1 | 2 次ページ >> ▼ /
June 30, 2007

【スペイン】 Spain Club スペインクラブ(月島)

テーマ:月島・豊洲

中央区でオススメしたいスペインバルはまだまだある。


隅田川沿いにある巨大な倉庫を改築したホールで食事ができる「スペインクラブ」。生のフラメンコショーが見られるという特典は(※月曜日のみ)、月島という立地でありながもデートで女性を連れ出す口実としては充分。


スペインクラブ(月島)


倉庫なので、高い天井、一部に中二階を作ってもまだまだ開放感がある。ラテンの音楽がガンガンにかかり、とにかく元気の良い店だ。ホールに響く威勢の良い声やドラは、パエリアが妬きあがった時のイベントである。大鍋で焼き上げて、大人男子二人で抱えて、テーブルを回って見せてまわる。



スペインクラブ(月島)


スペイン産のワインの揃えは、先ほどエントリーした MARU よりがぜんこちらが上。MARUは各国のワインが満遍なく扱うが、スペインクラブはスペインの食文化を輸入展開している商社。この店舗を1994年にオープンさせたのを皮切りに、六本木や八重洲にも店舗展開。内装の建材やインテリアも同国製にこだわるなど徹底している。



スペインクラブ(月島)

スペイン料理屋は流行しているが輸入と店舗を平行して行っているところは珍しい。いま日本文化に根付きつつあるスペイン料理に、一足早くから一役買っている存在だ。そもそも「バル」という小皿の盛り方は、日本の居酒屋に通じる。時間を気にせず摘みながら延々と飲みたい友人と連れ立って、好んで行くのにも打ってつけ。オオバコなので、平日なら大抵すんなり入れるはず。


スペインクラブ(月島)



スペインクラブ(月島)


さて、食事の後は店を出て左へ進もう。隅田川が一望できる土手がすぐ見える。ワインで火照ったら、川べりで夕涼みをお楽しみください。夜はカップルとワンコとジョギングする人しかいないので、治安も悪くない。月島駅から帰ってもいいし、橋を渡って新富町駅まで歩いてもいい。昼の川辺の写真をアップしておくので、素晴らしい夜景はあなたの目で恋人とチェックしてみて!


Spain Club (月島)


■スペインクラブ(月島)

 中央区月島1-14-7 旭倉庫1F

 03-3533-5381

 月~金 11:30~15:00 ディナー 月~金 17:30~23:00

 日・祝 11:30~22:00

 土 11:30~23:00

AD
 |  リブログ(0)
June 30, 2007

【スペイン】 Stand bar MARU (八丁堀)

テーマ:茅場町・八丁堀

2005年ごろから流行している立ち飲みの中でも十数年前からの老舗がある。八丁堀の駅上にあるStand bar MARUは江戸時代から続く酒屋・宮田屋に併設されている。


Stand bar maru (八丁堀)


1階の細いカウンターが立ち飲み、そして脇の階段から2階へ登れば、部屋の中央に丸くカウンターがならんでいる。そのまわりをぐるりと背広が一周し、大音量の音楽、それに負けない人々のおしゃべりが熱っぽく渦巻く。中央には大きなハモンセラーノなどの脚付きの生ハム数本。スペインバルの本場さながらの雰囲気だ。


最近、2階よりさらに落ち着いた3階が新登場!こちらはやや静かな雰囲気。デートに使うならここがお勧め。直近、社員と4人で行ったのは2階、編集系の知人らと5人で飲んだのは3階。ビジネスパートナーと来るのもよし。


この店の売りは、なんといっても、酒屋併設のメリット「ワインの品揃えが豊富」そして「酒が安い」である。酒屋の小売価格にプラス500円。ディスカウントリカーショップなので元の値段も安い。ちなみにビールも300円台と超安い。連日連夜の大盛況も頷ける。でそのワインを持ち込んで飲むことができる


Stand bar MARU (八丁堀)


料理もワインが進むメニューが多い。イベリコ豚のグリルなどこってりしたソースは赤ワインがくいくい進んでしまう。1日10食限定のパルミジャーノチーズのリゾットも、フレッシュなチーズの味が楽しめてオススメ。


会社から300m位の場所な上にカジュアルな価格帯なので、ついつい連日通いたくなる。最近は待たないと入れないのが玉にキズ。デートで使用する際は予約を忘れずに!


■Stand bar MARU (八丁堀)

 中央区八丁堀3-22-10
 03-3552-4477

AD
 |  リブログ(0)
June 19, 2007

【和食】 二〇家 (四谷三丁目)

テーマ:四ツ谷・市ヶ谷・飯田橋

パリパリの餃子が評判の四谷・二〇家(ニワケ)。市ヶ谷の会社に勤めている時に見つけたお店だ。


飲み屋がひしめく荒木町の路地裏。赤いちょうちんがぶら下がるこの店は、博多料理を出すが、店は暗めでバリ風のインテリアに拘っているのだそう。男性ウケしそうな猥雑な飲み屋街と、女性受けしそうな洒落たインテリアが共存する店である。


気取った店でいかにもではなく、行きつけの裏店、という雰囲気で使おう。女性と仲良くなりたいデートにおすすめ。店内は狭いので、カウンターあたりで仲良く飲むのがオススメか。


まずは霜降りの馬刺しと羽根付き一口餃子。焼酎の揃えが良いことでもひいきの店。九州の焼酎が300種類以上、ワインも50種類以上は常時置いてある。酢モツ、キャベツなどでダラダラと2時間ほど焼酎を飲む。最後に出てくる鶏スープも美味。


その後は飯田橋の方へ散歩するか、御苑の方へ散歩するかのコースがオススメです。


二〇家(にわけ) 
 東京都新宿区荒木町3 
 03-5312-7206

AD
 |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。