崇禅寺(大阪)

テーマ:

崇禅寺(そうぜんじ)

 

柴島神社を出て、西へ歩いて10分ぐらいにある崇禅寺へやってきました。

阪急「崇禅寺」駅下車、徒歩数分です。

 

駅名になってるだけあって、広々としたお寺でした。

訪れるまで知らなかったけれど細川ガラシャの墓がありました。

この前の勝龍寺城跡に続いてのガラシャさん…感慨深いものがありますね。

 

<由緒>
天平年間に法相宗の行基によって創建された。
その後、1441年の嘉吉の乱で室町幕府6代将軍足利義教公が殺害され、
その首を当寺に葬った因縁により、翌年に足利義教公ならびに細川家の
菩堤寺として再興された。
その折、徳叟亨隣大和尚を開山とする曹洞宗に改められた。

 

<住所>
   大阪市東淀川区東中島5丁目27番44号
<御本尊>
   釈迦如来
<宗派>
   曹洞宗
<公式HP>

   http://souzenji.net/index.html

<見どころ>
   ・足利義教の首塚、細川ガラシャの墓

 

御朱印

 

山門

   ここからは入れません。。。

 

通用門

   こちらから入ります。

 

本堂

   中は入れませんでした。

 

 

つくばいと聖徳太子像

   写真では見辛いですが、像の足元に「貴為和以」って彫られてるので、

   聖徳太子だと思われます。。。

 

布袋さん

 

石庭

   寺務所前から撮りました…あ、寺務所撮ってないや。 (;^ω^)

 

足利義教の首塚(右)と細川ガラシャの墓(左)

   接点の無い(無いよね?)二人の墓が並んでるのは

   なんとも不思議ですね~

 

次は・・・西ヘ歩きます。

AD

コメント(2)