フクシマンの福島リポート(郡山市)

3.11以降放射能に汚染され福島は変わってしまいました。子供は自然で遊ぶことで成長してゆきますが原発は子供達から泥んこになって遊ぶ機会を奪ったのです。子供達に何がしてあげられるのか?もっと考えるために、福島を生きる、フクシマンが福島の今をリポートします。


テーマ:
福島県のフクシマン・マサです。

約1週間にわたり、保養についての投稿を行なってきましたが、

今日は最後に、ある「フクシマの母親からのSOS」を紹介させて頂きたいと思います。

海外の支援者の方が、福島を助けるイベントを行なった時に、フクシマから送られてきた、いわきの母親からの声です。

読ませていただいて、保養の大切さについて、あらためて考えさせられました。

「外遊び」が満足にできない福島の子どもたちにとって、「保養」はとても重要なものです。

しかし、一時はインターネット上にあふれていた保養プログラムも、最近は激減しており、資金を継続する困難がうかがわれます。

福島の子どもたちの大切な保養の場を守るために、
皆さんの力をお貸しいただけたらと思います。



##############



「フクシマの母親からのSOS」(いわきの母親の声)


結婚6年目にして、ようやく授かった我が子。
2年後に第2子誕生。


健康で元気に育ってほしい。それだけを願っていた。

いわきは海もあり山もあり、とても自然豊かなところである。

自分も生まれ育ったこの地で子育てが出来ることに喜びを感じていた。

毎日のように外に連れ出し、四季折々を楽しみ。幼稚園も外遊び中心のところを選んだ。




ところが、原発事故が私たちの生活を大きく変えてしまった。

地元の美味しい野菜も山菜も魚も食べられない。

外で遊ぶのも安心できない。

子供が大好きな砂遊び、落ち葉ひろい、雨の日の散歩も危険なものとなってしまった。

この先、どうなってしまうのだろう。

こんな生きにくい世の中に産んでしまったことを心の中で子供たちに詫びた。




幼稚園では、室内保育を強いられた。

先生たちは、限られた空間でも子供が退屈しないように体力が落ちないようにたくさんの工夫をこらしてくださった。

でもやはり、お外で遊ばせたい。

幼稚園を休んで遠方の公園に行ったりもした。

行った先で幼稚園の遠足と遭遇してしまうこともあった。

レジャーシートを広げ、お友達と楽しそうにお弁当を食べる園児たち。

それを羨ましそうに見続ける我が子・・・ 辛かった・・・




幼稚園では、室内にプールを作ってくださった。

とても費用がかかったと思う。

健康に元気に楽しく過ごせるように、先生の願いが込められていた。




9月に園庭の除染をする話になった。

これ以上、子供たちを室内に閉じ込めておくわけにはいかない。

もう行政を待っていられない、自分たちで除染しよう。

先生も保護者も同じ考えだった。

一日も早く、子供たちをお外で遊ばせてあげたい。除染の日が待ち遠しかった。




10月、先生・保護者で何度も除染をした園庭で念願の運動会を行うことができた。

時間は短縮で午前中のみ。

真っ白な肌の園児たち。震災前ではありえない。

年長児障害物競走での跳び箱。

お尻をついてしまう子や顔から落ちる子。

自分の体重を支え切れないほど腕の力が弱っていた。

それでも泣かずに障害物に挑む子供たち。

逆上がりも出来るまで限界までみんなが見守った。

「飛び箱も逆上がりもできる年長さんに憧れていたんだ。諦めるもんか!」

体力の衰えを目の当たりにしてしまった運動会。

それでも子供たちは満足気だった。

久しぶりに走った園庭。

先生も保護者も外で運動会が出来たことを嬉しく思っていた。




運動会が終わった頃から、長男の咳が止まらなくなった。

病院を何件か回ったがどこも喘息との診断。

でも喘息の薬がまったく効かない。

夜も咳込み寝付けない。

寝不足が続いて、日中もボーっとしていることが多くなった。




一旦いわきを離れてみよう。

2012年3月に1カ月間保養に出かけた。

5か月間、毎日出ていた咳が3日後に止まった。

保養の大切さを思い知った。

夏休みも丸々1カ月保養に行くことに決めた。

夏休みが終わった頃には、子供たちは大きく成長していた。


それは健康面・体力面だけではなかった。

海や川で遊んだり、山に行ったり様々な経験を積み、長男は活き活きとお外で遊ぶ絵を描くようになった。

地元の海や川、山では遊べない。

野菜を育て収穫できない。

原発事故は、子供たちの大切な経験さえも奪ってしまったのである。




保養を重ね、元気になった我が子だったが、2012年11月に甲状腺検査で小さな嚢胞がたくさん見つかった。

いったい初期被曝をどのくらいしたのだろうか。

癌に限らず、これは大変なことが起こりそうな気がした。

母親としての勘だけだったが、今まで保養でお世話になった方数人に我が子の検査結果をメールで送った。

皆さん真剣にお返事を下さった。

関東の保養を企画してくださっている方にもメールを送った。

爆発直後の初期被曝は、関東の子もしているかもしれない。

同じ母親同士、不安な気持ちは私たちと一緒だった。




この冬も、子供だけで保養に来ている子たちにたくさん出会った。


2週間の保養、小学1・2年生の子さえも一人で来ている。

正直言って異常だと思う。

保養には受け入れられる定員がある。

自分が行かなければその分、別の家の子供が一人保養に行くことができる。

母親は自分も付いて行きたい気持ちを抑え、子供一人で保養に送り出す。

ホームシックにかかる子もいる。

それは年齢関係ない。

お正月を家族で迎えたかった・・、でも保養でお世話になっている方に心配をかけたくない。

陰でそっと泣いている。




子供たちも、ものすごく頑張っている。

心が折れそうなほど頑張っている。

みんなが給食の中、クラスでただ一人お弁当を食べる子。

プールも入りたいけど見学にする子。

避難したが「放射能」と虐められ帰って来た子・・・




初詣の日。

「どうせ夢なんて叶わねーし。」

まだ幼い顔の小学2年生の子がそう呟く。

今までの思いを吐き出すかのように、泣きじゃくって話し始める子もいる。

親にも言えない辛い気持ち・・・

頑張って我慢して、毎日どのような気持ちで子供たちは生きているのだろう。




まずは子供たちの健康を守りたい。

避難したくても経済面や様々な理由で避難できない家庭がある。

せめて線量の低い地域で保養させてあげたい。

でも県や市が動いてくれない。

このままではいけないと、各地で福島の子供たちを受け入れてくれる保養の取り組みをしてくださる団体がある。

ありがたい。

でも支援金で賄われているため、受け入れられる定員がある。まだまだ足りない。

家族で参加できるのが一番望ましいと思う。

でも定員に限りがあるし、働いているお母さんも福島にはたくさんいらっしゃいます。

子供たちも家族と離れて辛いかもしれない。でも保養は絶対に必要だと考えます。

とにかく輪を広げないと。繋がっていかないと。

この国が、間違った方向に進んで行かぬように。

子供たちの未来のため、一人でも多くの方が、この問題に目を向けてくださるよう願ってやみません。

(いわき市 匿名希望)



####################



関さんからのSOSメール
「へっついの家を 助けてください」


福島を始め、被爆地の子どもを放射能から守る活動として2011年の夏から始
まった佐渡保養キャンプ。

それは、2012年の佐渡保養センター「へっついの家」の開設へとつながりました。

しかし、財政基盤が確立できず運営の危機に立たされています。

家賃(4万円)と水道光熱費で毎月5~6万ほどかかっていますが、あと、1~2ヶ月で閉じなければならない状況に追い詰められています。

昨年から「へっついの家」を維持する基金づくりなどを始めてきましたが、お金が集まるまで持ちそうもありません。

そこで緊急のカンパ活動を行うことにしました。

へっついの家を助けてください。お願いいたします。


<呼びかけ人>
関 久雄(子ども福島保養班)
住 所 二本松市松岡93
電 話 080-5227-2110

≪振込先≫

銀行名  ゆうちょ銀行
記号番号 10240-30538101
名義   セキ ヒサオ



関さんのフェイスブック:https://www.facebook.com/profile.php?id=100004999140142&fref=pb&hc_location=friends_tab




※厚労省ダイジェスト(福島県版)のメール配信を始めました。

お申し込み方法:
fukushimanippou@gmail.com
に、空メールを送るだけで簡単登録できます。

(空メールで登録OK。さしつかえなければ、氏名や所属なども、ご記入ください)


(リポート 福島県郡山市 フクシマン・マサ)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

フクシマン・マサさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。