熱海旅行。

テーマ:
お久しぶりです。

僕は今日本にいて、
1月の終わりまでは日本にいる予定です。


日本に帰ってきて、
久しぶりの人と会ったり、
友人の結婚式に出たり、
初蹴りに行ったりと

毎日が充実しています。

ブラジルにいると、
声を電話で聞くことはできますが、
もちろん直接顔を見ることができません。

今はハイテクな時代でどこに行ってもパソコン越し、携帯越しに顔が見れるけど、

やっぱり直接会うということに勝るものはありません。

日本にいる間に、
そして会えるときに会わないともしかしたらもう会えないかもしれない。

後悔先に立たず
という言葉があるように
あとで後悔しても取り返しはつかないから、
大切なことは常に忘れないようにしなきゃいけないって日本にいる時間が少ない今なおさら思います。


この前、米寿(88歳)のお祝いで
おじいちゃん、おばあちゃん、ちーまま、両親と
6人で熱海旅行に行ってきました。


久しぶりの旅行。

みんなでご飯を食べて美術館行ったりして。

とても楽しかった。


ホテルで、
夜ご飯をみんなで食べてるときに、

ホテルの方からおじいちゃんの米寿のお祝いの品をいただいたんです。


そのときに、
おじいちゃんが、

「ここまで生きてこれたのは嫁さんがいてくれたからなんです。だから本当はこの品も嫁さんがもらうべきなんです。」

って最初に言ったんです。

僕は隣で聞いてて
すごいあったかい気持ちになりました。。


僕は
将来こういう夫婦でいたいな。
って思いました。


結婚したことないからわからないですけど、

なかなか言えないことだと思うんです。

ほんとにお互い尊敬し合ってないと、
あの言葉は当たり前に出てこないと思います。


今後誰と結婚するかなんて僕はまだわからないけど、

僕が米寿のお祝いをされたときに
今のおじいちゃんとおばあちゃんみたいな関係でいたいなぁって思いました。

自分が尊敬できる人と一緒に、
そしてその人に尊敬してもらえる人になるように。

そして感謝の気持ちをちゃんと伝えられる人でいよう。


AD