喧嘩商売(24)/木多康昭
¥560
Amazon.co.jp


前回の続き 、梶原修人・「スポーツではない戦い方」を考えます。

端的に言うと、梶原さんの強さは、動機が怨恨であるところです。

純粋に強いやつと戦いたいとか、己の強さを試したいとかではない。

闘い終わってノーサイド的スポーツではなく、相手を殺害する執念。

スポーツではない戦い方すなわち、「命のやり取り」を身上とする…。

まずはそこが一部を除く参加者を凌駕する点だと思われます。


戦術的には劇中に埋め込まれたいくつかのヒントが示唆しています。

田島彬のトーナメントが一筋縄ではいかない凄惨なものとなること。

梶原さんの本当の実力・まだみぬ本領が発揮されるであろうこと…。

以下ヒント例です。


『まだ諦めてねーのか もう試合は負けだ… だが喧嘩なら逆転の可能性はある 腕を食いちぎれ(スウ)』 by デスバトル観戦中の梶原さん(18巻)


『古代からボクシング以上に人気があった 禁止事項は噛みつく事と掘る事のみ だが実際は掘ることさえも 目に指を入れたぐらいでガタガタいうな、と容認されていた』 by マカオのボスに語りかける田島彬(22巻)


あんなに待ち焦がれた本編再開が怖くなってきませんか?

そして彼の本領が噛みつきと目潰しだけであるはずもなく。

まだまだ隠された秘技が恐怖と楽しみをそそります。

復讐者・梶原さんの生き方からは当分目が離せません!


さて、24巻の表紙も決まり、いよいよ連載再開が見えてきました。

それにしても佐川睦夫の予想を裏切り三代川祐介だったとは…。

つまり大幅加筆にも関係してくるのではと期待するところ大です。

というわけで、この応援ログ も潮時、これにて終了と致します。

永い間お付き合いいただきありがとうございました!!

AD

梶原修人を考える

テーマ:
喧嘩商売(22) (ヤングマガジンコミックス)/木多 康昭
¥560
Amazon.co.jp


『俺はハンディがあるから使える部分は全部鍛えているんだ。武術家は特にアゴは鍛えておかないとな』by梶原修人(16巻)


『スポーツではない戦い方を得意とする剣豪』 梶原柳剛流・梶原修人。梶原さんは、基本的には長刀を携えての闘いが得意なはずです。でも刀がなきゃ何もできないような梶原さんでは、無論ないわけで。梶原さんは三度の大きな修行時代を経て進化し続けているのです。


1回目。父君との剣術修行。突然の別れ間際のセリフでその後の修行を予感。『親父ぃ 体術を中心にやろうぜ!俺たちは剣術に偏りすぎたんだよ』


2回目。父の死後、ひとり書物をひもとき続けた七年間の修行。『先祖から受け継いだ物、金で集められる物。すべての古文書を読み終えた。入江文学を斬る-逸る気持ちを抑えながら俺は古文書に書かれた技を己の物にするための鍛錬を続けた』


3回目。文さんとの決闘で左手を落とした後の再起の修行は未だ描かれてない。『片手で戦える技なんて星の数ほどあるわ!』


こんな梶原さんが身につけた技が金剛だけであるはずがないですよね。次回「梶原修人を考える2・スポーツではない戦い方」に続きます。

梶原さんの経歴などについてはウィキペディアで


**********

休載中の喧嘩商売に代わって毎週月曜に掲載するログです。

連載再開までの間、感謝と応援の気持ちを込めて-。

喧嘩商売ログはこちら

24巻は2月4日発売予定!

AD

佐藤十兵衛vs梶原修人

テーマ:
喧嘩商売(9) (ヤングマガジンコミックス)/木多 康昭
¥560
Amazon.co.jp


喧嘩商売第一部完結編 で語られた佐藤十兵衛の戦略-。

一人半殺しにしてトーナメントに割り込み参戦というもの。

その標的とされたのが東洋のフランケンシュタイン・石橋。

ふむふむ、石橋を倒して次は佐川と煉獄対決か、なるほど。

と思ったけど、見方を変えてみるともうひとつの選択肢が!

そう、それは金剛対決。つまり梶原さんを襲撃するという。


石橋襲撃は、未遂もしくは途中で邪魔が入って頓挫します。

ここで十兵衛が標的変更する相手が工藤の1回戦・梶原さん。

板垣組に守られている彼を襲うのは難しそうですが、そこはそれ。

梶原さんもかつて9巻で板垣組本家に独り殴りこんでましたから。


「石橋以外にも、戦いを受けるやつがもう一人いる!あだ討ちのために無関係の警察官まで斬ったヤツが。」ということで新たなターゲットに向かう十兵衛。板垣組の守りを突破するか、自ら姿をあらわした梶原と対峙。


「お前の目的は富田流だったはずだよな。俺が富田流の7代目だ。イヤとは言わないだろ?」(ニヤリ)と詰め寄る十兵衛。対する梶原は、相変わらず鉛入りの重たいキセルをくわえたまま、氷の表情で答える「了承した」(ぎぃ…)


**********

休載中の喧嘩商売に代わって毎週月曜に掲載するログです。

連載再開までの間、感謝と応援の気持ちを込めて-。

喧嘩商売ログはこちら

追記:24巻は2月4日発売予定!

AD


縁(えにし)な生活


実在の選手をモデルにするのはほかのマンガでたくさんやってるので、それはもう”済んでいること”というか。

by 木多康昭 (Kamipro 148号より)


喧嘩商売トーナメント16戦士に実在モデルはあるのか?

みんなうすうす察していると思うけど、「無い」が正解です。

とりわけ実在モデルなんてありえないのが金隆山康隆さん。

史上最強の力士であり、神の依り代でもある、あの方です。


ミオスタチン関連筋肉肥大で強くて大きくて仕方ないあの人。

ライバルは2-3メートルの熊の剥製。それを倒した山本陸。

体重1トンの闘牛横綱を合掌ひねりで倒した直後のセリフ。

「心配するなよ、遊びだ、遊び。」

突っ張り・のど輪・さば折・かんぬきは自ら禁じ手としてる。

いまだ全力で戦ったことはないという。


力士モデルで、千代の富士とか北の湖とかありがちですね。

今なら朝青龍とか白鳳とか、曙・小錦とかも出てきそうです。

無敗ということで伝説の雷電為衛門さんも名前が挙がります。

でも雷電なんて誰だソイツって感じだし、他の人も違うんですよね。


別の角度で、筋肉つながり・格闘家モデルでも考えてみましょう。

まず最近のアリスター・オーフレイム、筋肉オバケで同一系統です。

そしてなつかしの野獣・ボブサップ。元祖・筋肉オバケでしたね。

ノゲイラ戦とホースト2連戦のサップはマジで強かったですよ。

圧倒的パワーがすべてを凌駕してしまうことがある象徴でした。


そして最近の新たな情報としてのUFCヘビー級戦線です。

でかくて速くて、どうしようもなく強い男たちの終わりなき物語。

ブロック・レスナー、ケイン・ヴェラスケスを筆頭に雄がわんさか。

地上最大の拳をもつ男、シェン・カーウィンとか、幻想の塊です。

現在、金隆山のイメージに一番近いのはUFCの世界観でしょう。

いわく、コマツ・フォークリフトの境地。攻撃力・殺傷力・存在感。


UFCのヘビー級は人間というよりコマツフォークリフトだもん!

by 玉袋筋太郎(Kamipro 153号より)


**********

休載中の喧嘩商売に代わって毎週月曜に掲載するログです。

連載再開までの間、感謝と応援の気持ちを込めて-。

喧嘩商売ログはこちら


なつかしの巻頭カラー

テーマ:


縁(えにし)な生活


今となってはなつかしい巻頭カラー掲載時のカバー。
誰も彼もアツかったあの時代(と言うほど昔でもない…)。
ワクワクしながら展開を予想してはハズし、見守りましたね。
固唾を飲んで、とはまさにこのことだったのではないですか。

祝巻頭カラーの記事はこちら


良い意味で裏切りの連続、それが喧嘩商売。

このときは佐川家の長男が主役のストーリー。

え!ということはあの人とあの人が戦うということ?

とか言って一喜一憂してたんですよね…。


喧嘩商売応援ログは前回につづき 振り返りの巻でした。

次回は再び想像と妄想の世界へ。

ミオスタチン金隆山を考えます。

(予定)


**********

休載中の喧嘩商売に代わって毎週月曜に掲載するログです。

連載再開までの間、感謝と応援の気持ちを込めて-。

喧嘩商売ログ


喧嘩商売(14) (ヤングマガジンコミックス)/木多 康昭
¥560
Amazon.co.jp


覚えていますか?

不屈の十兵衛をあらわす数々の名シーン。

人生の教科書・喧嘩商売において特に見ごたえある部分です。


『ビルから落とされても立ち上がってきた工藤に 

十兵衛はボコボコにされたそうだ

圧倒的な力の差で大敗 小便を漏らして・・・・

血だるまになりながら「助けてください」と許しを懇願した

そのみじめに負けたヤツが 立ち上がったんだぞ

もう一度あの化け物に挑むために』

by 橋口信(14巻)


『十兵衛を知らない者は 闘争本能のみで動いていると思った

十兵衛を知らない者は 無駄なあがきをしていると思った

十兵衛を知らない者は ボタンを押せても倒されるだけなのにと思った

だが十兵衛を知っている者 十兵衛と戦った事のある者の見解は違う

佐藤十兵衛は ここからが強い』

by 作者(17巻)


『ここから先が戦えるようにやってきた

顔の形が変わるほど ボコボコに殴られて

死を感じて 小便を漏らしても 心が折れないように

あの時のように・・・・2度と心が折れないように やってきた』

by 佐藤十兵衛(18巻)


他にも、巨大隕石から地球を守るため煉獄を打ち続けるところとか…。

たくさんの名シーンがありますが今の自分的にベストはこの3つです。

何回読んでも燃えるシーンですね。燃えーー(違うか)


全体の文脈の中で見ないと燃えないかもしれないので、ゼヒ本編に!

俺も不屈でがんばります。


**********

休載中の喧嘩商売に代わって毎週月曜に掲載するログです。

連載再開までの間、感謝と応援の気持ちを込めて-。

喧嘩商売ログ




喧嘩商売(8) (ヤングマガジンコミックス)/木多 康昭

¥560
Amazon.co.jp

『バガボンド』って漫画知ってるか?

ウチの古武術はそれに出てくる鐘巻自斎・佐々木小次郎の富田流だよ。

江戸時代後期にわけあって分裂して、ウチのほうは嫡男が継ぐ一子相伝になったんだよ。それで俺が六代目ってわけよ。 by入江文学(第8巻より)


喧嘩商売は医学・武術など虚実ないまぜの創作が面白い!

だから、事実や史実がどうであっても、別に構いはしない。

でも一応、主役級の富田流なので勉強してみようかなと…。

『武芸流派100選』という、古い書物を紐解いてみました。

武芸流派100選 (1972年)/綿谷 雪
¥935
Amazon.co.jp


 (以下は引用です。わからない字は○で表記しました)

 祖は富田九郎左衛門長家。解説は『剣豪100選』参照。伝系も出ている。長家の門人、阿波賀小次郎釣竿が阿波賀流を称した。

 富田五郎左衛門勢源の門人、鐘巻自斎が鐘巻流、自斎門の伊藤一刀斎が一刀流、おなじく自斎門の佐々木小次郎が巌流を称した。東軍流の祖となった川崎○之助、関流の祖となった関九右衛門保重も、勢源の門から出ている。勢源の弟、治部左衛門景政の門に心極流の長谷川宗喜が出、名人越後といわれた富田越後守重政の門人では、富田一放の一放流、一放の門人の入江一無が一無流を創めた。石川霜台廉勝も名人越後の門人で、石川門の門人に淡路流槍術の祖になった木下淡路守が出ている。名人越後の弟、山崎左近将監は中条山崎流を称した。(引用おわり)


必死こいて引用してみましたが、きっと退屈でしたね…。

入江一無(無一ではない)という人が出てきましたけどね。

もっとシンプルでわかりやすい記述は実は別にあります↓

ウィキペディア 富田流


富田流を追求しすぎて、喧嘩商売から離れちゃいました。

気を取り直して、再び喧嘩商売に戻っていこうと思います。

富田流にはまだ「高山」というワザがあるはずなわけだし!


**********

休載中の喧嘩商売に代わって毎週月曜に掲載するログです。

連載再開までの間、感謝と応援の気持ちを込めて-。

喧嘩商売ログ



喧嘩商売24巻!

テーマ:

『カブト 帰ってこい!!!』

by薩摩柿之介 (23巻最終話「大和よ永遠に」より)


さて、全国喧嘩商売ファンが切望する24巻は如何に…。

連載と単行本は加筆もあり順序・構成等、内容が異なる。

連載を知らない方々のためにも詳細は語らないとして。

以下、第一部最終巻の章立てを勝手に予告編-。


177話 巻頭の最格:佐川睦夫編 「矯正」

178話 佐川・菅野編2 「新しいパパ」

179話 仁王の同窓会 「雄図」 ここでカード発表

180話 三代川祐介ようやくの続編 「代表決定戦」 ここでカード発表

181話 23巻最終話の続編 「仮釈放」

182話 拳聖・帰国後これもようやくの続編 「門」

183話 衝撃の第一部完結! 「俺も出る」 ここでカード発表


あの人があの人に弟子入り?とか、仮想あの人で?とか。

オカズもふんだんに盛り込まれて怒涛間違いなしの24巻。

話数的にはやや不足してるので、加筆に期待して待て!

大きなお世話なんだが、こうでもしなけりゃやってられん。


**********

休載中の喧嘩商売に代わって毎週月曜に掲載するログです。

連載再開までの間、感謝と応援の気持ちを込めて-。

喧嘩商売ログはこちら

時系列を整理しながら想像を膨らませようと全巻再読しました。

少年時代を除くとして、一番古いのはカブトが活躍した15年前。

15年前から現在までを縦軸に、16戦士を横軸に年表で整理…。

しようと思ったのだけど、あえなくストーリーに没入してしまった!



喧嘩商売(17) (ヤングマガジンコミックス)/木多 康昭
¥560
Amazon.co.jp


年表は後日完成させるとして、今回再発見は拳聖・帰国編(17巻)。

「転んでもタダでは起きない」の連続、それが喧嘩商売-。

その中で、敗北の絶望から再び高みを目指す男、里見賢治。

中国拳法の強さなど、未だミステリアスに未知数ではあるけど。

里見の名言がこれ↓


「艱難汝を玉にす 陸先生とやって絶望したが 艱難辛苦は俺を磨いた」


艱難汝を玉にす(ことわざデータバンクはこちら)


**********


「あの野郎(田島) だいぶ勘違いしているから ぶっ倒してやることにした」

と、第一部完結編でも急にかっこよかった拳聖、今後に期待です。


**********

休載中の喧嘩商売に代わって毎週月曜に掲載するログです。

連載再開までの間、感謝と応援の気持ちを込めて-。

喧嘩商売ログはこちら

喧嘩商売(12) (ヤングマガジンコミックス)/木多 康昭
¥560
Amazon.co.jp


トーナメントのルールはまだ発表されていない。

田島彬の記者会見の言葉だけが唯一の手掛かり。

通称『最格』を、毎回しめくくるお決まりのフレーズ。


「多種ある格闘技がルール無しで戦った時・・・・

スポーツではなく・・・・目突き金的ありの

『喧嘩』で戦った時 最強の格闘技は何か!?」


**********


「スポーツではなく目突き・金的ありの喧嘩」がポイント。

デスバトル・ルールでも目突きだけは反則だったはず。
トーナメント参加選手の間には結構、体力・体格差がある。

「目突き金的あり」で、少しでも体格差が縮まるなら面白い。

(マカオのタン・チュンチェン風に)


目突きや金的を普段から練習して使えそうな男は以下…。

忍術の梶原、古武術の入江、空手の上杉、傭兵の佐川兄。
あと多重人格の少林拳・三代川とか。「目打ち」も怖いし。


こうでもしないとミオスタチン金隆山には誰も勝てない。


喧嘩商売公式ページはこちら


**********

休載中の喧嘩商売に代わって毎週月曜に掲載するログです。

連載再開までの間、感謝と応援の気持ちを込めて-。

喧嘩商売ログはこちら