ブネさんの『今日もFineDay!』

「走る」「飲み食べる」「遊ぶ」の 『ブネさんのるるぶ』へようこそ!


テーマ:

 

昨年の12月6日(日)のブログはこんなことがあった、、、

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
12月6日(日)
・ラン:仙台 八木山動物公園駅周回(地下鉄開業記念)
  JOG 12km(60分)

ちょっとヤバい、腰をやったかもしれない。

走ってシャワーをあびたあと、立ち上がる時に、、、


ちょっと様子をみるか。

立つのがきびしい、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

はい、どうもそのとき【ぎっくり腰】になったようでした。


で、昨日の12月5日にまたしても【ぎっくり腰】になったようで、、、

ちょうど1年か、なんかヤバイ感じ。

今度はランじゃなく、部屋でごろごろしていたんだけどな~。

まぁ確かに日曜日のランのあと、腰が多少重くは感じたんだけど、

これ【癖】にならないようにしなくちゃいけないな。


歩くのはマズマズだけど、とにかく中腰の姿勢がツライ、

こうやって歳をとってゆくのか~、、、やだな~。

 

 

そうそう歳をとるで思い出したけど、白髪もそのひとつだな。

頭髪はまだ半分以上が黒いけど、髭はもうほとんどが白い。

なので2週間ほど前からあご髭を生やしてみました!

白い色が統一されている感じが悪くないと思っている。

 

家族からは『しろヤギ』とかいわれているんだけどさ~。

 

 

さてさて、腰は週末までに復活してくれるかな!?

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


日曜日の昼下がり、夫婦50割で映画『聖の青春』をみた。
 

1998年(平成10年)8月8日にわずか29歳で亡くなった将棋棋士、
村山聖(九段:追贈)の生涯を綴ったもの。


『聖の青春』はもともと村山聖を題材とした大崎善生の2000年の
ノンフィクション小説で、それをもとにフィクション仕立てとし
映画化をした。

 

実は小説『聖の青春』を先週金曜日(12/2)に読了したところで、
是非映画も見たいと思い、映画館に出向いたのだ。

 

とりえず村山聖のプロフィールを簡単に。

 

広島生まれ、5歳のとき腎臓の難病「ネフローゼ症候群」が発覚、
入院中に父から将棋を教わり、没頭するようになった。

 

以後めきめきと力をつけ、小学生のころ当時名人候補であった
谷川浩司を倒し「名人になりたい」とプロ棋士を目指した。

 

奨励会入会からプロ入りまで2年11か月の1986年11月5日にプロデビュー。
病気による止むを得ない不戦敗がたびたびあったにもかかわらず
谷川浩司や羽生善治をも超える異例のスピードでプロデビューをした。

 

1997年2月28日に竜王戦1組の1回戦で羽生と対戦し勝利しているが
この頃体調がますます悪化、1997年春、B級1組に降級してしまう。

 

その直後、進行性膀胱癌が見つかり8時間半の大手術。
しかしその後休場することなく棋戦を戦い続けた。

抗癌剤・放射線治療については、脳に悪影響があって将棋に支障が出ては
困るという理由で拒否していた。

 

1998年春、癌の再発・転移が見つかる。
1998年版「将棋年鑑」のプロフィールで「今年の目標は?」との項目に
「生きる」と書き残している。


羽生善治との通算対戦を6勝7敗で終えた。

 


簡単にと書いたがこれだけで凄さ、凄まじさが伝わったと思う。

私は将棋にはほとんど興味は無いし、力もセンスも無い私だが
村山聖という人物の生様にまったくもって感動してしまったのだ。
本を読んでいなかったらきっと知ることは無かったかもしれない。

 

映画は映画で楽しく、そしてシリアスに鑑賞させてもらった。
村山聖役のために大きく体重増した松山ケンイチさんの見てくれがまずいい。
どれだけ食べるとあれだけ太れるのか、役作りとはいえ凄い。


それと羽生善治役の東出昌大さんの仕草、なんともそっくりで面白い。
羽生さんの感想なんかも聞いてみたい気がした。

 

案外地味な映画ですが、機会があったらみてくださいな。

 

映画の予告編 → こちら
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
12月3日(土)
・ラン:広瀬川沿い(愛宕大橋周回)JOG 10km(51分)

 

12月4日(日)
・ラン:モール~鹿野~愛宕大橋 JOG 10.7km(56分)

 

膝痛から中5日の土曜日、ランはおそるおそるでスタート。
最初こそわずかな違和感があったものの、その後は順調。
ペースアップこそありませんがJOGなら大丈夫そうです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

11月は前半に読んだ夢枕獏さんの『エヴェレスト 神々の山嶺』が

1000ページ超あって冊数は少なめでした。
読むのに半月もかかったことになりますが、統計をみると自分の

読むペースというのはざっと次の通り。


1日平均冊数:0.18冊(月:5.4冊)
1日平均ページ数:58ページ(月:1740ページ)


こうみると半月で1000ページ超は若干早いペースなのかな。
ま、作品が面白ければ当たり前のようにペースは上がるんですけどね。

 

けど月の後半は引きこもり出張のせいで読書量は激減。
読み終わったものは300ページ弱の中篇がわずかに一冊だけ、
なので11月は2冊きりという、もう何十年ぶりの少なさにちょっと寂しいですよね。

 

そんな平成28年11月の読書メーターです。


読んだ本の数:2冊
読んだページ数:1344ページ


太陽の棘 (文春文庫)太陽の棘 (文春文庫)
読了日:11月21日 著者:原田マハ

 

終戦後の沖縄の実話に基づいた物語です。
沖縄といえばきっと悲惨な状況を思い浮かべるのだとは思います。
が、ここではそれとは別の生活をする日本人の芸術家集団をアメリカ軍医が尋ねるところから始まるという、ちょっと意外な展開な話しとなっています。
フリーのキュレーターでもある原田マハさんらしいといえばらしい、意外な感動作でした。
「デトロイト美術館の奇跡」なんかも早く読んでみたいと思っているんだけどなぁ。。。

 


エヴェレスト 神々の山嶺 (角川文庫)エヴェレスト 神々の山嶺 (角川文庫)
読了日:11月15日 著者:夢枕獏

 

登山家・羽生丈二と主人公の山岳写真家・深町誠がエヴェレスト登頂にまつわることで展開される物語。
1924年に世界初のエヴェレスト登頂を目指し、頂上付近で姿を消した登山家のジョージ・マロリーが持っていたといわれるカメラを手にしたことで二人が関係してきます。
とにかく壮大な話ですね、もちろん冒険ありのロマンや恋愛もあります。作者夢枕獏さんも「出し切った」といっています。
本作はすでに映画になっているので内容については深く書きません。
今回1000ページ超を読んでいてまったくストレスを感じませんでした、エンターティメントとして最高ですね。DVDを借りて見てみたいと思います。
夢枕獏さん、このような作品も書くし『陰陽師』他、いろいろと多岐に亘った面白いもの書いてる。今回再認識した次第です。

 

 

前にも書いたとおり11月の後半はずっと静岡出張でした。
朝起きて、試験場での作業(たまに客先対応)、そしてホテルに帰る。
ホテルの周りは殺風景で寂しく、なので同僚とホテルのレストランで
晩酌をするという毎日、もちろん運動は皆無という生活でした。

 

う~ん、いかんなぁ。


それでも規則正しい生活だったから体重のキープはできていたし、
まぁよしとしようか。。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


本日は東京での休日なので演奏会へいってきました。

 


日本IBM管弦楽団 第28回定期演奏会

日時:2016年11月27日(日)
   午後1時15分開場 午後2時開演

場所:文京シビック 大ホール

 

指揮 :曽我大介
合唱 :一音入魂合唱団

曲目:リムスキー=コルサコフ / スペイン奇想曲 作品34
    ムソルグスキー(リムスキー=コルサコフ編) / 交響詩「はげ山の一夜」
    ボロディン / 歌劇「イーゴリ公」から「だったん人の踊りと合唱」
    リムスキー=コルサコフ / 交響組曲「シェエラザード」作品35

アンコール:アルバート・ケテルビー / ペルシャの市場にて
 

期待していた通りでどの曲の演奏もすばらしかったし、
行ってよかったと思える演奏会だった。

「シェエラザード」でのコンマスのがんばりには大喝采。
アンコールの粋な演出もあり、アマオケでもある程度力がないと
こんな演奏会はできないだろうなって思ったよ。

 

今回気になったのは指揮者の曽我大介さん、凄くいい感じで振っていた!
この方いったい!?
経歴をみると【ブザンソン国際指揮者コンクール優勝】とある。
あぁあの小澤征爾さんが優勝したコンクールね、な~るほど。
知らなくてごめんなさい、どうりでアマオケレベルじゃないはずだ。

 

また聴いてみたいです。

 

 

で、ここからがタイトルの「またですか~」についてです。

朝ランで最近の定番になりつつあるコース(水元公園)を
走っていたときのこと。

 

いつも15kmが最長だったからもう少し距離を伸ばてみたいし、
そろそろランニング人生の最後としてフルマラソンを走ってみたらどう!?
なんて引退したくせにそんことを思いながら走っていた。
2月の10kmの大会以来、膝の痛みもでていないことから
なんとなく1年後くらいの大会が適当かなってね。

 

13kmくらい走ったところでのこと、あの違和感らしき感覚が、、、
更に1kmも進むとはっきりと確信に変わったよ。

 

「あぁ~、またですか~」

 

はい、また膝の痛みがぶり返してしまったようです。
その後我慢できずに歩きが入ってしまいました。

 

マラソンを走ってみたいなんて考えたからかね!?
ごめん、もう思わないから痛まないでくださいな、っと。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11月27日(日)
・ラン:朝 JOG 15km(1時間19分)
    江戸川沿い~水元公園(往復)

 上記の通り、なんだかな~のランでした。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

A型おとめ座、単身赴任中、シーズンオフ真っ盛りです!


はい、2週間前から何も変わっちゃいない私です。(笑)

 

ということで、先週末は一旦自宅仙台へ帰った私ですが、
(って、誰も知らないですよね)

今週はその仙台から静岡へ新幹線を乗り継いで直行しました。

でもって東京に戻ったのは昨日の金曜日遅く、

会社の事務所の椅子に座った本日土曜日となりました。

 

静岡のじゃ周りに何も無い(といっても製造所はある)、

現地では作業靴(安全靴)に裾を絞った服装で頑張ります!

なんたって試験中の製品は1トン以上あるからさ、

足に何か落としたら危ないし、走れなくなっちゃうな。

 

 

ああでもない、こうでもないと朝から晩まで忙しく、

ホテルとの往復で過ごしてきましたよ。

(バイキング形式のホテルの朝食、案外好きです)

朝は和食派かな!?(納豆があればOKです)


けれど毎日同じじゃあまりに可哀相に見えたのか、

現地の責任者からお食事のお誘いがあって

まぁごちそうになりまして。。。

 

静岡の名産品・珍味の数々、、、
(さすがにマグロは絶品)

(牡蠣の朴葉焼きなんかもあります)


桜えびのかき揚げもなかなかどうして、、、

 

となりに並んでいる日本酒は「磯自慢」、、、、
(サミットの乾杯酒だと自慢されましたが)

 

他にもいろいろありましたが、美味しさから写真を
取り忘れるほどにがっついてしまってね~。

 

なのでご馳走になったからにはまた来週も!?

はい、食べた分働いて返さなければならないのは

世の常識ですからね。。。。

 

そうそう静岡が良いのは平地では雪が降らないこと、

先日の関東の大雪は今日のラン中に見た残雪で確認、

冬場に走るなら静岡がいいのかもしれませんよ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11月26日(土)
・ラン:朝 JOG 10km(55分)
松戸 運動公園方面(八ヶ崎往復)
補強運動:2set

 

そうそう松戸駅にはこんなものが飾ってありました。
これがおよそ50本くらい、洗脳されそうですな。

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。