2016-01-12 11:16:18

これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会

テーマ:今日の出来事
厚生労働省「これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会」という会議が1月7日、始まりました。

2009年に「今後の精神保健医療福祉のあり方等に関する検討会」が開かれ、入院から地域へ、入院医療の再編や重点化、地域生活支援体制の強化等の方向への転換が提言されました。
その後、
2011年には「精神科救急医療体制に関する検討会」
2012年には「精神科医療の機能分化と質の向上等に関する検討会」「新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム」
2014年には「長期入院精神障害者の地域移行に向けた具体的方策に係る検討会」
がそれぞれ報告書とまとめ、施策化してきました。

今回の検討会で予測されている議論は

○ 医療保護入院における移送及び入院の手続等の在り方
・家族等同意や市町村長同意の現状と課題の整理 等

○ 医療保護入院者の退院を促進するための措置の在り方
・前回改正によって法定化した退院支援策の現状と課題の整理 等

○ 入院中の処遇、退院等に関する精神障害者の意思決定及び意思の表明の支援の在り方
・退院支援に向けた意欲喚起等の取組
・精神医療審査会の現状と課題の整理 等

○ 精神病床のさらなる機能分化
・病床機能の検討 等

○ 精神障害者を地域で支える医療の在り方
・アウトリーチ、デイケア、訪問看護等の医療機能の在り方 等

○ 精神疾患に係る医療体制の在り方
・精神病床の必要数
・多様な精神疾患・患者像への医療の提供(うつ病・依存症等) 等



さて、最近の精神科医療ですが、入院患者数は微減傾向が続いていますが、外来受診する患者数が急増しています。

2002年は22.4万人、2008年は29万人、2014年は36万人です。
増加した患者の疾病は、「気分[感情]障害(躁うつ病を含む)
」「神経症性障害,ストレス関連障害及び身体表現性障害」「認知症(アルツハイマー病)
」が目立ちます。

最近の社会の変化を表現しているような気がします。
高齢化も進んでいて、75歳以上の患者も増えています。


若いころ私は精神病院で看護師をしていたことがあります。長期入院している患者さんの退院、そしてその後の地域生活の支援をしていました。

その頃から同じような議論が続いているように感じています。
ぜひ今回の検討会は、時代にあわせた精神保健医療福祉が実現するきっかけとなるような取りまとめをしてほしいものです。







石田まさひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み