$Hit It Right !


$Hit It Right !


会場に入るとまず足元に幼稚園キッズたち。その後ろには保護者席となっており、
娘たち(特に次女)が「あっ!(パパ)いた!」みたいな顔をしてくれます。

普段は単独練習で「ぶぃーん、ぼぼぼ・・・べきべきっ!」 としか弾くのを見て
「この人、何やってはんねやろ?」と思っているだろう娘たちよ!
ベースの本来の役割をしかと見るがよい!

で、教室のサイドにデイケアセンター(?)のシルバーさまが多数来られてニコニコと。
特に紫の服をおめしになった上品そうなおばあさまが満面の笑顔で大きな拍手を下さります。
うれしいなぁ。

演奏前の音出しで、アンプをONにしてボンボンッと軽く弾いただけで
「うわっ!うるさ!」と笑顔で答える元気な男の子に「もっとうるさくなるで~」と答えると、
年少の女の子があわてて両手で耳をふさいだり(笑)、元気で素直でノリが良くて。
子供のリアクションって大好きです。

それじゃ、一曲目、いってみよう!

#1 「夢をかなえてドラえもん」

$Hit It Right !


もはや不文律的に一曲目に確定のこのナンバーであります。
ウチの娘たちも最近ドラちゃんがお気に入りで、まさに親から子に、を実感する次第であります。

それに致しましても、TVアニメのドラちゃんがワタクシたちが見たり、原作で読んだものと
かなり変わっているのをご存知でしょうか?

例えば空き地で相撲。原作なら「のび太がジャイアンに掬い投げや頭捻(ずぶねり)などで
メタメタに やられて、ドラえも~ん(涙)」がお約束のオープニングですが、最近は世論や
抗議電話を気にしすぎているためか、

「のび太とスネ夫が二人がかりでジャイアンにかかる

→ ジャイアン、二人を抱えてジャイアントスイング

→ 停止してから笑顔で優しく二人を放すジャイアン

→ 二人、目をまわしておだやかに転倒

→ のび太、スネ夫 笑いながら ”負けちゃった~” 
 ”二人がかりで負けちゃうなんて、ボクたち弱すぎだね~ アハハ!” 」

違う!違うぞ!

何を気にしすぎとんねん!

と、テレビの前でシャウトしてしまうのですが、それはそれ。

あいかわらずエエ歌ですが、ワタクシはトリPバージョンを聴きすぎて、
公式バージョンの歌声に違和感を感じてしまいます。

ともあれ、子供達も喜んでくれておりますから、つかみはOKという感じでしょうか。
ちなみに今回は幼稚園ライブで初めてフレットレスベースを弾いております。
最近コレばっかり。

$Hit It Right !


ちなみに演奏開始直後はずっとドラムを叩かずにPAを触っているまっささまのプロ根性が
垣間見えました(笑)


#2 「マンボ No. 5」

$Hit It Right !


これは毎年、「テキーラ」という曲と交互に演奏している曲です。
子供たちに「♪ あ~ うっ!」の箇所をこんな風に参加してもらうように促して、

♪あ~ の箇所で、両手を糸まきまきのようにグルグル回して
♪ うっ! の箇所で、バンザイ、と。

おっ、なかなかみんな上手だぞ。
シルバーの方々も大変ノリが宜しくて嬉しい限りです。

で、これを見ると次女もいっしょに参加しておりまして、
コンサートが終わってから数日経った後でも

「ねぇ、” まんぼ ・なんばーわん(?)” ってこう?」 と
手をぐるぐる回して見せてくれます。可愛いものです。


楽器紹介コーナー。

$Hit It Right !


ぶぶさんはおそらく今年かぎりの(?)「~だぜぇ」口調で鍵盤ハーモニカを
ご紹介されておりました。

# 3 「ラデツキー行進曲」
$Hit It Right !


ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートで有名な、
観客の手拍子がお約束となっているクラシック曲では珍しい楽曲です。
幼稚園に豊富にありますカスタネットをキッズたちのみならず、
ママさんやシルバーさまにもお配りいたしまして、ビートで参加いただきます。

大半の演奏はりんりんさんのD-DECKで、ワタクシはベースで低音部。
まめさん、はやぴるさんは打楽器やシンバルで参加され、ぶぶさんは
鍵盤ハーモニカで演奏。 キッズたちはピアノの指使いがよく見れるので、
これも面白かったのでは? 各云うワタクシはこのハイテンポの曲調に
一切余裕なしで必死に弾いております。

打楽器の音の大小だけでもバッチリ演奏に参加できる楽しさを
キッズたちやシルバーさまも分かって頂けたら大成功なのであります。 

#4 「トトロ・メドレー」

$Hit It Right !


こちらも毎回外さずに演奏しております。「歩こう~トトロ」の小曲です。久石さまっ!
演奏が始まるとキッズたちが「♪ あっるっこ~! あっるっこ~」って大合唱。

調べてみれば1988年の映画。24年前! トトロも確実に世代を超えて受け継がれている
名作であります。

ちなみにワタクシは同映画を高校生の頃に見たのですが、 ずーっと 「いつになったら
”悪の要塞” とか ”ロボジーグ” みたいなやつとトトロが闘うんかな~」と
待ち望んでおり、最後まで作品のコンセプトを1%も理解していなかった、という
苦い思い出がございます。


# 5 [ Head, shoulder, knee & toe ]

こちらも恒例の英語ソング。キッズたちには立って踊って参加してもらいます。
国際化の流れで何人かは「ショウルダァ 」「マウth(舌を前歯に挟む)」
みたいなエエ発音の子がおりました。

ワタクシも楽器を置いて参加であります。
ただし、knee と toe の呼称動作はキツいのだ!

$Hit It Right !

いっちゃってるワタクシ

と、いう訳でございまして、今日はここまで。
次回はいよいよ恒例の「大人のための」メドレーコーナーでございます~ 

AD