第四回!幼稚園ライブレポ!

テーマ:


さて、「それほど引っ張るほどの出来事やないがな」という世論をかなぐり捨てて、
引き続きご報告、と参りましょう。

毎回幼稚園ライブには「柄シャツ」決めたワタクシが今回着用したのは
紫ベースにストライプ、でも近くで見るとワンちゃんの模様が無数に散りばめられて、という
「90年代のプロ野球選手の私服」みたいな派手なもので、実はこの日がおろしたて!
だったのですが、ワタクシの柄シャツはもはや毎年の恒例行事となっているようで、
今年はメンバーから一切なにも触れてもらえなかった、という哀しき事態でありました。

ともあれ気をとりなおして楽器紹介。

ここではワタクシ、毎回話が長すぎたり、キッズに妨害されたりして支離滅裂になるのですが
今年は原点回帰いたしまして、やはり楽器を紹介せねば!と。ただしボンボンのベース音や
バキバキのスラップ音ではいまいち良く分からない・・と思っていたところで

ウチにありました!「ベース1本で奏でるソロベースの調べ」!

で、時期はそろそろクリスマス!

さらには最近80年代、90年代、00年代、10年代いずれも
オリコンチャートに昇り話題になった山下達郎さんの「クリスマス・イブ」!

これを弾いて、ベースの魅力と可能性をキッズたちに周知してもらい、
ベースの未来を担ってもらおう!という思惑からポロリン♪

するとまぁ、奥さん、弾いてる途中で背中から聞こえてくるメンバー間の毒舌!

「キッズに山下達郎って、分かるかぃ!」
「(Bメロで)長いな~」
「(Aメロに戻り) まだ弾くんかぃ!」

やかましわぃ!



”遠い”客席・・・

と思いながらも黙々と弾いておりましたらりんりんさんとぶぶたんの鍵盤隊は即興でコード
と打ち込みドラムで伴奏して下さってありがたい限り・・と、いうよりも初めて聴いてコード
が分かるってすごいな~









他にもまめさんはフルート(+ピアノ)で「ビフォー・アフター」の『なんということ
でしょう!』の時のBGMを吹いたり ぶぶたんは今回大活躍した鍵盤での打ち込みドラムを
実演したり、はやぴるさんは「山下達郎なんかよりも キッズがもっと知っている曲を!」
ということでCASIOPEAのASAYAKEを弾いたり(よけいにわかるか!)とみなさん芸達者で
ございます。

とはいえやはりキッズの心をガッシリ掴んだのはりんりんさんのピアノ単独によるSMAPの歌
(運動会で使われていたらしい)で、これには数名の子も思わず立ち上がってダンスして
おりました。 さらには「ともさん」のホルンでの曲 (ゲーム音楽?)も子供たちは大喜び!
やっぱり普段からキッズに触れている方々にはかないません!






さて、後は演奏した楽曲について軽く触れて参りましょう。

「I Can Sing A Rainbow 」

これもキッズ参加型の曲で、まめさんのオリジナル作品です。
ピアノ以外は演奏をお休みしたメンバーたちには1~2色のカラーボードが渡され、
色紙を配られたキッズたちとチームを組んで、自分の色になったら一緒に挙げる、と。
だんだんテンポが早くなったりして、ついでにメンバーのボードの差し出し方も変になって、
と盛り上がりました。




「シンコペーティッド・クロック」

こちらも毎年おなじみの曲ですが、今年は冒頭で述べたダンス(ふりつけ?)が加わり
演者は大変面白かったです。子供たちには手にカスタネットを用意してもらい、
曲に併せてリズムを刻む!というタスクがあったので、ダンスが集中の妨げになったかも、
です(笑)

「さんぽ~トトロ」

こちらも毎年演奏している曲で、もはやスタンダードです(・・の、割には一箇所苦手な
部分があって、 そこは弾くのをスキップしたワタクシ)。ルーティーン化防止のために、
来年はこの曲にも何か細工を 施したいものです。ヘッドバンキングとか客席ダイブとか。

このアニメも世代を超えて愛されてゆくんだろうな~



「幼稚園・園歌」(トーンチャイム)

恒例となりましたトーンチャイム・コーナー。楽器そのものはまっささんの所有物なのですが、
今回も快くお貸し頂けました。単に主旋律をなぞるのでなく、いたるところにコード・トーンを
響かせてゆくのが我々の真骨頂といえるでしょう。

・・・と、いいつつも演奏開始直後からキッズたちが

「あっ!幼稚園の歌や~」
「ほんまや!」
「♪ ひろいお庭に 日がいっぱい~」

と次々に唄い出し、それはそれで嬉しいのですが、
演奏無視でどんどんテンポが早くなるんですね。

で、曲の途中でワタクシがコード・トーンを入れる箇所があるのですが、
ホントの演奏に合わせるのか、キッズたちの歌に合わせるのか、で
迷ってしまって、思わずキッズに併せて 「トーン!」(不協和音)

・・・後でメンバーにめちゃくちゃに云われました・・・

メドレー
「ひみつミュージアム~潮騒のメモリー~あまちゃんオープニング」


やってまいりました!恒例の ”ここだけは新曲だっせ” コーナー!
ココではキッズ以外の保護者の方々やシルバーの方にも楽しんでいただけるように
時代や流行に即したホットなソングをメドレーでお届けする、というものです。

#1. ひみつミュージアム

これは今をときめくPerfumeが唄う、劇場版ドラえもん「のび太のひみつミュージアム」の
主題歌です。何やらその筋で有名な方が作られたらしいのですが、ポップでエエ曲。
娘と奥さんがこの映画を観に行きました。鈴を取られたドラちゃんが代わりにレモンを
付けてたそうです(笑)

原曲は打ち込みバリバリなのですが、ここはスラップでビートを利かせた・・・つもりです。

Perfume, 今回初めてCDを「借りて」聴きましたがなかなかいいです。
ただし同曲のカップリングのタイトルが「だいじょばない」って、アナタ・・・

#2 潮騒のメモリー
#3 あまちゃんオープニング


今年の4~9月のお楽しみは「あまちゃん」でした!

いや~ ハマッたなぁ。お話のテンポもいいし、役者さんも楽しいし、音楽も元気が
出るんだなぁ。

と、いうことで今年を逃せばこの曲は演奏できねぇ、ということで2曲もやっちゃいました。
#2は当初、ピアノとVoだけ、の予定だったのですが、ワタクシがネット上で譜面を入手して
入ると、そのうちにギターも加わり、途中盛り上がるところでKbの打ち込みドラムも入り、と
やっぱりの大団円。

それから#3では「とも」さんにもホルンで参加頂きました。やっぱり管楽器が入ると
サウンドに一気に厚みが増します。ベースは比較的地味なラインだったのですが、
「上モノ」が豪華に盛り上げて下さりますので、重厚で迫力のある仕上がりになりました、
と自画自賛。



「誰にだってお誕生日」

いよいよ最後の曲でありますが、この曲も必ず毎回演奏しておりますので
今回は途中でVo二人がクラッシュした振り付けをしたり、ワタクシは親指でバチバチしたりと
おおわらわ。でも子供たちも楽しんでくれたみたいなのでOKといたします。

「アンコール/幼稚園園歌・ロックバージョン」

ここで頂きましたアンコール。実はスタジオでは全く練習していなかったのですが、
当日のリハーサルでまっささんの事前セッティングのおかげで思わぬ時間の余裕が出来たので
少しだけ仕込んでおいたのを”見込み発車”。




今年もバッチンバッチン言わせましたが、キッズに受けたかどうかは”微妙”でございます。


「アンコール/SMAPの曲」




さらに頂きましたアンコールでは楽器紹介で大好評でありましたりんりんさんのピアノ独奏に
キッズたちが加わってのダンス!我々もよく分からない動きで一緒に踊りました。

さらにアンコールも頂いたのですが、ここでおしまい!
ジャーン




キッズたち!関係各位!
大変楽しい時間をありがとうございました~

と、長くなりましたが、これにて何とか年内に仕上げなくては、だった幼稚園ライブレポ、完結でございます。最後までお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

来年もまた来るぜぃ!(需要があれば・・)
AD

コメント(6)