二浪日記(大学付属中高一貫だったのに二浪している息子の母の愚痴日記)

2014年3月受験終了しました。応援ありがとうございました。

NEW !
テーマ:

 

キャー!

 

やりました!!ハート

 

うるさいわね、ニャによ

 

桜井さまWハートからのプレゼント。

 

ミスチルのライブチケット、当選!

 

やったー! うれしー涙

 

山梨がダメで、日比谷の野音がダメで、

 

やっと、ですからね。ハート

 

ミスチルのライブDVDを見ながら前祝い赤ワインです

 

それと、今日は

 

久しぶりにPCで書いています。

 

やっとWi-Fiが飛ぶようになったんですよ~。

 

どこ飛んでるニャ 捕まえるニャにゃー

・・・ひよざえもん がーん

 

おめでたい猫ねぇにゃー

・・・ひよざえもん がーん

 

Wi-Fiが使えなのと、スマホが低速になるのが

 

同時に起こるのは、今の世の中、

 

TVが見られなくなるより苦痛ですねがっかり

 

大きなTVを買う計画がありますが、

 

「そもそも、見るのか?TV?ちーん

 

という疑問にぶつかっております。

 

ミスチルのライブは見るからな。

 

音響のいいのにすればいいか。

 

インテリアも一新するつもり。

 

お金ないけど(笑)

 

お金ないなら無理ニャにゃー 無理ニャにゃー

 

さて、

 

ワインバーでお話の続きひよざえもん

 

彼女の言うことが本当なら

 

彼女の息子は家事なんかやったことがなさそうだけど、

 

彼女は一人暮らしに向けて

 

息子に何かを教えたりする気なんかさらさらないらしい。

 

「死なないわよ。別に。」

 

そんな感じなのだ。

 

「困ればやるでしょ?そんなこと。」

 

おっしゃる通りその通りみんなあなたの言う通り。ガーン

 

 

確かに

 

コンビニでもデリバリーでもテイクアウトの惣菜でも

 

これだけ当たり前に揃っていれば困ることはない。

 

昔は地方と東京で相当利便性に格差があったけど、

 

今はモールのような大型スーパーは地方のほうに多いし、

 

コンビニはそこかしこにある。

 

洗濯は洗濯機がボタン一つでやってくれるし

 

しわにならないイマドキ素材の服を選べば

 

すぐに乾くしみすぼらしくもならない。

 

ゴミさえちゃんと捨てて、ものを増やさないようにさえすれば

 

床はルンバ君が掃除してくれるだろう。

 

反対に、

 

息子が母(彼女)を心配していた。

 

少し前に一緒に食事をしたことがあったのだけど、

 

そのとき彼はこう言ったのだ。

 

「僕が出て行ったら、どうなっちゃうんだろう?

 

お母さんが耐えられなくなるんじゃないかってさ。」

 

へ?おぉ! なんで?

 

私はその思いもよらぬセリフに目を丸くした。

 

というのは、

 

この一家はいつも一緒の仲良し家族なのだ。

 

私は彼女の旦那さんもよく知っているのだけど

 

いつも笑顔で人見知りをしないとても気さくな人のはず。

 

イチローのことを

 

わざわざウチのマンション前まで迎えに来て、

 

釣りに連れて行ってくれたこともあるくらいだ。

 

誰とでもすぐに仲良くなれるし、

 

彼女への依存を疑うほど、とにかくいつも一緒で

 

いつもいつも仲がいいのである。

 

私がそれを言うと彼は、

 

「あれは外面だから。」 とバッサリ。

 

彼女は、おいおい人前なんだけど、

 

という顔をしたけれど息子の口封じまではしなかった。

 

息子は私に隠そうともせず

 

「僕がいなくなったら我慢できなくなっちゃうんじゃ

 

ないかって思うんだよ。」

 

と彼女をまっすぐに見ながらそう言った。

 

私もつられて彼女を見ると

 

彼女はまっすぐに息子を見つめていた。

 

彼が言うには、要するに、

 

僕はお父さんの扱いにくいところも

 

困ったところも解るし、お父さんのいないところで

 

お母さんとそれについて分かち合うこともできたけど、

 

僕がいなくなったらそれが全くなくなってしまう。

 

となると、お母さんはお父さんと向き合って

 

2人だけで暮らすことに我慢できなくなって

 

全てを終わりにしてしまうのではないか

 

ということだった。

 

ガーン 

 

どうやら、いつも二人でいる、

 

つまり彼女はいつも旦那のそばにいる、のだが

 

それは、こじれると扱いづらくなる旦那の性格を見越して

 

そうならないようにしていただけのことらしいのだった。

 

 

・・・そうか。・・・そうだったのか。

 

 

つくづく夫婦っていうのは外から見ても解らないものだと

 

感じる

 

 

・・・まあね。 

 

どこもそんなものじゃない?

 

片方が折れたり譲ったり、片目つむったりしながら、

 

上手くやっていくのが夫婦ってものじゃない?

 

まだ若い息子君には解らないと思うけど

 

でもそれって結構普通だよ。

 

彼女の息子が、自分の母親に、

 

ずっと夫婦仲良くやっていって欲しいのか、

 

我慢なんてやめて、お母さんにのびのび過ごして欲しいのか、

 

どっちを強く望んでいるのかはよくわからなかったけど

 

今の世の中、

 

家事ができない男であったとしても

 

1人で困らないようになっているし、

 

仕事があれば女だって困らない。

 

子供育てるにはできれば夫婦の力を合わせることが

 

望ましいけれど、

 

子供が育ってしまったら、

 

お互いの依存関係を思い切ってリセットして、

 

仲のいい友達に戻ったほうが

 

逆にいい関係が築けるような気もするのだった。

 

夫婦と思うから、家族と思うから、

 

甘えが出て不満が募る。

 

他人だと思えばわがままも言わないし、優しくもなれるのだ。

 

顔も見たくなくなる前に友達に戻るのもアリかと思う。

 

 

 

大学時代からとても仲よくしていた別の友達も

 

息子は独立し家を出て、

 

娘の就職もほぼ決まったここにきて一人に戻った。

 

 

彼女はマンションをもらって犬を飼い

 

また独身貴族に花を咲かせている。

 

最後まで仲睦まじい夫婦でいるのもとても素敵だが

 

子供の巣立ちの後、

 

再び自分のためだけに生きる生き方を選択するのも

 

これからのアラフィフの選択肢の一つ、

 

言ってみたならトレンドなのかもしれなかった。

 

 

 

そんな彼女に

 

「後妻業って映画を見に行かない?」

 

と誘われた。

 

ちょっと怖いかもしれない・・・。(笑)

 

 

いつもクリックありがとニャンですにゃーにゃー

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

AD
同じテーマ 「親心」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。