丸山矯正歯科のブログ

症例や矯正・歯に関するちょっとした知識、当院自慢!癒しの魚たちの写真など随時更新してまいります。


テーマ:
小学生1年生の女子 前歯が凸凹で来院されました。

まず前歯が隙間が足りないために

拡大を行いました。通常の取り外しのできる矯正装置を用いました。

初診時の写真です。








上記の写真からわかるように、

上顎の前歯は曲がっており二番目の歯の空隙が足りません。

下顎の前歯は隙間が足りないために二番目の歯が内側位置しています。

上下顎それぞれ二番目の歯の空隙を作るために

拡大床により拡大を行いました。

下記が半年後の写真です。





上顎の二番目の歯がはえてきて一番前の歯がきれいに、そして

下顎の前歯は二番目の歯が空隙ができてきてきれいに並んできました。

今回の治療で歯が並ぶための空隙(スペース)を作る治療のみ行い、

歯をきれいに並べる治療は全く何も行っていません。

しかし綺麗に並んできました。

つまり歯ははえるための場所があるならば自分で

綺麗に勝手に並ぶのです。

もしもこれに通常の矯正装置(ブラケット)をつけて

ワイヤーをつければどうなっていたでしょう?

おそらく歯茎は腫れてぶよぶよになっていて、またもしかしたら

虫歯になっていたことでしょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1期の小児の矯正治療の代表的な物を掲載します。
下記のブログを参考にしてください。
1.永久歯が重なってはえてきている症例
 子供の矯正治療 拡大 こちら


2.拡大床 種類
 床矯正装置の種類
 こちら



3.上下の前歯が咬んでいない症例
 前歯が開いている咬み合わせ開咬こちら

4.小児の矯正費用
 こちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小学生の女子、

少し上顎の前歯が出ていることが気になり

来院されました。

以前でしたらこういった症例にはヘッドギアを

用いました。







写真のように少しですが上顎の前歯が

下顎の前歯に対して出ているのがわかります。

これをディスタライザーで治療を開始しました。

9か月後の写真です。

学校でもゴムを頑張ってもらい上顎の前歯が出ているのが

かなり改善されました。









写真からわかるように術前の写真に比べて

特に右側の咬み合わせが改善されて

上顎の前歯が出ているのもだいぶ良くなりました。

しかし左右の犬歯の手前あたりにスペースがあります。

今までならばこれを矯正装置を付けてワイヤーで治療を

行いました。しかし、この程度の空隙を閉鎖するのならば

クリアライナーが最適と判断して治療を開始しました。

クリアライナーを使用前の写真です。







使用後1月後の写真です








空隙がなくなってきたのがわかります。

使用後3か月後の写真です






綺麗になりました。現在もクリアライナーを使用しています。

ここまでの治療で

ディスタライザーが1年弱

クリアライナーの使用期間が3か月と非常に短期間でここまで

治療できました。患者さんのお嬢様の協力がよかったから

良好な治療結果にできることができました。

私も満足しおります。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
20代女子、

歯が出ていて前歯で物が咬みきれない事で

来院されました。









写真からわかるように

上顎の前歯が出ており、上下の前歯が全く咬んでいなく

奥歯しか咬んでいません。

通常どおり検査を行い

患者様と良ーく話し合いのうえ

上顎の左右の第一小臼歯

下顎の左右の第一小臼歯を

4本抜歯して矯正治療を行いました。







src="http://stat.ameba.jp/user_images/20160607/19/maruyama-ortho/9a/d9/j/t02200147_0800053313666869610.jpg" alt="" width="220" height="146" border="0" />



患者様の頑張りもあり無事に終了しました。

前歯も咬むことができ 歯が出ていることも

治りました。

患者様にも非常に喜んでいただきました。

私も大変にうれしいです。何よりもうれしいのは

患者様が大変に明るく前向きになったことです。

今はクリニックにいつも笑顔でいらっしゃいます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
小学校1年生の女子です。

アメリカの先生からのご紹介で来院されました。






この時期では前歯におきましては、

乳歯よりも永久歯の方が絶対に大きいために

歯と歯の間に永久歯のための隙間が必要です。

今回の治療は

1.上顎の拡大

2.下顎の拡大を行う事にしました。

拡大して1年4か月後の写真です










さらに上顎は2番目の歯を並べるために

下顎も前歯を並べるためにそれぞれ拡大しました。

さらに1年2か月後の写真です









初診時は乳歯と乳歯の間に隙間がなかった物が

現在は拡大できて永久歯が並ぶ事が出来ました。

また、上下同じくらい拡大できたので

後ろの乳歯も綺麗に咬合しています。

ご本人もご両親も大変に喜んでいらっしゃいました。

僕もうれしかったです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)