August 24, 2009

【ホテル】 THE POOL 『MAITAI』 ニューオータニ(赤坂見附)

テーマ:赤坂・永田町・溜池

平日の仕事帰りの待ち合わせ。
“水着だけ持ってきて”というリクエストだった。

今年はまだ海もプールも行っていない、そうぼやいていたことへの気散じなのかもしれない。


赤坂見附で待ち合わせをした後、向かったのはホテルニューオータニのTHE POOL 『MAITAI』。ターコイズブルーにライトアップしたプールは、まるで南国にいるような気分にさせた。生ぬるい夏の夜風に、生演奏のジャズの音色が乗っていく。


デートに使える!女社長の東京グルメスポット日記★

二十時のプール。さざ波のように聴こえるのは、都会の大人たちの囁き声。
デートの場をプールサイドに場所を移しただけ。
そんな思いつきの優雅さで、泳ぐわけではなく、最後の夏の雰囲気だけを楽しんでいるようだった。


ホテルのプールのビジター利用は、土日はひとり1万円程度かかるのが相場だ。その割に、人で溢れ返っており、はしゃぐ子供の嬌声にげんなりすることもある。しかし、平日のナイトプールを使用すると半額以下で楽しめる上に、大人が多く静かに利用できることは、意外に知られていない。時間は18時から22時の4時間だが、十分だ。めいっぱい泳ぎたいわけじゃない。水の中で触れる肌の温かさを感じたいだけなのだ。


デートに使える!女社長の東京グルメスポット日記★


水中から上がって、白いガウンに包まれながらデッキチェアに横になると、月がまるく輝いていた。濡れた頬を月光と風が撫でる。身体のほてりが取れたら、どこかへ食事に行こう。水滴でくずれたお化粧を気にしなくていいように、レストランの照明は暗めがいい。できればまじまじ見える正面ではなく、横に座るカウンターがいいな、というのは女性の隠れた本音だ。


麻布十番の「月光浴」にしようか迷って、赤坂「いやま」に行くことにした。間接照明があかりを落とすカウンターでいただく炭火焼鳥。雰囲気も良いし、味もなかなか。特製の鳥スープが、プール後の体にじんわりしみた。


夏のプールデートを楽しめるのはあと二週間。


シティホテルのプールで過ごすデートプラン(デート通.jp)
 

ニューオータニ MAITAI 「Summer night poo」
 入場料の4000円にタオルやガウンもレンタルも含まれているので、水着ひとつで気軽に寄れるのが魅力。
 ちなみに土日のビジター利用は一人20,000円。


いやま(赤坂)
 

AD
 |  リブログ(0)

マリさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。