オーダースーツ屋 「スーツ・スタイリスト」のblog (できる男のスーツスタイル)

ビジネス・エグゼクティブ向けのオーダースーツ屋です。Ermenegildo Zegna ゼニア生地の正規取扱代理店で出張可能なオーダースーツ専門店です。大人の男のスーツスタイル(着こなし)を提案!

スーツ着こなし提案 スーツスタイリストMasakyoです。
春貴 政享 (はるき まさきょう)
スーツを愛し、スーツを研究し、スーツを心理的面から考える出張可能なオーダースーツ屋です。東京サロン/福井ショップ共に、お越しの際には、お電話・メールで事前にご連絡ください。(予約制)

オーダースーツ専門店→ DoCompany(ドゥ・カンパニー)
当社のオーダースーツ購入スタイルは「予約制」となっています。

【オーダースーツ購入に関してのお問い合わせ】(入力フォーム)
TEL : 050-3692-4434 東京・南青山
TEL : 0776-28-5233 北陸・福井
直通電話 TEL : 090-3769-1191 「ブログで見た・・・」でOK


【オーダースーツ販売店募集(独立支援・新規事業支援)】
オーダースーツ専門店 ドゥ・カンパニーでは、販売代理店を募集!個人・企業・異業種問いません。新規事業や独立事業としてオーダースーツの事業を取り入れてみませんか?安価な国内生地から海外ブランド生地を用意しエルメネジルド・ゼニア生地の正規取扱代理店で様々なご用意ができます。職人と数社縫製工場で、様々なスーツにも対応可能。
お問い合わせ

LINE公式アカウント/オーダースーツ専門店DoCompany
友だち追加数

オーダースーツ屋 「スーツ・スタイリスト」のblog (できる男のスーツスタイル)-スタイル

好印象を与える大人のスーツ着こなしをアドバイスしています
テレビ電話を使用する

NEW !
テーマ:

高級なビジネスシューズほど底は革底になっています。

本来は、革底ですし、昔ながらの作りであればそれが通常でしょう。

 

しかし、冬の時期は雪が降ったりします。

特に都内のように積もりはしないけど地面が異常に濡れている場合など、革底はかなり滑ります。

危険なのは、ビルなどの玄関先で滑るときがあります。

私は何度も転けました。。。

 

(ちなみにこれはオロビアンコのシューズの革底)

 

この時期、とっても危険な底です。

なので、私は夏用と冬用と分けて冬用にはダイナイトソールを張り替えます。

 

 

007の映画でジェームスボンドが履いているジョン・ロブのシューズも特別仕様と言うことでダイナイトソールにしています。

 

専門の業者にお願いして15000円~出来ます。

ダイナイトソールではありませんが12000円ほどのものもありますが、やはりダイナイトソールの方が断然良いです。

 

これで、滑りにくくなり、雨の日も靴の中に水が沁み込んでくる心配はありません。

冬用とか雨用とか区別して靴を履きこなせば良いですし、革底の別の靴も長持ちします。

 

コストは必要ですが靴も大切に手入れして使用すれば何年も履き続けられます。

このようなことも考えて毎日のビジネスに生かしてみましょう。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのビジネスシューズへのこだわり

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎回毎回、トムブラウンのコレクションは面白い。

どうしたら、このような斬新なコレクションを発表できるのか、トムブラウン自信の頭の中を覗いて見てみたい。

 

 

このかぶり物はなんなのか?

どのような意味があるのか分からない。

でも面白い。

 

かぶり物に目を取られて本来のファッションを忘れそうですが、着丈が長くみえるジャケット。

これは、ハイウエストになっていることと、一番下の釦から下が長いので特に着丈が長く感じるデザインになっている。

さらに、深すぎる股上が新しいパンツスタイルの傾向を表しているような気がします。

 

 

スタンドカラーになってもジャケットのコンセプトは先ほどと同じ。

 

 

フォーマルの感覚も斬新。

これは、オーダータキシードのデザインの参考になりそう。

 

 

これは全く意味が分からない。

鳥人間コンテスト!?

 

 

トムブラウン本人。

しかし、本当に斬新で面白い。

この方のコレクションを見ているとデザイナーはこうでなくてはいけないような気がします。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そういえば何年か前に大手スーツ量販店が「自宅で洗えるスーツ」とかなんだかで話題になったことがありましたね。

 

そのスーツは今でも存在しているのか不明ですが話題性だけだったのか。。。

 

そうしたら年末のニュースサイトで「洗濯機で洗えるカスタムオーダースーツ」というのが登場したという。

調べると、度重なる洗濯でも縮みにくい“特殊ポリエステル”を素材を使っているとのこと。

 

確かにこれであれば自宅で洗えます。

この素材であればスーツでは無くても自宅で洗うことが可能な洋服になるでしょうね。

 

通常のビジネスで着るスーツでは無く、スーツなのに外で汚れ作業をする必要性があったり、異常に汗をかく状況であったり、そんな特別な時でのスーツスタイルであれば良いでしょうね。

 

私は、スーツのこだわりとして「生地」が重要だと思っているので「ウール」や「シルク」などの天然素材を意識しています。

 

 

1日で長時間着ていますから、素材が身体を癒やしてくれる気がします。

そして、独特の光沢、手触り、見た目など自分の肌の一部のように感じられればその満足度は格別です。

 

当然ながら、素材は高級であればあるほど良いです。

しかし、その反面として「取り扱い」が重要で面倒になります。

 

でも、これは自分の肌と同じ事を考えれば、毎日のささやかなお手入れと丁寧な扱いでその高級素材は何年も品質を保ってくれます。

 

面倒かも知れませんが手入れは重要です。

簡単に洗濯機などで高級素材を洗ってしまうと一度にダメになります。

 

高級素材は自分の肌と同じ様に大切に扱いましょう。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyは素材を意識したスーツ屋

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Ermenegildo Zegna (エルメネジルド・ゼニア)Fall Winter 2017 fashion showがゼニアから流れてきました。

 

2016-2017秋冬シーズンの最中ですがすでに今年の秋冬シーズンのコレクションを発表しました。

 

 

やはり、このようなランウェイを見るとワクワクしますね。

私自身、そんなに最新ファッションを追求するタイプではありませんが、新しいファッションの変化を見ることは楽しいです。

 

デザイナーの感覚、感性を垣間見ることができるので、そのセンスや斬新なデザインはとても興味深いです。

 

エルメネジルド・ゼニアのスーツコレクションは王道っぽいですが、他のブランドを見ているとそのデザインの斬新さにとても興味ありますし、参考になります。

 

本当にファッションの世界は面白いですよね。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyはスーツファッションを追求していきます

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本中が寒波でとても寒いですね。

急に寒くなり身体が慣れません。

 

私は東京と福井を往復していますが、福井は雪ですごいですが都内は天気がいいという冬らしいギャップがなんともいえません。

 

さて、福井でも都内でも寒いです。

雪で濡れることも多いので普段のコートはハリスツイードのコートを愛用していますが、やはり暖かさを追求すると「カシミア」にかなうものはありません。

 

そのカシミアでもエルメネジルド・ゼニアのカシミアは最高です。

 

 

かなり高価な生地なので、そうそう購入する方も少ないですが、このエルメネジルド・ゼニアのカシミアコートを着られた方は間違いなく「暖かい」と言います。

 

「手触り最高だよね。そして暖かいわ。以外と軽いしね。」

 

このような感想が多いです。

間違いないカシミアです。

 

コートはスーツと違い毎年毎年購入するようなものではありません。

なので、長く着れる最高級生地でなければいけいことと、シンプルなデザインで購入しておく必要性があります。

 

素材が良いものは何年経過してもその品質を維持してくれますし、その高級感と存在感は購入時と同じです。

 

何年も着ることを意識して最高級生地で購入してましょう。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyはエルメネジルド・ゼニア生地席取扱店

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そうえいば、大学生の子を持つ親から「息子のスーツを頼む」と言われることは多いです。

 

それはタイトルにある入学式、成人式、就活用、卒業式など様々です。

親族の冠婚葬祭もさすがに高校生みたいに制服ではいけません。

なので仕事をしていなくてもスーツを着る機会は登場すると言うことです。

 

さて、入学式ふさわしいスーツとはどのようなものでしょうか?

 

私は大学に行かずに公務員になった経緯があるので大学の入学式や就活などを経験したことがありません。

なので、実際にどのような雰囲気なのかはわかりませんが、スーツを着用すると言うことはそこに礼儀マナーが存在し、TPOを意識しなければいけないと言うことですよね。

 

これは、大学に入学式でなくても様々なシーンで考えなければならないことなので、意識しておくと便利です。

 

コチラの生地に書いてある記事も考える参考になると思います。

http://top.tsite.jp/news/buzz/o/32834512/

 

ゼニアスーツ

記事にあるイメージのスーツを探してみました。

 

しかし、これも一例です。

皆が皆、同じスーツというのも面白みに欠けます。

 

逆に今まで高校生で若い世代だからこそ、カチカチのスーツスタイルでは無く、スタイリッシュなスーツも良いのではと思います。

白シャツでは無くダーク色のシャツを着て、入学式が終わったらコンパでも行けるようなファッションでも良いかとも思ってしまします。

高校と違ってそれを指摘されることはないでしょうね。

 

特に近年は個性を失いつつあるので、そのような個性的なファッションで登場する大学生が多くいて欲しいです。

 

ただ、大学の方針を配慮して下さいね。

どこかに礼儀を意識する箇所があるのか無いのか、マナーを意識する雰囲気があるのか無いのかなど。

 

そこを意識してオシャレなスーツスタイルを目指しましょう。

 

オーダースーツ専門店DoCompanyのスーツスタイル講座

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。