ショートタイムメモリーの備忘録

忘れっぽい自分のための備忘録。仕事でパソコン&簿記に関する質問があった内容、検定試験の受験記録、キャンプ、ラジコンメンテ履歴、日々の出来事などなど


テーマ:

Windows7にて、
このようなエラーが表示されることがあります。

「プロセスはファイルにアクセスできません。別のプロセスが使用中です。」



ちなみに、Vistaの場合はこちら↓

「パスおよびファイル名が正しいか確認してください。」



リムーバブルディスク(USBメモリ)などの外部記憶装置に保存されているファイルを開き、上書き保存しようとすると上記のエラーが表示されることがあります。

普通のファイル(例えばワードやエクセル)は問題ありませんが、htmlファイルをメモ帳で編集しているときなどに、発生します。


(Webクリエイター能力認定試験などで、提出ファイルの保存時に発生することがありました。)


原因は、Windows Vista以降に
エクスプローラの設定でできるようになった


「プレビューウィンドウ」


にあります。

プレビューウィンドウは、
ファイルを開かなくてもフォルダのウィンドウ内で
中身を確認することができるため、
場合によっては便利でしょう。


例えば、
↓このようにメモ帳でhtmlファイルを作成。



普通は↓このようにファイルを表示するが、



プレビューウィンドウを使う(表示する)と、



ファイルを開かなくても、
中身が見れます。

ワードやエクセルなどのファイルも見えますが、
結構レイアウトが崩れて意味が無かったりする(笑)

しかし、
個人的にはあまり必要ない機能だと思います。


プレビューウィンドウが表示される設定になっていると、
それは内部的に「ファイルを開いている」ということになり、
上書き保存をする際に

「ファイルは使用されている(開いている)からできないよ!」

という意味でエラーが表示されるわけです。

(それが、「別のプロセスが使用中」ということ。)


冒頭のエラーが表示される場合、
このプレビューウィンドウを切ることで、
解決されることが多いのではないでしょうか。


ということで、
あくまでWindows7の画面での操作手順。

【手順】
何でも良いのでフォルダを開く
(コンピューター、ドキュメント、リムーバブルディスク等)

左上の[整理]

[レイアウト]

[プレビューウィンドウ]のチェックを外す



アウトルックやウィンドウズメールなどの、
メールソフトでもプレビューウィンドウはありますが、
意外と「ファイルのプレビューウィンドウ」って知らない!

という人もいるようですので、
備忘録がてら、記録しておきます。

以前、ウィルスの種類によっては、
プレビューウィンドウでウィルス感染することもありました。

現在も脅威があるかわかりませんが、
少しでも可能性があるのなら、
やめておいた方が無難でしょうね(-。-;)

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード