第二回 幼稚園ライブレポ!

テーマ:
ネット社会に様々な恩恵を享受されながら、同時に当事者も知らぬ所で
自分たちのいろいろな情報が飛び交い、後になって大変驚く、という事もございます。

ワタクシどもトリP6も過去に5回も定例的に幼稚園ライブをしておりますと、
くだんのポスターを作成頂いていたり、幼稚園のHPではコンサートの様子の写真を
掲載頂いたりで、ひょっとして一部のコアなファンの方が 「こちらトリP情報局!」
みたいなHPを立ち上げて、各メンバーの日常を追っているのでは・・・ という妄想から

「トリP6」で検索をかけてみますと・・・げぇ!ヒット数 11万以上!

・・・鳥取県のゆるキャラ、「トリピー」
(ボディが20世紀梨)



・・・と、いうことであくまで水面下で活動している我々ですが(苦笑) 本来は
「Trio The P 」という大人バンドの5人組が、幼稚園ライブの時には過去メンバーで
いらしたりんりんさんが期間限定復活を遂げられて、6人組のキッズソング中心ユニット
「トリP6」になるワケなんですね。

でも前回で申し上げましたとおり、今年はまっささんがご参加されない、ということで
5人組になってしまうのですが、いやさ、このバンド名は保持しなくてはならない、
という使命に 応えるかのように流星のごとく登場、いやさ、君臨いただきましたのは
「とも」さん、なのであります。



そう、コアなトリP6ファン(居てはるか?)ならご存知の、2年前の幼稚園コンサートに
ホルン・プレイヤーとして共演いただいた、当時は研修として幼稚園にいらした女子大生の
方で、 現在は保育士としてご活躍中の若く、美しい女性なのであります。元はといえば
今回のライブの数ヶ月前にトリPのブログにコメントを頂いたのがきっかけでとんとん拍子で
ご出演が決定いたしました。

とはいえ、2曲だけの予定で、事前にりんりんさんから譜面をお渡し頂き、少しだけの
参加・・・が、当日のリハーサルで「ほれ、シェイカー振って!」
「はい、タンバリン叩いて!」 などの”ムチャ振りに「はい!」と応えて下さるのは
ご自身も鍵盤楽器も演奏される豊かな音楽バックグランドをお持ちだからであります。

う~ん、頼もしい。



ちなみに本番直前の楽屋でのトーンチャイムでワタクシのパートを代わりに叩いて頂いた際に
あっさりと”超え”られてしまい、「・・ぞに、どおする?」 「・・更迭?」などという
ささやきがメンバー間で交わされた・・・

「へローッ!キッ~ズ!」

と元気良く会場に入りましたら

「くぉんにちわぁ~!!」とそれを上回る大きな返事!



小子化の影響もあり、年々と園児が減ってきている、とのことですが、
今年のお子さま達は一人一人が飛び切り元気でありました。

それでは一曲目、まいりましょ~

・・・と、書きながら、今日は時間が無くなってしまった!
まだ演奏が始まってないじゃん!

続きは次回!
AD