September 25, 2007

【和食】 パーク ハイアット東京 梢 (新宿)

テーマ:新宿・大久保

予定が合わずに押し出された夕食。西新宿にあるパークハイアット40階、日本料理「」へ。 銀色に輝く流線型の車で向かう途中、レストランで見るだろう風景“新宿のネオンが星のように輝く夜景”を想像していたんだ。


しかし案内されたのは閑静な個室だった。窓は無くって、ふたりで使うにはいささか広すぎる部屋。とても意外だった。部屋はなんだか将棋の竜王戦みたいに、空気がピンと張り詰めてた。おごそかに一品目が配膳され、きのこやぎんなんを食べて「そういえば秋だよねえ」と、ふうっと息を漏らした。


パーク ハイアット東京 梢(新宿)


会席コースが嬉しいのは食材を通して季節感を感じられること。夏の名残を残したもの、走りと呼ばれる出回り始めたもの、もちろんまさに旬といった食材も。これらを活かしきることが醍醐味だ。この食卓では、たとえばずんだ、さつまいも、あゆ、栗ごはんとか。


こうした食材の味わいだけでなく、で楽しめるのは盛り付けも。「ダイナミック創作和食」と呼べそうな立体的で豪華な器や飾りつけだ。きっと外国人から見た日本料理はこんなイメージなんだろう。大きな氷の器に盛られた刺身、あけびやざくろで彩られたお膳。作品としてみても楽しかった。


パーク ハイアット東京 梢(新宿)


デザートまで趣向が凝らされていた。縦に積まれたモナカに刺さった竹串をはずすと、下へはちみつがしっとりと線を描いて垂れてくる。その下に、小豆ときなこのアイスクリーム。落ちきったところでアイスクリームを食べる。


パーク ハイアット東京 梢(新宿)


蜜がゆるゆると滴り落ちるさまを横目に、彼はトランプを取り出した。真剣勝負の緊張感だった部屋はいつしか雰囲気が変わり、幾つかの手品みたいなゲームをのんびり楽むようになった。そして最後のゲームをした。


たくさんあるカードから私だけに柄が見えるようにして、一枚カードを選んでほしいという。模様を見ながら、ランダムに8枚ほど引き、その中で意図的に“ハートのA”を選んだ。すると彼はおもむろに胸ポケットから、折りたたんだメモを出した。 当然だが私と会ってから、そのメモを入れる姿は見ていない。いつ仕込んだのだろう? 私はいぶかしげに広げて、それから息を飲む。


パーク ハイアット東京 梢(新宿)

メモには選んだカードがピタリと当ててあった。驚いてしつこく食い下がったが、ネタばらしはしてくれない。ディナーは、個室でカード遊びをし、カードを見透かされるというサプライズで終わった。なんだか狐に摘まれたようだ。


しかし梢を出て、次に出かけた場所はもっと吃驚。


パークハイアット十八番の、“星を散りばめたような新宿の景色”じゃなくて。

手のひらからこぼれ落ちそうな量の、本物の星。

見上げれば、空気が澄んで手ですくえそうな距離。

砂金みたいにキラキラしてる、満天の星空が見えるところだった。


二度目のサプライズ。

できすぎ。


■パークハイアット 梢 (新宿)

  

AD
 |  リブログ(0)
April 17, 2006

【中華】 中国家庭料理 上海小吃 (歌舞伎町)

テーマ:新宿・大久保

ichigo


テーマパークに行ったつもりで連れて行きたいレストラン。
「オレってディープな店知ってるんだぜ」
的な存在で連れて行きたいデート店。かなりイロモノだけど。

歌舞伎町の風俗街の細い路地を入った奥で、一見さんはこれない場所。
客層はマスコミ系・業界系の人他、多国籍的に色々な人がいる。
私は、某U線の事業部長さんとの飲み会で知りました。

店は狭い・清潔感が薄い・雑・サービスよくない・日本語通じにくいなどなどだが、
この混沌とした状態のファンが多く、いつも人でごった返している。
料理がでてきても、ビールや箸・お皿がでてこないこともあるので
なれた客は勝手に棚などを物色してセルフで調達している。

食べ物は家庭料理で美味しいし、ゲテモノ系の食材も充実。
カエル・どじょう・すっぽん・犬・うさぎなど。
個人的に好きなのは、蜂の子(ちいさいイモムシみたいの)。
あぶらであげたものを食べるんだけど、香ばしくて甘くておいしい。ローヤルゼリーも含まれてるし!

人気は辛いスープが真ん中で二つに割れている火鍋。
たくさんあるメニューから、好きな具材を選んで投入!
異国情緒たっぷりの楽しいお店です。

潔癖症の人は行かないほうが無難。
怖いもの知らずノカップルはおためしあれ。話題性はある。


■中国家庭料理 上海小吃


デート通.jpボタン

AD
 |  リブログ(0)
October 13, 2004

【洋食】 ニューヨークグリル (新宿)

テーマ:新宿・大久保
ずいぶんブログサボってしまいました・・・。

最近、パークハイアットのニューヨークグリルに行きました。しかし天気が悪くて、窓の外が霧で真っ白。1メートル先も見えず。まるで雲の中につっこんだみたい。楽しみにしていた夜景が楽しめず、すっごく残念。お料理と丁寧なサービス、ジャズの生演奏を楽しみましたが、画竜点睛を欠いた感じが残るディナーに。

ニューヨークグリル
AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。