A0B5-9655153F8B09}


そして、ちょっと行ったところに二股の道がありますので、そこを右です。




はいそうです。



いよいよ本格的に山に入って行きます。



そこから、最初の二股を右、その次の二股も右。



その次の二股を左です。




地図には、そのに看板があるって書いてありますね。



でも、この看板がまー小さいし古いので、注意して下さい‼︎‼︎‼︎‼︎





そして、「もー何?こんなところに人とかいるの?」っていう道を進み、





ちょっと行くと、いびつな四つ角が現れます。



そこを右です。





そして山を登って行くと、右側にようやく軽井沢朗読館があります。







遠方からいらっしゃる皆様、お気をつけてお越し下さい。



軽井沢駅から、道が混んでいなければ大体20〜30分です。



土曜日は、観光シーズンということもあり道路の混雑があるかもしれません。



お気をつけ下さい。




軽井沢朗読館HPの道案内も、ご参考下さい‼︎‼︎‼︎










明日明後日、無事に皆様とお会いできる事を願っております‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界の皆さん、こんばんは。


土田です。


静岡の皆さんも、こんばんは。


今日も食べてますか?






























{57F02264-34EB-4CFD-89DC-D9DEAFB8FAD8}

静岡おでん。


















…え?





あぁ、そうですか。
























夏は食べないんですか。















そりゃそうですよね。




暑いですもんね。

















残念です。


















さて、かなり久しぶりの更新となってしまいました。



ごめんなさい。



そして、冒頭、謎のボケから始めてしまいました。



ごめんなさい。



「夏でも静岡おでん食べるよっ‼︎‼︎」



ってゆー静岡の皆さん、





ごめんなさい。





6月終わりにやった、ラーメンコントのネタを絡ませてみましたの。









そう‼︎‼︎‼︎


そうなんです。


とてもとても大変もの凄くまごうことなく計り知れなく遅くなってしまいましたが、


ライブ「Something Nice 4」、










無事に終演致しました‼︎‼︎









ご来場頂いた皆様、


ご声援頂いた皆様、


どうもありがとうございましたっ‼︎‼︎‼︎‼︎


御礼、遅くなってしまいまして、申し訳ございません。









いやーしかし、2年ぶりにやったラーメンコントは、本当に楽しかったです‼︎‼︎



人生初の前説もやったし、音楽も堪能したし、



お客様以上に私が楽しんだライヴでした。






あ、ワケが分からない方の為に、参考までに。


{1BD28D3A-91AC-4241-9B7B-38D77240298C}

こんなんでした。








{FCCC1099-CEFA-41C8-AADC-B4B3F4F7400E}



{BBB601A7-A575-448E-8117-8F696B232369}


たまごさん舞台裏。










あ、そういえば、このラーメンコントは、今回でシリーズ5・6作品目となったわけですが、



なんと‼︎‼︎‼︎‼︎




動画がYou Tube にアップされましたっ‼︎‼︎‼︎




画質はあまり良くありませんが、


気になる方はご覧下さいまし。
























ちなみに、一杯目をやったのは2008年でした。


まだまだ駆け出しなので我ながら下手くそ過ぎますが、


私はナルト役です。


定点カメラの記録用VTRなので、顔も判別できませんが、その辺りご容赦下さい。






さぁて、今年も半分が過ぎましたねー‼︎‼︎‼︎



まだまだここから頑張りますので、ご声援よろしくお願い致しますーっ‼︎‼︎‼︎‼︎



とりあえず、次は7/24のポップンマッシュルームチキン野郎日替わりゲスト出演です‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎



台本読もう。







{6BBB4328-36C0-4F44-92D4-D563D1073932}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界の皆さん、こんばんは。


土田です。


長崎の皆さんも、こんばんは。



今日も食べてますか?





















ちゃんぽん。















という訳でね、いよいよ明日に迫りました、





{E3C6C178-85E3-4DC2-86BB-29C66B297A5A}


Something Nice 4 
~なにか、いいこと!~





今日は元気に前日リハーサルでしたよ~‼︎‼︎‼︎





いやぁ、今回はね、シリーズ4回目の音楽ライヴでございます。



「Something Nice」シリーズ1は2013年、同じく高円寺にて行われ、



それから毎年、だいたい5~6月に行われて参りました。








メインは勿論、歌のライヴなんですが、


まー凄い音楽家さん達が集まってまして。


音楽だけでも十分楽しんで頂けるライヴとなってます。







ここて少し、出演者の紹介をさせて頂きます‼︎‼︎‼︎



とりあえずの、メンバー表っ‼︎‼︎‼︎







メンバー

谷岡久美(ピアノ&作曲)
瀧沢千秋(ボーカル&作詞)
多ヶ谷樹(バイオリン)
鈴木淳一(ドラム)

土田卓(コント)
篠原あけみ(コント)
竹田佳央里(コント)
いのせ さきこ(ダンス)
ナナエ・モンジェラ(ダンス)

伊田恵美(ゲストボーカル)









こんな感じのメンバーなんですが、


まず、先日お伝えした瀧沢と共に、このライヴを立ち上げたのが、


ゲームミュージック作曲家の
谷岡 久美さんです。



この方は、かの有名なファイナル・ファンタジーⅪの作曲を始め、色々なゲームの作曲を手掛ける方でして。



ここに詳しくは書きませんので、ウィキペディアなんかで調べてみて頂くと分かると思うのですが、




とにかく凄い人です。












そしてヴァイオリンを弾くのは、シリーズ1からお馴染みの

多ヶ谷 樹(タガヤ タツキ)さん。





この方は、「実験台モルモット」というバンドのメンバーさんでして、


ヴァイオリンのいわゆるクラシカルなイメージとはかけ離れた、


熱狂的な演奏をされる方でして。




まーこの方も凄い人です。










そして、樹にーやんと同じバンドのドラムス、


鈴木淳一さん。






この方も、素敵なハードビートで私のお腹をズンズンいわしてくれる、






まー凄い人です。












この御三方をメインバンドに、




エアリアル(シルク・ド・ソレイユとかで、天井から吊り下げた布に巻きついたりしてやるパフォーマンス)のいのせさきこさん。




プリキュアとか、映画ONE PIACEとか、沢山のアイドルグループさんとかに振付をされているナナエ・モンジェラ(芸名・原ななえ)さん。






そして、ゲストボーカルには…



あ、間違えた。











ゲストヴォーカルには、「月の明かり 
~Final Fantasy Ⅳ 愛のテーマ~」の歌い手、伊田恵美さんをお迎えするとゆー、




まぁ豪華なメンバーでお届けしますのです。


























…が。




















そこに何故か、私みたいな舞台役者がコント部隊として呼ばれまして。




みなさん、あれですよ?




私、





































…え?いいんですか?





















って感じですからね。





まーでもこのコント、


意外と好評でして。


それから足掛け4年、毎年続編をお届けしているのが、


今回私が参加する、シュールコント・ラーメンです。








なんとなくのあらすじは、こちらの記事に書きましたので、ご覧頂けると幸いです。









場所は高円寺のスタジオKというところです。



軽く道案内を載せておきます~。







まず、JR高円寺駅の改札を出たら、左。


つまり、北口方面に向かいます。




{C7DF9F1F-DF41-4644-BB42-0A5B2BEBCC68}




目の前にバスロータリーがあるのですが、ここを右に進んで下さい。



{47E476BC-84FD-41A6-89A3-AFC084ADDA73}

こちら。




この道を、ひたすら真っ直ぐ行きます。



{92A22843-D747-4CCC-9CDB-88EE448F7E13}



{015CC9D7-2FAC-4225-9F56-D12D88FEE5E6}

こちら。





途中、やよい軒とかファミリーマートを越えて、まだ行きます。




{2780CFE4-E5D6-41FA-9A5D-722D057FB149}




も少し行くと、道路の反対側に「座・高円寺」が見えてきますが、これも通り過ぎます。




すると、環七という大通りにぶつかります。



{FD7BC1FB-E3F5-49C0-855B-F3BC97BED95B}

これ。



ここを、大通り沿いに右に行きます。






{2E82DCFF-9226-4474-BFA2-94255D03F855}

こっちです。




写真に小さく写っている、歩道橋をちょっと越えた右手にあるのが、スタジオKです。







{0580546D-A9C8-4475-9B77-6944674C7C66}


これ。


写真に写っている人が開けているのが、


ライヴ会場の扉です。





ゆっくり歩いて、徒歩6~7分くらいでしょうか。



迷わずにご来場下さいます事を祈っています。





ちなみに、ライヴはワンドリンク込みで3,500円です。



アルコールもソフトドリンクもございます。



簡単なお菓子も付いてます。







飲みながら食べながら、気楽に楽しんで頂けたら幸いです‼︎‼︎‼︎‼︎





お陰様で、お昼の回は満席です。



夜の回、まだ若干チケットございますので、


気になる方がいらっしゃいましたら、



お手数ですがツイッターアカウント



@masaru_tsuchida



まで、ダイレクトメッセージをお願い致します。









それでは‼︎‼︎‼︎‼︎



明日のコント、楽しむぞーぅ‼︎‼︎‼︎‼︎











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界の皆さん、こんばんは。


土田です。


サンディエゴの皆さん、おはようございます。


どうですか?凄いでしょ?

































{F5854C74-C602-4F74-ACF7-81B4960C6B60}


うちのイチロー。






















…あぁ、そうですか。



どうもありがとうございます。












…さて‼︎‼︎



昨日、来週に迫ったコントを思い出した私ですが、



今日はね、



ちょっと「幻燈の獏」について書いてみようかな、と。











思えば、細川さんの作品に出演させて貰うのは、



昨年のバンタムさん本公演「かべぎわのカレンダリオ」


そしてプロデュース公演「アンジール」以来、


約1年振りだったのですが。






前回、前々回に引き続き、細川さんには、


まぁ今回も





























自由にやらせて頂きました。

















この場を借りて、厚く御礼申し上げます。







細川さん、本当にどうもありがとうございました。







このブログ、見てくれるかな?



































{0E9E6463-B989-4034-8FA6-858F46209BB3}

いいともー‼︎‼︎‼︎‼︎























…すいません。悪ノリが過ぎました。












話を戻しますと、



そもそも、「まさるさん、6月って空いてますか?」と、細川さんにお声を掛けて頂いたのが発端なんですが、



元々、スケジュールなんてものが埋まる事のなかった私なので、




























{360967F5-9B72-4149-BE8F-D2897184062D}


空いてますよ‼︎‼︎‼︎


















と、二つ返事でO.K.したワケです。


そして頂いたのが、あの役でした。


本当に、有難かったです。


まさかの「明智小五郎」役。


からの、その実、「小林少年」役。


いやー、楽しかったです。








もちろん、明智小五郎なんて役者やってて一生に一度回ってくるかこないか…みたいな役どころなんですが、


今回は "役が" ってだけではなく、とにかく細川さんが自由にやらせてくれた事が。



それがね、本当に楽しかった。











今だから言う、ちょっとした裏話なんですが。



バンタムクラスステージ「かべぎわのカレンダリオ」という舞台で、

私が演じた "アルフレド" という映画館の映写技師が、

酔っ払って映画館に帰ってくるというシーンがありました。







当時私は、バンタムさん初参加で、どんなスタンスで芝居をすればよいのか、まだ分からない時期だったのです。



でもね、初参加だし、知り合いも全くいないし、


私の中には「とにかくやってやれ‼︎‼︎」みたいな勢いが大いにあったのです。



そして、その意気込み通り、稽古で大いにやってみたのです。



そしたらね、細川さんが笑いながら、







「まさるさん、今のはやり過ぎです笑」と仰られて。








その雰囲気が、全く嫌な感じのしないダメ出しで、




その時は私も素直に「あぁ、そうか…」と思ってその芝居をやめたんですね。











そしたら本番間近になって、今度は細川さんが、


なんか屈託のない低学年の小学生みたいな表情で、







「まさるさん、こないだのアレ、すいませんやっぱりもっかいお願いできませんか?






と仰られて。





こちらとしては、





















…え?いいんですか?





















ってゆー心境だったんですが、


演出に求められたら、ね、やるのが役者ですからね。



大いにやってやったのです。



それが、カレンダリオでの






「お嬢さんお嬢さん…あ、おばさん。」







あの一連のシーンでした。














そこからでしょうか、私が細川さんの脚本を
























あまり台本通りに喋らなくなったのは。





















でも皆様、勘違いしないで下さいね。




ほとんどは台本通り喋ってますから。




ただ、細川さんはある場面においては、自由に喋ってもある程度は許してくれる、



という話ですからね。









それが許されるシーンかどうか、私も一応必死に考えてますからー‼︎‼︎‼︎‼︎





それで「ここなら行ける‼︎‼︎」と思った時に、グイグイ行くとゆー、ね。












今回も、途中途中で勝手に喋ってました。



どこだか、わっかるっかなぁ~??










ちなみに一つ言いますと、最後のシーンの「連れて行きたい牛鍋屋が~云々」は、私がどーしても言いたくて勝手に喋った台詞でした。




なんで?と問われても、特に理由はないんですが、



ただどーしても「牛鍋屋」って言いたかったのです。



だからパンフコメントにも、牛鍋屋って書いちゃいました。






理由はないのです。




言いたかったから、書きたかったから、




喋って書いたのでした。










「幻燈の獏」楽しんで頂けたなら、幸いです。







どうもありがとうございましたー‼︎‼︎‼︎










ホントは、ライヴの出演者情報など載せようかど思っていたんですが、


話が思わぬ方向に逸れました。ごめんなさい。



また近々にアップしたいと思いますー‼︎‼︎‼︎



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
世界の皆さん、こんばんは。


土田です。


合肥の皆さんも、こんばんは。








さて、「幻燈の獏」が終演してから、はや5日。

{7EE578B4-F60A-4AC5-A456-3957B9631684}



皆様、いかがお過ごしでしょうか。






ツイッターなどでは、未だに舞台の感想つぶやきなどを見かけ、


懐かしく嬉しく拝見しています。









「幻燈の獏」共演者は、既に次の舞台の稽古に入っていたり、

{D108705A-2423-497E-B07E-F37777CE9636}










舞台ではない別の仕事を精力的にこなしたり、


{32658322-0C5E-45F8-B24F-7112662EABB9}










ご当地を楽しんだり、

{95FD32F8-29BA-4D6D-A157-1CEA21244245}







と、活発に活動されているみたいですね。












しかし私はね、



ええ、そうです。



例によって






















ダラダラしてました。





























「幻燈の獏」の感想ツイートなどを見て、





























リツイートしたり、"いいね"したりしてました。
























そしてそんな日々の中、ふと何か違和感を感じました。



そう、ちょうどこんな具合に。



































あれ?何か忘れてね?


























そして、その違和感はどんどん大きくなっていき、



ざわざわとした不安も生まれました。




私は必死で考えました。




しかし、違和感の正体は掴めません。




それでも、一生懸命考えて考えて考えました。




そして、遂に思い出したのです。











































あ、来週コントやるんだった。


























そーなんです‼︎‼︎‼︎‼︎








実は私、来週
























コントやるんです。
















いやぁ、うっかりしてました。うへへ。








ただね、コントやるって言っても、



そんな大した事やるわけではないんですよ。







瀧沢千秋という、声優・田中真弓さんが主宰されている「おっ!ぺれった」という劇団の劇団員がおりまして。



彼女が作・演出した「僕が山に登る理由」という舞台が、遥か昔にございまして。



私も出演していたのですが、その劇中劇のひとつとして、「シュールコント・ラーメン」というのを当時やったのです。







かいつまんで説明しますと、


地道に暮らしている、仲の良いメンマとナルトの元に、


ある日、旧友であり今は出世してしまったチャーシューがやってきて、


まぁさんざっぱら嫌味を垂れて去って行くんですね。


残された2人は大層悔しがるのですが、実はナルトはメンマに対しても、少なからず嫉妬心を抱いているのです。


何故なら、ナルトはその存在感がどんどん消えて行くのに対して、


メンマは「おつまみ」としての地位を確立し始めていたからです。


2人の間には確執が生まれるのですが、そんな時ナルトは"あの歌"を思い出します。



そう、ジョン・レノンの「イマジン」を。






Imagine all the people    

(さあ想像してごらん みんなが)



Living for today...    

(ただ今を生きているって...)




ナルト
「そうだ、俺たちは、今を生きているんだ…‼︎‼︎‼︎」




見栄や功名心・嫉妬心に駆られていたナルトは、1番大切なもの、"友情"というものに気付くのでした。








…ってゆーコントなんですけどね。




これが当時、意外と好評を頂きまして。









数年経った頃に、作・演出の瀧沢が、プライベートライブを…


あ、間違えた。



プライベートライをやる時に、お客様のご要望もあり、復活を遂げたんです。







ライヴでは、2人のその後が描かれ、


憧れのマドンナ・煮玉子さんが現れたり、


何故かラーメン界に迷い込んだ天かすちゃんが現れたり、


またもや道に迷ったナルトが、置き手紙を残して自分探しの旅に出たり…


という展開を見せてきました。





そして今回、そのラーメンコントに終止符が打たれるのです。







まぁ色々と書きましたが、とにかく下らないコントです爆。







でも、私にも思うところあり、


ラーメンコントの終焉に参加しようと思ったわけです。








先程も言いましたが、今回は舞台ではなく、ライヴなのです。


瀧沢の他に、FFシリーズの作曲をされているピアニストさんや、


ジプシー的な音楽を奏でるヴァイオリニストさんや、


魂のドラマーさんや、


熱狂のダンサーさん達が集まって、


音楽と歌とパフォーマンスがメインのライヴなのです。





その中に、ひとつまみの箸休めとして、まぁ10分に満たないコントをやるわけです。





































全身タイツを身に纏って。





















…え?



あぁ、はいそーですよ。




着ますよ?























全身タイツ。






















私が敬愛して止まない"タイツマンズ"の全身タイツに比べると、



クオリティはかなり劣りますが、



でも着るのです。























全身タイツ。




















私はシリーズ1からナルト役を頂いているので、白いタイツを着ます。




白いタイツでもって、音楽ライヴを楽しみに来ているお客様の前で、




コントを披露するのです。











えぇ。



もちろんお客様は、



皆さんこう思われますよ。




























一体何が始まったんだ…





















…ってね。








でもね、続編を待っていたお客様は、こう思うのです。


























来た来た来たぁ~っ‼︎‼︎



































くぅ~っ‼︎‼︎



























…ってね。




そんな感じで、まぁシュールなコントをちょっとだけやりますので、



もし…もし‼︎‼︎‼︎ ご興味ありましたら、ご来場下さいませ。




{C07A5975-19A2-4130-9DE4-835EA60F69B5}

Something Nice 4  ~なにかいいこと~

高円寺・スタジオK  1Fにて。





ご予約は、実は予約サイトなどございませんので、


ちょっと面倒なのですが、私のツイッターアカウント 

@masaru_tsuchida 

まで、ダイレクトメッセージを下さいませ。


ツイッターアプリなどインストールされてなくても、インターネットエクスプローラーやサファリからツイッターを検索して頂いて、
さらに私のアカウントを検索して頂きますと、メッセージを送る事ができます。

吹き出しマークみたいなのをクリックして下さい。



私の出番自体は、約2時間のライヴ中ほんの5~10分程度なので、その点のみご了承下さい。


終演後には、是非ご挨拶させて下さい‼︎‼︎‼︎





よろしくお願い致します~‼︎‼︎‼︎‼︎



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。