丸山矯正歯科のブログ

症例や矯正・歯に関するちょっとした知識、当院自慢!癒しの魚たちの写真など随時更新してまいります。


テーマ:
20代女性です 上顎の犬歯の八重歯が気になり来院されました。















































写真のように上顎の左上の犬歯が八重歯で

下顎の前歯に凸凹があります。

これらをきれいにするために

上顎の左右の第一小臼歯、

下顎左右の第一小臼歯を抜歯して

矯正治療を行うことにしました。

治療期間は2年半ほどでした。







写真のようにきれいになりました。

患者様も大変に喜んでいらっしゃいました。
いいね!(2)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

20代女性 下の歯が出ている事を気にされて


来院されました。


治療計画は


上顎を拡大して歯を1本も抜かずに


ゴムを使うことで下顎の歯全体を


後方に移動する事にしました。








上下の正中線は合っていなく


全体的に上顎に比べて下顎の方が


大きい事がまた、上下の歯が咬み合っていない事が


わかります。


上顎の拡大は裏側から行いました。




上記の写真の裏側についている物が


拡大する矯正装置です。拡大が終了したら


外します。









上記の写真が最近の物です。


上下の正中線はほぼ合ってきました。


上顎は拡大されていて、犬歯から後ろの歯は


綺麗に咬んできました。


ここまで横の歯の咬み合わせが


改善されたら前歯に矯正装置を着けて


前歯を綺麗に並べて上下の前歯を咬ませます。


この患者様は千葉からいらっしゃいますが


非常に協力的で一生懸命ゴムを使ってくれました。


ここまで横の歯が咬み合わせが安定していれば


後戻りはないと考えられます。

いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


まず下記に口元が綺麗で歯並びが


出っ歯(上顎前突)でも受け口(下顎前突)でもない


正常咬合の写真を掲載します。









口元は非常に綺麗でスムースに自然に


口唇を閉鎖している事がわかります。


また、


上顎の歯も下顎の歯も前に出ていない事が


わかります。


次に上顎前突(出っ歯)の写真です。








正常咬合者と何が違うのかといいますと


口元から自然に口唇を閉じているのではなく、


口元の筋肉に力を入れて閉じているのが


わかります。


そのために下顎の先端(オトガイ)に


筋肉の緊張がみられます。


お口の中のも上顎の前歯が


下顎の前歯に対して前に出ているのが


わかります。



最後に受け口(反対咬合)の写真です。






口元は、正常咬合者から比べて


上唇が引っ込んでいる事が、


言い換えれば下唇が出ている事がわかります。


お口の中も上顎の前歯が下顎の前歯の内側に


咬みこんでいるのがわかります。


正常咬合者の物とは真逆なのがわかります。


皆様はどういったタイプでしょうか、


見比べて下さい



丸山矯正歯科
丸山浩二
HP: http://www.maruyamaortho.com/
Mail: info@maruyamaortho.com
03-5448-1418

いいね!(3)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日1/28の木曜日に


テレビ東京のカンブリア宮殿に


山形県酒田「日吉歯科医院」の


熊谷先生が出演されていました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20160128.html 先生は以前からいかに


虫歯にならないかをお考えになり


口腔内の予防に力を注がれてこられました。


予防とはいかに虫歯を作らせないか、


それには虫歯の原因を排除していく事が


必要となってきます。


先生も言われていましたが、美容代にお金を使う感覚で


歯を綺麗に保つことにお金をお使いになれば


見た目にも健康にも効果的ですね。


そのためにも、ご自身のセルフケアだけでは


とりきれていない歯垢や歯石を歯科医院でケアされることを


お勧めします。




丸山矯正歯科では、


毎回の矯正治療の調整時に


無料にてメンテナンスを行っております。


矯正治療中は矯正装置(ブラケット等)が


ついているためにどうしても


歯ブラシがしづらくなってしまいます。


そこで衛生士によるクリーニングを


施術させていただいております。


下記の写真は治療中の物ですが


普段の患者様の歯ブラシまたメンテナンスが


きちんと行われているために綺麗な状態が


保たれています。





このように矯正治療中でも綺麗な状態でいられます。


丸山矯正歯科 0120-441-418
http://www.maruyamaortho.com


いいね!(5)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
       最近ではディスタライザーという

矯正装置を用いて歯を抜かずに

上顎前突を治すための矯正装置が

用いられるようになりました。


またそれと併用して

マウスピース矯正治療を行います。

よって、従来の矯正装置をつけずに

治すことができるようになりました。


わたしのクリニックでも

良好な結果が得られ患者様にも

喜んでいただいております。


回は十代の女性のケースをお見せします。

出っ歯を気にして来院されました。





itinose pre


ichinose pre R


ichinose pre L

上記の写真から解るように

かなり上顎の前歯が下顎の前歯よりも

前に出ています。

今回はディスタライザーを着けて

まず犬歯から後方の歯を

後ろにずらすことを試みました。


CD3か月 正面


CD3か月 右側

CD3か月 左側

かなり太い針金をつけます。

上顎の犬歯から第一大臼歯に

矯正装置を着けます。

そして上顎の犬歯から下顎の

第一大臼歯のフックにゴムを

着けてもらいます。

それをご飯を食べる時間を除き

できる限り長い時間使っていただきます。


引き続きゴムを使用してもらいます。

8か月後
CD8k月

CD8日月L

CD8か月R

術前の写真と比べると上顎の犬歯の位置が

下顎の犬歯の位置に比べて逆の位置に

なっています。


ディスタライザーはこのように犬歯から

後方の咬み合わせを

上記の写真のように改善する装置です。


そしてここまで出っ歯(上顎前突)の

治療が進行したならば 

マウスピース矯正の治療を行います。

私のクリニックでは「アソアライナー」と

いうマウスピースを用いました。


終了時
一之瀬術後

一之瀬術後右側
一之瀬術後下から


一之瀬術後左側

上下の歯が綺麗に咬み合う事ができました。

患者様も満足していただきました。

一月に一度新しいマウスピースを患者様に

渡していきます。


アソアライナーの良い所は、

新しいのを必要な際にその都度に

歯を動かす範囲を指示ができる事

歯型を採取していくので適合が良い事

また患者様が満足した時点で製作を

終える事ができる事です。


全ての上顎前突の症例にマウスピース矯正を

適応させる事は難しいと思います。

しかし、症例によっては十分に綺麗に治療が

可能だと思います。


もしも今回の症例を最初から、

マウスピース矯正のみで行っていたならば

時間はかなり長く必要となったでしょう。


丸山矯正歯科

           http://www.maruyama-kyousei.net/


0800 300 2814

いいね!(5)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)