Mary’s Snow Sky Sea!

Maryのスキーとダイビングと旅日記


テーマ:
20140405志賀(一の瀬ファミリー)
志賀高原の一の瀬ダイヤモンドで、試乗会に参加してきました。
4月とは思えない雪質で、楽しく滑る事ができました。

前編で、ATOMICさんの感想を書かせていただいています。
後編では他のメーカーさんの感想を。
なお、お気楽レジャースキーヤーの私的感想なので、ご不快な表現がありましても、何卒ご寛容にお願いいたします。

【SALOMON/X-Kart Max + Z12 SPEED】
DATA:157cm R11 122-70-105
2014SALOMON-XKart

小回り・コブ専用の板です。
私、12-13モデルのX-Kartに乗っているのですが、今回試乗した来期モデルの方が正直扱いが楽でした。
乗る位置がシビアでないし(私のX-Kartサロ子ちゃんは、真ん中~後ろが好き)、挙動がマイルド。
相変わらず小回りが得意なのと、どんな状況下でも良く回る性能も健在で、良い板だと思います。
でも、欲しいかと言うと…。
私のX-Kartサロ子ちゃん程には、購買意欲は湧きませんでした。
気持ち良くキュンキュン回る小回りとか、じゃじゃ馬なのにコブの中でしっかり回ってくれるツンデレ具合とか、やっぱり私のX-Kartサロ子ちゃんの方が好きかなと。
それから、不思議だったのが、エッジではなく、板全体で張り付く様な乗り味。
メーカーさんは「それだけ安定感のある板と言うことです」とおっしゃっていましたが、ちょっと違和感を感じました。


【ROSSIGNOL/DEMO ALPHA SOFT TRX】
DATA:162cm R12 122-68-104
2014ROSSIGNOL-ALPHASOFT

小回り系オールラウンドスキーです。
板の説明で「検定種目を目指す人におすすめ」と書かれていたとおり、状況を選ばず、滑りや速度を選ばず、安定して乗る事ができました。
際だった良さはないけれど、ポテンシャルの高い中庸な板。
私が準導を目指すなら、中・小回り用としてこの板を選ぶかもしれません。(←目指しませんが)
ただ、お気楽レジャースキーヤーとしては、もう少し個性が欲しいです。
中庸さと個性を同時に求めるのは、酷かもしれませんが。


【OGASAKA/Keo's KS-MD + FM600】
DATA:165cm R14.7 114-67-99
2014OGASAKA-KS-MD

サンドイッチ構造のオールラウンド系の板。
昨シーズンからの継続モデルです。
クセがなく軽やかな板で、1日中疲れないで快適に滑れそうです。
女性や脚力のない方向きです。


【OGASAKA/Keo's KS-RS + RC600FL】
DATA:165cm R15.1 116-70-101
2014OGASAKA-KS-RS

「ツインキール構造なので、サンドイッチ構造の『KS-MD』より、捩れに強くグリップ力が高い」とメーカーさんから説明がありました。
そのとおり、『KS-MD』より大回りや高速域で安定感と張り付き感があり、楽しく乗れました。
OGASAKAさんらしく、ずらすのも得意だし、こちらの板も検定用として良いかもしれません。


【OGASAKA/TC-SZ + RC600GR】
DATA:165cm R12.8 117-67-104
2014OGASAKA-TC-SZ

私には、プレートが硬すぎました(>_<)
全然たわまなくて、ドリフトしているか、エッジを立てるだけの滑りになってしまい、撃沈。
板の良さを感じる前に、プレートに負けてしまいました。
RC600GRより軟らかいRC600FLの方に乗れば良かったのですが、いつも貸し出し中でタイミングが合あわず、残念です。
プレートって、案外重要ですね。
ちなみに、コブのお師匠様は、この板を気に入ってました。


【HEAD/i.Supershape Speed + RPX12S】
DATA:163cm R13.2 118-66-98
2014HEAD-Speed

12-13モデルは、ビックリするくらい板が走って、最後までX-Kartサロ子ちゃんと購入を迷うくらい好みの板。
13-14モデルは、腐れ雪でスピードを出すと頼りなく、ずらそうと思うと乗る位置がシビアで、期待が大きかっただけに残念な板。
そして、14-15モデルは、「何だか普通の板になっちゃった」と言う印象。
13-14モデルのシビアさや不安定さはなく、普通に扱いやすかったですが、12-13モデルで感じた、高速域でのエッジが食いついて離れない、ステキな感触が感じられませんでした。
(もしかしたら時間が経って、12-13モデルが、美化されているのかも)


【HEAD/i.Supershape Titan + RPX12S】
DATA:170cm R14.3 133-80-111
2014HEAD-Titan

センター幅が広く、新雪や悪雪で真価を発揮する板。
全体的にもっさりした印象ですが、真上から荷重してあげるとスムーズに滑る事ができました。
ラディウスが思ったより小さいので、鈍いながら小回りも可能です。
ちなみに、新雪好きの基礎スキーヤーのお仲間さんは、この板が一番気に入ったそうです。


【Volkl/PLATINUM SD SpeedWall】
DATA:160cm R12.7 120-68-101
2014Volkl-SD

重い板なのに、滑り出すと軽く感じます。
特にカービングが気持ち良く、エッジに乗ると加速する感覚があって、上手くなった様に感じました。
ただし、抜けが良すぎて、モコモコバーンやコブでは、時々発射しそうになる時も(^_^;)
脚力の問題かもしれませんが。
圧雪バーンの中・小回りカービング専用なら、お薦めの板です。


【FISCHER/RC4 SUPERIOR PRO RACETRACK 165cm】
(データありません。ごめんなさい)
2014FISCHER-RC4-RACETRACK

12-13モデルの『RC4 SUPERIOR』は、張りと反発が強く直進性が高かったので、ちょっと乗り心地の悪い板でした。
それが、14-15モデルは、同じシリーズとは思えない、クセの少ない比較的ソフトな乗り味に変わっていました。
オールラウンドモデルとして、どんなシチュエーションでも無難に滑れそうです。
ただ、この板も「ここがすごく良い」が、感じられませんでした。


【NORDICA/FIREARROW 76 TI】
DATA:168cm R14 126-76-109
2014NORDICA-FIREARROW

やる気のない(本人談)正指導員さんと新雪好きの基礎スキーヤーのお仲間さんから薦められました。
でも、私にはその良さがわからず。
軟らかいせいか、板の反応が弱く、頼りない感じです。
「雪質を選ばない」と板の説明には書かれていましたが、ハードバーンだと太刀打ちできなさそう。
私には、楽しい板ではなかったです。


【ELAN/AMPHIBIO 14 FUSION】
DATA:168cm R14.1 125-74-104
2014ELAN-AMPHIBIO14

【ELAN/AMPHIBIO 12 FUSION】
DATA:160cm R12.7 125-74-104
2014ELAN-AMPHIBIO12

メーカーさんに「小回り系のオールラウンド板はどれが良いですか?」と聞いたら、こちらのシリーズを薦められました。
『12』も『14』も、オートマチックな感覚で楽に滑る事ができます。
『14』の方がメタル入りなので、安定感がありました。
デザインは、白い『12』の方が好みです。


Alpenさんの試乗会、一の瀬ダイヤモンドのレストハウスに本部があって、ヘルメットやウェア、ブーツ、ゴーグル等の試着もできました。
楽しくて有意義な試乗会だったので、来シーズンもまた参加したいですね。

今週末も志賀高原です。
寒そうなので、ちょっと期待しています(^_^)

長文をお読みいただき、有難うございました。


※おまけ
20140405志賀(ホテル銀嶺・メガから揚げ)
久しぶりに、「ホテル銀嶺」さんのメガ唐揚げ(1,000円。増税後もお値段据え置き)をいただきました。
相変わらずのボリュームと美味しさ♪
またお腹を空かせて、食べに行きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Maryさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「スキスキスキー♪」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。