縁(えにし)な生活


クリスマスケーキを今年はミルクレープにしてみました。

三谷幸喜さんも推奨のドトールコーヒーのミルクレープ。

クリスマス限定バージョンをTポイントで買ってきました。


感動的な美味しさに、写真撮影も忘れて食べ散らかし…。

これからは毎年これで決まり!!普段使いにもゼヒ。



AD
Tarzan (ターザン) 2011年 1/13号 [雑誌]/著者不明
¥550
Amazon.co.jp


普段は買わないし、読んでもいないTarzan。

太らない食べ方の時だけ買っちゃうのはナゼ。

序章『牛丼、それは太らないメニューである。』

これだけで読む価値がありましたよ。ゼヒ!


AD

頭とカラダのメンテナンス、ひきつづき頑張ってます。

減感作療法献血とセットの血液検査 も順調です。そして…。

毎週月曜は歯医者さんがお友達-歯科治療の日です。


中学生の頃、セックス・ピストルズにあこがれ-。

「ジョニー・ロットンは歯を磨かないのだ」ときいて。

結構マネたりしていました。今思えばアホかと。


今ではもちろんそんな事はなく、歯間ブラシ大好き人間です。

昨晩は、数回継続してきた2本目の銀歯が交換完了!しました。

次週からは、治療を始めて真っ先に抜いたオンボロ歯の後始末。

つまり奥歯方面1本空っぽになってる箇所をどうにかしようという。


ブリッジもしくは部分入れ歯、そして究極はインプラントです。

でもインプラントの値段をきいてたじろぎましたよ、35万円。

ということでブリッジの線で進めてみようと思ってます。

しかし、この歯も治るとさらに健康になってしまうな…。


頭とカラダのメンテナンス、既存メニューはそのまま継続。

来月は前立腺がん検診に行ってきます。シュタ!

昨晩は懐かしい二人の恩人と居酒屋トークでした。

本当に楽しくて、時々下らなくて、ありがたかったです。

内容を語るのはやめときますが、行った店が良かった!


漁師が経営する居酒屋・新鮮市場


土曜日は刺身半額!寒ブリ大トロほか美味でした(写真なし)。

そして「ワインじゃなく日本酒を飲んで下さい」というだけあって。

普段飲まない日本酒が見事に美味しかった!!

楽しすぎて美味しすぎて、少し多めに飲みました。
でも悪酔いもせず、翌朝も快調、頭痛も無しです。
本当に新鮮でいい日本酒は、こうなんですね…。



吟醸 鳳凰美田(ほうおうびでん) 中取り

・精米歩合 55% ・日本酒度 +3 ・酸度 1.4

◇通常の酒とは違い機械で搾らず、酒を布袋の中に吊るして、雫として垂れさせて搾った、最高級の造り。そりゃぁ~旨いヨ 1合700円


純米吟醸 獺祭(だっさい) 【本生】50
・精米歩合 50% ・日本酒度 +3 ・酸度 1.5
◇本生バージョンは当店だけ 激レアもの
1合800円
日本酒と刺身のラインナップが凄いことになってます。
年の瀬、大切な人との忘年会にゼヒ

人生初の減感作療法、 がんばっています。


これまでは、一定の濃さで分量を徐々に増やしてきました。

3回こなして今回はついに!濃さがイキナリ10倍に…。


前回まで 0.02JAU 0.2ml→0.3ml→0.5ml

今回から 0.2JAU  0.05ml~


目標は2,000JAU ということですから、当分先は長いです。

まずは3年がんばる構えですから、ぼちぼちやっていきます。


今回は「しびれます?」とか「濃さが10倍」とかで催眠にかかり。

若干ダルい気がして、自分のだまされやすさに感心しました。

減感作療法は年内もまだまだ続きます。がんばるぞ。

血小板製剤

以前にも書きましたが、 これからは成分献血です。

成分献血により得られる血液製剤の写真が出てきました。

もはやこれは血液であると同時に血液製剤という商品です。


血小板製剤

有効期間:採血後4日間

主な用途:血小板数の減少またはその機能低下による出血ないし出血傾向のある場合


縁(えにし)な生活

これが貴重な血小板製剤。黄色い血液…。


縁(えにし)な生活
血液型別4種のラベル、意外にカッコいい…。



血小板成分献血から得られる血小板製剤は、主にガンや白血病などの血液疾患の治療に使用され、近年では必要とする患者さんも増加傾向にあります。有効期間が採血後4日間と短いため、日々みなさまのご協力をお願いしております。by 日本赤十字社


ということで、献血するなら成分献血がおすすめです。

抜いた血液から遠心分離機で血漿・血小板だけを抽出。

残りの血液をもう一度体内に戻す×3セット行います。

比較的カラダに負担が少なく短い間隔で次が可能です。

献血の手順はこちら


最近は「注射」が趣味。注射針とすっかり仲良しのお友達です。

減感作療法・献血と、ここ数週間で何本の注射針をさしただろう…。


先週は、家族でインフルエンザ予防接種に行ってきました。

テレビによると、早くも流行の兆し(ていうか毎年流行してる)…。

先日は、「池上彰のニュースがわかる」?でも取り上げてましたね。

それはいいんですが、注射箇所が猛烈にカユいですね、今年は。

1週間近くたって、ようやくカユみがおさまりましたよ…。


カユみなんて大した問題ではないですが、予防は大マジメです。

インフルエンザは、幼児・小児の場合、特に注意が必要との事。

流行のピークにあわせるならば、そろそろ行っときましょう!


厚生労働省・新型インフルエンザワクチン接種事業 はこちら

人生初の減感作療法 頑張っています。


アレルゲン治療エキス「トリイ」 2回目、注射。

スタート時の濃度はとりあえず今回も同様。

前回よりワンランクだけ分量が増量。

特段のアレルギー的な反応は無し。


年内いっぱいの注射を全て予約。

本格的になってきました。

まだまだいくぞ。



縁(えにし)な生活


世界最高峰ウイスキーアワード2010受賞の「竹鶴」。

これは21年じゃなくて12年、しかもコンビニ限定。

ニッカ竹鶴 ピュアモルトハイボール


缶ハイボールはたいてい甘過ぎるけど、これは違う。

原材料:モルト それだけ。

シンプルに、スッキリ旨い!!


「ウイスキー製造法を習得するため単身スコットランドに渡り、日本にウイスキーづくりを初めて伝えた「日本のウイスキーの父」と呼ばれるニッカウイスキー創業者:竹鶴政孝。その「竹鶴」の名を冠した「竹鶴ピュアモルト」の12年以上熟成したモルトウイスキーを炭酸水のみで仕上げた、ウイスキー本来のおいしさが楽しめる、ピュアモルトハイボールです。」

(缶に書かれた解説より)


甘過ぎるハイボールに辟易してるアナタ、コンビニへ急げ!!