マーベルのブログ

株式会社マーベルコーポレーション代表のブログです。株式会社マーベルコーポレーションはヤシ油を主成分にした天然植物系防腐処理木材「マーベルウッド」を製造・販売しています。

株式会社マーベルコーポレーション代表のブログです。




株式会社マーベルコーポレーションは環境配慮型の無色透明な防腐処理木材「マーベルウッド」を製造・販売しています。




(株)マーベルコーポレーション


<本社>


〒910-0825 福井県福井市原目町4-30

TEL. 0776-53-7715  FAX. 0776-63-5485  携帯TEL. 090-5686-9919




<東京事務所>


〒183-0045  東京都府中市美好町3-39-8  リブリ・マーベル

TEL / 042-310-9681  FAX / 042-310-9682





クローバー プロフィール クローバー


1962年 福井県福井市生まれ

1980年 福井県立羽水高等学校卒業

1984年 専修大学商学部卒業

1984年 東京都内商社入社

1989年 結婚を機に福井へUターン

1990年 福井県内商社入社

2011年 ㈱マーベルコーポレーション 設立

2012年 小澤技術士事務所 設立





クローバー 資 格 クローバー


・技術士(森林部門)

・環境省環境カウンセラー(事業者部門)

・1級造園施工管理技士

・第2種高圧ガス販売主任者

・2級小型船舶操縦免許

・自動2輪中型免許

・スキューバダイビングオープンウォーター

・福井県ふるさと研究員

・自然再生士


テーマ:

 この1週間ほどは、国や県のいろんな機関の人たちとの会合、面談、打ち合わせが続いている。

 

 そのタイミングで、所属している技術士会から、自民党の林政小委員会にて数回行われてきた議論の総括の情報が入ってきた。もちろん公表前なので、極秘文書である。

 

 詳しくは言えないが、「国産材の新たな需要創出」が林業の成長産業化の目玉となっているのは、間違いない。しかも「日本の技術力を活かした高付加価値化による木製品の輸出拡大」を、明確にうたっているのだ。

 

 これは、日ごろから私が謳っている「マーベルウッド事業での国産材の輸出」に合致する自民党の方針である。国産材は輸出し、海外で広く普及させていく、本格的な時代に入ったと感じる。

 

 どんどん海外へ出ていき、メイドインジャパンの美しい杉、桧材を世界の人たちに感じてもらいたい、と改めて思った。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今週も、重要な会議が多く、新しい動きのあった週であった。

 

 詳しい内容は言えないような会議も多いのだけど、企業も、業界団体も、官公庁も、必死になって地域産業の活性化に取り組んでいるのは間違いない、と感じる。

 

 昨日は、F大学にてある打ち合わせがあった。技術開発の相談に伺ったのだが、国や県の内情を含めた親身なアドバイスをいただき、大変為になった。とにかく、相手の懐に飛び込んで、こちらのやりたいことを訴えていくと、不思議と道は開けてくるものなのだ。

 

 幸い、素晴らしい人脈にに囲まれている現状がある。国産材、県産材活用の成長産業化に向けて、少しでも貢献できれば、と強く願う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 今夜は予約していた、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017」のNO 116のプログラムを聴きに行ってきた。

 

 丸の内の東京国際フォーラムのホールAで開演されたコンサートは、パスカル・ロフェ指揮による「フランス国立ロワール管弦楽団」演奏の「火の鳥」組曲からスタートした。20世紀初頭のパリを沸かせた作曲家ストラヴィンスキー作曲によるバレー曲である。「凶悪な踊り」の場面での管楽器・打楽器の演奏は迫力満点であった。

 

 次に登場したのが、ジャズピアニストの小曽根真氏とトランペット奏者のエリック宮城氏である。この二人の演奏は、昨年、彦根でのコンサートで拝聴しており、自由なジャズの感性に驚かされたものである。

 

 今回はラ・フォル・ジュルネでの演奏ということで、フランス国立ロワール管弦楽団と、この2名との共演が実現したわけで、非常に楽しみにしていた。そして演目はフランスの作曲家ラヴェルのバレエ曲「ボレロ」である。

 

 その演奏は、クラッシックとジャズとの垣根を悠々と超えた、新しいジャンルの音楽に聴こえた。お互いにその音楽性を尊重し、楽しみ、演奏が続くにしたがって一層、激しく刺激し合い、一方で不思議な調和を見出している、そんな類い稀な音楽空間を共有させていただいて、本当に幸せな時間を過ごすことができた。

 

 音楽は素晴らしい、と改めて感じて、その音楽の世界の端くれにいる娘にも、末永くこの素晴らしい音楽の道を続けていって欲しい、と願った夜であった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今週は、F市の環境関連の会議があった。市も真剣に環境問題に取り組んでいて、様々な施策やイベントを今年度も計画しているようである。

 

 私個人としては、できるだけそのような環境的な取り組みには参加していきたいと思うのだが、何しろ自分の会社経営に追われているうえに、県の研究会や技術士会などの会合、地区の体協の理事のしごとなど、とんでもなく時間のとられる業務が多く、そのうえ実家は田舎の無駄に耕作面積の多い農家でもあり、地元の生産組合や町内会の草刈りや用水路清掃、に駆り出される始末である。

 

 5月は地区の体育祭が予定されている。採点競技に出場するメンバーを斡旋し、一軒一軒の家に頭を下げて出場依頼をし、さらに体育祭の案内冊子の広告スポンサーまで探さなければならない。前週2週間は、大縄跳び、ムカデ競争の予行練習も敢行する。

 

 仕事もプライベートも気の抜けない日々が続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は、東京の永田町のとあるホテルで開催された、森林・林業関係の会議に出席させていただいた。

 

 正面で一人で講演しているのが、小泉進次郎自民党農林水産部長である。その他、山本農林水産大臣、三村日商会頭、尾崎高知県知事、など、政財界のそうそうたる面々が出席する会議である。

 

 住友林業とトヨタ自動車で共同開発した、木製自動車の話や、筑波大教授の、「山岳科学学位プログラム」の話など、かなり面白い話で、こういう話こそ、若者や一般市民に広く聞いてもらい、木材への認識を新たにするチャンスなのになあ、などと少し残念に思った。

 

 限られた人数で仕方ないのかもしれないが、どう見ても実務から離れた経営者っぽいお偉方がほとんどであった。帰り際のホテル玄関の車寄せには、大きくて黒光りしたベンツやレクサスが運転手付きで、大挙していた。

 

 政治や財界、官庁や大学・研究所など、こういうところで物事が進められて、複雑な人間関係の中で「忖度」という流れも自然に作られてくるのだろう。

 

 林業の成長産業化、新輸出大国としての国産材の可能性など、政界、財界、学術、産業界が一体となった今、本当に大きく動き始める予感のした会議であった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。