$Hit It Right !


つづいては楽器紹介。りんりんさんが色んな音色を紹介するなかで「あたりまえ体操」という
子供達に大人気の曲をサラリと弾くと、キッズたちは大喜び。あっちこっちで歌声が
響きわたりました(笑)

$Hit It Right !


ワタクシはベースの紹介。

「今回は弦について語りましょう。一言でギター・ベース弦といっても材質は色々ございまして、
ニッケル、ステンレス、クロムなど、材質が変わればいろんな特性がございます。
まずニッケル弦の場合はですネ・・」

などと語るとメンバーからは非難轟々、キッズたちは聴いていない、と散々な結果になりますので、
今回は

「ベースは低~い音がでます。ドラムの方とリズムを作ります~」ぐらいで終わりましたにひひ


他にもまめさんのフルートやアコーディオンの紹介など


$Hit It Right !


そこからはもはや恒例!になりつつある「トーンチャイム」のコーナー。
こちらは我々もドキドキする反面、とても新鮮で楽しいので毎回新曲を提供するように
しております。 今回は楽譜集もまっささんが入手した、とのことで、季節柄も鑑みて
「ジングルベル」。


$Hit It Right !

一切余裕ナシ!

スタジオ練習の際は「へ音記号が読みやすいやろ」とのことで、低音パートになったのですが、
叩くべき箇所の多さと、付いてゆけない激しい持ち替えでココには書けない多々のハズカシメを
受けた後に高音部の「ド」と「レ」だけに変えてもらって、無事解決。
(それでもかなり危なっかしい)

前半は比較的静かめな曲が、サビ(?)の直前で一斉に♪ちゃーん、と響いて一気に
ホーリーな演奏になります。トーンチャイムは放っておくといつまでも鳴ってしまうので、
打点よりも音の切り方、ミュートが大事というのは練習で痛感した裏話でございます。

続いては保護者の方々に捧げる、

#6 「ちょっと懐かしいポップメドレーコーナー」であります。

$Hit It Right !


M.1 「ゴールドフィンガー/郷ひろみ」

過去に一度演奏した曲ですね。リッキー・マーティンの曲を郷iひろみが「♪あーちちーあーちー」と
替え歌にしてカバーした曲です。前回は5弦のLOW-B弦を多用した「音程が低すぎるスラップ」でしたが、
今回は原曲を無視した指弾きパターンで、9度からm3度に移るウネウネ感が聴きどころだったのですが、
ベースパターンが「ダウンタウン・ブギウギバンドの港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカにしか聴こえない」とまめさんに
云われたのも、これまた関係者のみ知りうる裏情報でございます

$Hit It Right !
 

M. 2 「ハナミズキ/一青窈」

本来でしたらピアノとVoだけのしっとり演奏だったのですが、この出たがりのワタクシがスタジオやステージ上で
ぼーっとしているのは耐え難き空白時間である故に、独自で楽譜を入手いたしまして、無断で演奏、でございます。
とはいえ、いっかにも鍵盤で作曲しました!の弦楽器奏者には馴染みのないコードといやらしい進行
(ex. 4拍目にコードチェンジなど) ! 地味~な苦労がございました。 


$Hit It Right !


M.3 「明日があるさ/ウルフルズ」

新曲! 元は坂本九さんが1963年に歌われた曲で、ウルフルズがカバーして缶コーヒーのCMで
使われて、さらに吉本軍団もカバーして、映画やドラマもタイトルにもなった曲でございます。
(ワタクシ、いずれもまともに聴いた事がございません・・)とはいえ元気の出る曲であるのは
間違いなく、歌い始めにシルバーの方々がニコニコと手拍子をして下さったのが嬉しかったです。

反面、全編フレットレスで弾きたかったワタクシですが、イントロ部のベースのみの箇所で
ピッチに「いろいろ」あったため、このメドレー前に白ベースに持ち替えた、という事情も
ございます。メドレーに個人的に島倉千代子の「人生いろいろ」も加えたかった、というのも
裏事情。

例のCMも2000年の話ですから、キッズたちにとっては生まれる前の曲でありまして、
「キミたち若いな~!」と改めて感じてしまいます。とはいえこのコーナー、保護者様には
大いにお楽しみ頂けたと存じます。

さて、つづきましても新曲です。

#7 「早口言葉」

ワタクシの世代なら幼稚園の頃にご覧になられたはず!のドリフターズ
「8時だよ、全員集合!」の1コーナーのコピーであります。
大学時代にも色んなサークルでコピーをしていたなぁ(遠い目)

ドリフバージョンはYOUTUBEでもけっこう上がっておりまして、各メンバーの動きが
やけに機敏だったり、ゲストがノリノリだったりで微笑ましい限り。

原曲は「DO ME」という曲で、これは志村けんさんの趣味のソウル系レコードから提唱した、
というのを自伝で読みました。

$Hit It Right !


もちろんこうした曲ですので、会場参加にしない手はない、とのことで、1コーラスを我々で
演奏した後は、先生を呼んで、続いてキッズたちにも来てもらって・・というつもりで
練習していたのですが、そうした想定のもとではなかなか練習もしづらく、かなり
スタジオ練習が散漫になったのですが(一度、スタジオでワタクシに急に早口言葉がふられて、
『坊主が屏風に上手に坊主の・・・』と云ったら『リズムに合わないじゃーん!』と突っ込みを
頂いた事もありました)、本番では大成功!キッズたちも次々と列挙して「やりたい~」と
前に出てきてくれて、娘たちも「一番面白かった」と云っておりました。


Hit It Right !
Hit It Right !
Hit It Right !


#8 「誰にだってお誕生日」

と、いうことでこちらで大団円!のナンバーでございます。これもいつも演奏しておりますが
やっぱりキッズたちの笑顔が嬉しいかぎり。「♪○月生まれ~」「はーい!」のくだりで、
自分の番を指折り数えて待っていたり、と可愛いなぁ。

$Hit It Right !
ここで終了!だったのですが、ノリのいい子たちからすかさず頂いたアンコール。
ワタクシたちもそれがある前提でもう一曲用意しておりまして、

#9 「幼稚園歌 ロックバージョン」

これも過去に演奏した曲なのですが、まずキッズたちに園歌を歌ってもらって、
それをディストーションギターがメロディ+スラップベースにアレンジを変えまして、
どりゃー!(それでも一緒に歌ってくれるキッズがまた可愛い!)

もちろん恒例の客先乱入・・・もしたかったのですが、今回はシールドが短かったため
目の前でしゃがむぐらいの演奏! ちょっとびっくりさせた感じだったかな~

$Hit It Right !

またやってるワタクシ

エンディングではギターのフィードバックが全然鳴らなかったりしたけども、
ジャーン!で終了! ありがとう!
$Hit It Right !


と、申しましたら再び頂いたアンコール。

ここではホントに曲がなくなりましたので、りんりんさんが準備されていた

#10 「あたりまえ体操」

をピアノのみで。キッズたちも大合唱でありますが、相変わらず元ネタを知らない
ワタクシたちでございます。

最後に会場から出たワタクシたちを待ち構えて下さったりんりんさんのご主人さまがパチリ。
今回もホントにありがとうございます!
$Hit It Right !


それからは再び役員さん方に搬出をお手伝いを頂いたり、会場を去る前には給食中の多数の
キッズたちが廊下ギリギリまで出てきて「ばいばーい」してくれたり、でホント嬉しかったです。

ちなみにまっささんは都合につき、大急ぎで会場を去らなくてはならなかったのですが、
残る一行+ウチの家族で、イタリアンレストランで打ち上げをした後に退散!であります。

「需要があれば来年もしたいよね~」と云っていた我々ですが、それから後にPCでカタカタして
おりますと、同幼稚園のHPトップに「ふれあいコンサート」として我々の写真が!

さらに「2学期の行事予定」ではその様子がスライドショーに! ということで、コレは来年も
演奏依頼が頂けるに違いない!とほくそ笑むワタクシでありました。(反面、ホントにコレしか
バンド活動の機会が無くなるのでは?と思ってしまう自分もいる)

と、いうことで長きに亘っての幼稚園ライブレポでございました~!

追伸・・・いちおう、この記事「プレビュー」しながら書いているのですが、なぜか途中から
文字が”中央寄り”になってしまってるけど、まぁいいや!にひひ
AD

コメント(2)