1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-16 07:19:19

ハイヒール禁止法!?

テーマ:ブログ

 

今からでも間に合う歴史CD付きです。

 

「少子高齢はコモンズ(共有地)の悲劇?」という経済用語があります。

 

簡単にご説明しましょう。

経済学の祖アダム・スミスは、個人の利益の追求が市場全体の最大利益につながると説きました。個人が自分の利益を最大にすべくライバルと競い合いつつ頑張っていいモノを作れば、それを買う消費者も大きな利益を得られるという考え方です。

現在、私たちが高品質な商品を安価で手に入れることができるのは、業者がしのぎを削って自社の利益を最大化しようとした結果なのです。

これは、共産主義国家で粗悪な製品しか作られなかったことと比較すれば容易に想像がつくでしょう(旧ソ連では、とてつもなく重い机やすぐに壊れる自動車がたくさん作られたそうです)。

 

ところが、個々人が自己の利益を最大にしようとすると困っ事態が生じるというのが「コモンズ(共有地)の悲劇」のケースです。

共有地である牧草では100匹の羊が食べる草しか再生産されず、10人の村人が10匹ずつ羊を飼っていました。

その中の一人が自分の利益を増やそうと思って羊を12匹に増やしたとしましょう。しばらくの間は、羊からもたらされる彼の利益は向上します。

しかし、他の村人も負けじと飼っている羊の数を増やそうとします。結果として、共有地の草は増えすぎた羊によって食べ尽くされ、牧草地を失った村人全員が困ってしまうのです。

 

このような事態は、村人全員で「10匹を超える数の羊を飼わない」と約束するか、「飼うことのできる羊は10匹以内」と法律等で定められれば解決できます。

 

横道にそれますが、先日「元旦営業について考える」という趣旨の議論を目にしました。元旦は多くの人々にとって休日なので、小売店にとっては稼ぎ時です。

(多くの人が仕事を休んでいる)通常の日曜日が小売店にとって稼ぎ時であるのと同じです。

「元旦に営業するのはけしからん」というのは「日曜日に営業するのはけしからん」と言っているのと同じことで、ユダヤ教徒が「安息日に営業をするな」と言うのと同じだと私には聞こえるのですが…。

 

ところが、「24時間営業」となると話は違ってきます。

一部の地域を除けば、多くの店では、24時間営業をやっているより午後11時から午前7時まで(これが「セブンイレブン」の語源?)店を閉めていた方が利益が高くなるのではないでしょうか? 

深夜の時間帯に来店する僅かばかりのお客さんからの売上では、夜間の人件費や光熱費等の維持費を賄うことはできないでしょう。

 

それでも多くの店が「24時間営業」を続けているのは、深夜営業を止めてしまうと「24時間営業」をしているライバル店に客を取られてしまうからです。

 

深夜の数少ない客だけでなく昼間の客まで奪われる恐れがあるのです。

私たち人間は、(面倒な選択を避ける傾向があるため)いつも利用している「なじみの店」で買い物や食事をする傾向があります。おそらく、あなたにも大なり小なり同じような傾向があるはずです。

 

もし、夜間に急に必要なものができて「なじみの店」に行ったら閉店していた。やむなく別の店に行ったところ「この店も品揃えがいいじゃないか。夜間も開いているし、今度からこの店を使おう」ということになる可能性がありますよね。

そうなって「なじみの客」を奪われると困るので、損を覚悟で「24時間営業」を続けている店が相当数存在するはずです。

 

このような事態は社会全体の損失と考えたのか、かつて「深夜営業を禁止する条例」が横浜市か神奈川県で制定されていました。

学生時代に桜木町駅で最終電車に乗り遅れた友人と私が(当時の)24時間営業のチェーン喫茶「マイアミ」に入って夜明かししようとしていたところ「条例で決められています」ということで午前2時閉店で追い出された経験があります。

始発が出るまで路上で寝る羽目になりました。

その時は「非常識な条例だ!」怒り狂ったものでした。

しかし、社会全体の損失を減らす目的で作られた条例だったとしたら、禁止条例は前記のようにかなり合理的なものだったのです。

 

ずいぶん迂回しましたが、女性のハイヒールについて考えてみましょう。

 

一般に(あくまで一般論です)、「ハイヒールは履き心地が悪くて歩きにくい、長時間履いていると足腰を痛める」と言われています。

それゆえ、女性ニューヨーカーの多くはハイヒールを仕事用に限定して、通勤等ではスニーカーを履いているとのことです(伝聞なので真偽はわかりません)。

 

ではなぜ、女性の多くがハイヒールを履くかというと、「足が長く見えるし姿勢もしスラリと格好良くなる」という理由からだそうです。

 

他の女性たちがスニーカーを履いている中で一人だけがハイヒールを履けば、他の女性たちより足が長くてスラリと見える分、当人にとって大きなメリットになるでしょう。しかし、女性全員がハイヒールを履くようになれば差別的なメリットはほとんどなくなってしまいます。残るのは「履き心地の悪さと痛んだ足腰」だけになってしまいます。

 

これは「24時間営業」と同じで、ハイヒールを履いている女性当人にとっても社会全体にとってもマイナスでしょう。ハイヒールを履いている女性を見て目を楽しませる男性にとってはメリットかもしれませんが(笑)

 

「深夜営業」と共にハイヒールも禁止してしまった方が、当人にとっても社会全体にとってもメリットが大きいのではないでしょうか?

あくまで私の個人的見解ですが、「深夜営業禁止」に対する反対の声よりも「ハイヒール禁止」に対する反対の声の方が”何倍も何十倍も”大きくなると思います。

もちろん「ハイヒール・フェチ」の男性の声もあるでしょうが、おそらく女性の反対の声の方がはるかにはるかに大きくなるはずです。

 

なぜなら、(他人はどうあれ)自分自身が美しくなるためにはかなりの犠牲をも厭わないというのが…女性の本能のひとつだからです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み