2015-07-08 16:28:56

公認心理師法案提出

テーマ:今日の出来事
本日、「公認心理師法案」を、衆議院に提出しました。ぜひこの国会で成立となってほしいものです。


心理士さんたちの国家資格化のに向けた運動が始まったのがおおよそ4半世紀前。
そしてこの運動の始まりは、私自身にも心に残っています。


というのは、私が生まれて初めて人前で話したのが、この臨床心理士の国家資格化に関するシンポジウムだったからです。
シンポジストの一人として、ドキドキしながら、精神科で働く看護師である立場からチーム医療について話をしました。


それから非常に長い紆余曲折がありましたが、ようやく2011年に関係者間で意見がまとまり、それをベースに今回法律案がまとまり、そして今日、提出となりました。


まだまだ予断は許しません。成立に向けて国会を舞台にがんばってまいります。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

石田まさひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■(一部修正)

"地域ケアや緩和ケア、医療的ケア重視の政策展開"

1 ■参議院での付帯決議作成調整に関するお願い

専門職の国家資格化に興味を持っているInoueと申します。過去の文献や臨床心理技術者における厚生科学研究で石田先生のお名前を拝見致しました。本来なら個人で請願かCPNの会員として要望書を提出という形の方がベストかと思いますが、CPN内や国会内手続きに時間がかかることや、恐らく来週のうちに参議院へと送られ時間が限られてしまっている為、こちらでのコメントにてお願いをという形を取ることをお許し下さい。
昨日の衆議院文部科学委員会での付帯決議には書かれなかった事項(例えば、"「タスクシフティングと医療の継続的発展のための戦略に関するアジア大洋州医師会連合(CMAAO)特別委員会」の東京声明を鑑み"、"地域ケア重視の政策展開"、"諸外国の先例及び議論を考えかつそれを我が国の現状に照応させる性格を有するような資格"もしくは、"今後の法整備、カリキュラム制定、保険適用に当たっては、諸外国各国(米や、英独ないしEU、国家資格と学会資格が併存している韓国、そして、一部の業務には罰則付きで医師の指示がある台湾や、大学院だけでなく大学四年+インターン二年のルートがあり、地域ケア重視の政策を展開しているオーストラリア等)の状況を鑑みた国際的な動向と我が国の現状を鑑みて、制度化に向けて早急に具体的な検討を進めるような"等)に関して、参議院委員会での付帯決議作成・調整時においては鑑みて頂ければ幸いかと存じます。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み