数楽者のボヤキ・ツブヤキ・ササヤキ-中学 数学 道徳 Mathematics Puzzles-

中学の数学教師が綴る独り言 中学数学,道徳,数学パズル,数学史,和算,Teachers of Mathematicsの話題,小中連携教育,学校行事の様子をデジカメ写真付きで紹介
クラシックカメラ、クラシックレンズで撮影したスナップ写真もほぼ毎日綴っています


テーマ:

若い人たちへ (柳澤桂子さんのことば)
「人それぞれに何らかの才能を与えられて生まれてくるわけですが,自分がどのような才能を授かっているかを知ることはとてもむずかしいことです。親の役割の大切なことの一つに,子どもの才能を見つけると言うことがあると思います。DNAのいろいろな組み合わせで,一人ひとりが違った才能を持っているわけですが,それを最大限に生かして生きるときに,その人は一番幸せになれると私は思います。
人生には楽しむべき時というものがあります。そんなときにそこにお金をつぎ込んで,思いっきり楽しんでおくのが,大切なのだと人生の終わりになって気付きます。楽しめる時間は短いのです。若いときには,やりたいことに存分に挑戦して下さい。」
                          (引用:岩崎書店の『20世紀のすてきな女性たち 3』P150)


岩崎書店の『

佐藤 一美, 山脇 あさ子, 上遠 恵子, 藤原 一枝
20世紀のすてきな女性たち〈3〉科学に魅せられて―マリー・キュリー、保井コノ、レイチェル・カーソン、柳澤桂子

』から生命科学者である柳澤桂子さんの生き様を読んで聞かせました。やや中2の生徒には,むずかしい言葉も出てきて,その都度意味を説明してやりながら読んだので読み聞かせだけで授業のほとんどを費やしてしまいました。

困難を乗り越え,自分の信念を貫きながら,夢や目標に向かって努力する大切さに気付かせ,実践への意欲を持たせるのがこの授業のねらいでした。今年度,道徳では,いろいろな人の生き方を学ぶ機会を持つようにしてきました。図書館にも,単なる伝記だけでなく,中学生に生き方を考えさせるような本がたくさんあるので,私が選んできて,生徒に紹介するというようなことをしています。

柳澤桂子さんは,1938年(昭和13年)1月12日,東京に生まれます。1960年(昭和35年),お茶の水女子大学理学部植物学科在学中に結婚。卒業後,渡米してコロンビア大学大学院動物学科で遺伝学を学びます。3年後の1963年(昭和38年)に日本に帰国。長男が誕生します。慶応大学の助手になりますが,翌1964年(昭和39年)から育児に専念するために7年間休職することになります。その後,31歳の年に発病し,入院。東北大学の理学博士になり,37歳の年に三菱化成生命科学研究所の主任研究員になりますが,1977年(昭和52年)39歳の年から病気がしばしば再発し,休職を余儀なくされます。病気が治らず,入退院を繰り返すことになります。そして,1983年(昭和58年)45歳の若さで退職してからは,病床で思索をまとめ,1986年から1998年までの12年間に22冊もの本を著しました。全く動けず,食べ物を飲み込むことさえできず,点滴で命を繋ぐ状態になった彼女は,家族に安楽死を望んだこともあったそうです。その願いは,当然家族に否定されることになります。彼女は家族の彼女への思いの深さに,「生かされている自分」を見つめ直し,「再びの生」を噛みしめながら思索し,執筆する日々を送られているそうです。『

柳澤 桂子, 朝倉 まり
お母さんが話してくれた生命の歴史 (2)
柳澤 桂子, 朝倉 まり
お母さんが話してくれた生命の歴史 (3)
柳澤 桂子, 朝倉 まり
お母さんが話してくれた生命の歴史 (4)
』という著作が,1998年に韓国語に翻訳され,出版されたそうです。そうした柳澤さんの業績が認められ,1999年(平成11年)には,女性科学者功労賞が贈られています。

 柳澤桂子さんの生き様を読み聞かせた後の感想を紹介します。


「小さいときから想像力が豊かで,科学者に向いている人だったと思う。ブランクや病気など苦しいことはたくさんあったのに,それでも「自分が知りたいことを知る」という精神がすごいなあと思う。」


「生命について,私はあまり分からないけど,自分の才能を見つけることはとても大変でむずかしいと私も思います。だけど,才能は待っていても,やってくるものではありません。だから自分から何でも挑戦していきたいと思います。人生は一度しかないから今できること,今しかできないことをしていきたいと思います。例えば,学生時代にしかできないこと・・・,友達とたくさん思い出を作ること,たくさん遊ぶことなどです。私は今しかできないこともこれからやっていって自分の一度しかない人生に悔いを残さないようにしたいです。」


「大学へ行き,テストで80点以下を二科目以上取ってしまうと落第という厳しい大学に入って,寝ないで宿題とテスト勉強をして4人の中のトップで卒業したというのはすごいと思った。何でも疑問を持ち,その疑問を解決しようとする気持ちがとっても強かったから研究が成功したりしたんだと思った。具合が悪くても研究を続けるなんて私だったら絶対にできないと思いました。でも研究をしているときが一番幸せだと思っているから,研究を続けて,自分が今したいことを精一杯やっているのだと分かった。この人は生命に関してとても強い気持ちを持っている人なんだなあと思った。」


「変わった人だなあと思った。何にでも関心を持っていて,「何でだろう?」と疑問を持っていてすごいと思った。本当に科学が好きだなあ。病気をしてもなおまだ,実験を続けたいと思うなんてがんばっているなぁ~。自分の体を大事にしないといけないのに。私はあまり疑問に思ったことを「なんでー」といって調べようとはしないから,この人みたいなことをやってみたいなぁ。(頭がよかったらねー)」


 

学校・教育全般 - 学校・教育
お仕事ブログランキング にほんブログ村 教育ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Entry ランキングへ投票 Blog Entry ランキングへ投票 とらっくばっくる 数学ブログランキング ブログベル
こちらからBloglinesでこのブログをRSS登録できます⇒
Bloglinesで閲読登録
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

数楽者さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。