梅雨入りした後のこの暑さ・・・うーん、堪りません (ヾ; ̄▽ ̄)ヾ

無事に原稿書きあげられたら、久しぶりに“白くまデザート”食べちゃおうかな??

 

お客様の声 / メディア掲載 / ラクラク家計術 / お問合せ

 

堪りません、ならぬ、「貯まりません!」なおうちにありがちなこと。

あなたは、よくこんな行動をとっていませんか?

 

1) お金を引き出すタイミング・金額がバラバラである

 

2) 月途中でお金が足りなくなり、積立用の口座からお金を引き出したことがある

 

3) 積立に手を付けたことはないが、結局ボーナスで家計赤字を補てんしている

 

FPである私も、実は1)をしがちなので、今日は自戒の意味を込めて書いています・・・反省!

(明日から県外に出かけるので、臨時引き出しをする予定なんです~ 苦笑)

 

おおざっぱな性格の私。くらしのお金の流れも「口座残高一覧表」で大枠の傾向を確認してアドバイスすることよくあります。←家計簿なしで、月イチ記帳ですむので楽ちんですよ~

 

そんな私が「口座残高一覧表」から家計収支を読み取りにくいな~と感じるのは、口座の意味付けとお金の流れが一致していない、行き当たりばったりな出金・入金がされているケースです。

 

たとえば、

夫生活口座に、不定期で妻のプライベート口座から入金されている(給与振り込みだけではきっとその月足りなくなって妻の口座から補てんした、ということだと思うのですが)。

 

ボーナス月ではないのにお金が増えている(大型家電購入のため、財形貯蓄を一部解約していた)。

 

こうした臨時のお金の出入りが毎月のようにあると、何が困るのか…。

 

預金残高の動きと家計支出の動きが連動しないので、「貯められていない、思った以上に貯蓄が減っている」ことに気がつきにくくなってしまうのです。

 

夏ボーナスは家計のお金を整える好機。

臨時支出や赤字補てんなどに使う用途で【予備費】を設けませんか?

 

あちらこちらの口座からお金を出すのではなく、いつも【予備費】から出すよう心がけただけで、毎月の生活支出額はつかみやすくなります。また、予備費をたとえ使い切っても、最初によけておいたボーナスの残りは貯蓄としてキープできている安心感があります。
よかったら一度お試しくださいね!
 

夏ボーナスの使い方や貯め方など、この時期は家計相談のお申込みが増える時期です。

土曜はほぼ埋まってしまいましたが日曜でしたら空きがあります。
お早めにお問い合わせくださいませ^^
本アクセスや相談メニューはホームページをご覧ください

 

***

DINKS家計はキャリアとお金の“貯めどき”!
「1馬力家計」や「夫婦の役割分担」について。早めにイメージしておきましょう。

★無料7日間メール講座★

 

AD