カトリック円山教会のブログ

カトリック円山教会の行事報告・お知らせを掲載しています。


テーマ:

2017年01月15日 
年間第2主日
カトリック円山教会
ケン・スレイマン神父

第一朗読 イザヤ49・3、5-6
第二朗読 一コリント1・1-3

福音朗読 ヨハネ1・29-34

 

みなさん、おはようございます。

お久しぶりですね。

新年おめでとうございます。

昨年はいろいろありがとうございました。

今年も宜しくお願い致します。

年末年始は良い時間を過ごされましたか?

おかげ様で、私はアメリカとドイツ、オーストリアの旅行を無事に行くことが出来ました。

風邪をひいたときもありましたが、治りました。

今回、沢山旅をして日本に帰ってきて、よかったと感じます。

一番びっくりしたことは、ドイツの空港でした。

まるでハムスターのかごみたいでした。

小さくて暗くて、全然違う雰囲気でした。

良いことは、ドイツとオーストリアでおいしいポテトとフランクフルトとチーズとチョコレートを食べてきました。

今日の福音を通して、イエス様の洗礼式を思いながら、クリスマスの時期が完全に終わりを迎えます。

なぜなら、赤ちゃんイエス様が大人になったからです。

みなさんご存知のように、イエス様の洗礼式の後で、イエス様の人生は変わってきました。

大工さんの仕事を辞めて、福音宣教師になりました。

そのために、自分の故郷のナザレを出て、イスラエルの国をあちこち旅しました。

しかし、皆さん、今日のイエス様の洗礼が登場した目的は、歴史的な出来事を思い出すことよりも、カトリック教会は私達の洗礼を黙想するためでした。

洗礼について人々は、時々誤解をします。

沢山の人々が洗礼は人生の瞬間だけと考えています。

彼らは、洗礼が原罪を魂から取り去る役割だけだと考えています。

その役割も本当ですが、同時に洗礼は私達に命を入れることでもあります。

入れることは、新しい自信とアイデンティティです。

洗礼の後で、私達は新しい名前を授かり、人生に新しい使命を頂きます。

その時から、私達は神様を通して、イエス様と同じ仕事に呼ばれています。

その中で、一番大切なのは愛の業です。

私の専門は倫理ですが、その世界の中の有名な学者達、コールバーグとギリガンの共通の大切なポイントは、完全な人間になるために、周りの人々のための愛の行いを通して成人になることです。

イエス様の命はその実現が生き方です。

ですから、イエス様の洗礼の記念日を考えながら、日本の成人の日も似ているところがあると思います。

日本で20歳になると、お酒とたばこが法的に許されますが、それよりも日本の社会に社会人として貢献できる機会です。

今回新成人を迎えられた方々、おめでとうございます。

どうぞイエス様とマリア様の模範に従い、今よりももっと愛と平和がいっぱいの社会を作ってください。

人間の歴史はリレーに似ています。

前の世代からバトンを受けとり、走ります。

今回はみなさんのチャンスです。頑張ってください。

私もクリスマスの休みにドイツとオーストリアに行って、そのことを思い出しました。

行った目的は40年前に韓国のハンセン病病院にナースボランティアに行った時に、一緒に働いたカトリック系のオーストラリア人看護師達の映画を作るためでした。

二人はノーベル賞に推薦されましたので、私達は二人と共に働いた仲間として取材を受けました。

振り返って、私は間違った事もありましたが、その先輩たちのやさしい指導のおかげで正しい道を進むことができました。

本当に、この二人に出会えて神に感謝します。

そのドキュメンタリーを作りながら、黙想したことは、私達人間はお互いをつくると感じました。それは、私達の人格と模範を通してです。

私達の洗礼は心の中の滝に似ています。

ずっと私達を清めてくれます。

人生の目的はもっともっと愛一杯の人になることです。

今年は酉年です。

鳥が毎日卵を産むように、私達も毎日神様の栄光のために、愛の業を産みましょう。

 |  リブログ(0)

テーマ:

1月15日(日)

主日のミサ

10:00

主日ミサ

 

 

11:00

典礼・広報部会

 

 

12:00

80周年記念ミサ会合

 

 

     

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

 

1

16

(月)

06:15

ミサ

 

 

17

(火)

06:15

ミサ

 

 

18

(水)

06:15

ミサ

 

19

(木)

07:00

10:00

ミサ(聖心会)

入門クラス

 

 

20

(金)

10:00

18:30

教会清掃(3グループ)

ミサ

 

 

21

(土)

07:00

18:30

ミサ(入門クラス)

English Mass

 

 

22

(日)

09:30

10:00

12:00

教会学校

主日ミサ(子どもミサ)

運営委員会

 |  リブログ(0)

テーマ:

1月8日(日)

主日のミサ (神の母聖マリア)

10:00

主日ミサ(代理司祭)

 

 

11:00

福祉コーヒー

 

 

11:00

パン販売

 

 

     

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

 

1

9

(月)

 

 

 

 

10

(火)

06:15

ミサ

 

 

11

(水)

06:15

ミサ

 

 

12

(木)

07:00

10:00

ミサ/聖心会

養成クラス

 

 

13

(金)

09:00

18:30

教会清掃/2G

ミサ

 

 

14

(土)

07:00

18:30

ミサ/入門クラス

English Mass

 

 

15

(日)

10:00

11:00

12:00

 

主日ミサ

典礼・広報部会

80周年記念ミサ・チーム会合

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

1月1日(日)

主日のミサ (神の母聖マリア)

11:00

元日ミサ(代理)

 

 

 

 

 

 

17:00

教会施錠

 

 

     

 

 

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

 

1

2

(月)

 

 

17:00

 

 

教会施錠

 

3

(火)

 

 

17:00

 

 

教会施錠

 

4

(水)

 

 

17:00

 

 

教会施錠

 

5

(木)

 

 

17:00

 

 

教会施錠

 

6

(金)

10:00

10:30

17:00

初金ミサ(代理)

教会清掃/1G

教会施錠

 

7

(土)

 

 

17:00

 

 

教会施錠

 

8

(日)

10:00

11:00

 

 

 

 

主日ミサ(代理)

福祉コーヒー

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

2016年12月25日(日)

主の降誕

カトリック円山教会

ケン・スレイマン神父

 

第一朗読 イザヤ52・7-10

第二朗読 ヘブライ1・1-6

福音朗読 ヨハネ1・1-18、1・1-5、9-14

 

皆さん、メリークリスマス!!!

おはようございます。

私はとても忙しいですが、とってもメリーになりました。

なぜなら、これからアメリカに行って、良い友達に会うことが出来ます。

バブラと言います。

1977年から友達です。

最初に彼女が奇妙な人と思いました。

なぜなら、最初に出会った時に雨が降っていて、髪の毛が爆発して実験に失敗した博士のようになっていましました。

私は「あなたの髪すごいね」と言って怒らせてしまった事を覚えています。

バブラと私は看護師だったので、カトリック系のボランティアナースとして、韓国の国立ハンセン病病院で何年間か働いていました。

バブラも私もその体験から人生が変化しました。

私は神父になって日本に来ました。

バスラはニューヨークで専門職の看護師になって、卒業してから大学の保健室の専門看護師の仕事を行っています。

そして、その大学は世界中に系列の大学があって、学生達の健康を守るために、彼女は世界中を回ることになります。

バブラは英語、韓国語、ドイツ語、アラブ語も出来るので、とても優秀な人です。

残念ながら、私がいつも休暇の時、バブラは旅行に出かけていたのでなかなか会えませんでした。

今回会うのは10年ぶりです。

Eメールを通してコミュニケーションをします。

いつも、死ぬ前にスケジュールを合わせて会いましょうとお互いに約束しました。

そして皆さん、最近奇跡がありました。

何日か前にドイツのベルリンから夜中に連絡が来ました。

それは、私達が韓国でのハンセン病の病院に勤めていたころの映画を作りたいそうです。

このプロジェクトは最初にオーストリアでフィルムを作りたいという事で、映画会社の人がケンとバブラをアメリカからオーストリアまで呼びました。

1月最初の週に行って来て映画を作ります。

それと10年ぶりにバブラと会うことが出来ます。

お互いに約束を果たすことが出来ました。

ですから、今朝ケンちゃん神父はハッピーです。

皆さん、クリスマスの朝、神様の約束について黙想します。

旧約聖書の時代から神様も預言者達を通して、救い主メシアを送る約束をしました。

ユダヤ人信者達はそれを信じて長い間頑張っていました。

そして、マリア様とヨセフ様の協力のおかげでついに、今日2000年前に幼子イエス様がこの世にいらっしゃいました。

やはり神様も私達と約束を果たしてくれました。

そのために、聖書の別な名前は約束の本です。

「Promise Book」といいます。

友達の神父から聞きましたが、旧約聖書と新約聖書で神様が3573の約束を書かれてあるそうです。いっぱいですね。

ですから、聖書は人生の楽しい生活のためのカタログに似ています。

好きな事を望めば神様から祈りを通していただけます。

この沢山の約束の中で、一番大切なのは、神様が私たちを愛する事です。

それはクリスマスの重要なポイントです。

カトリックの宗教はどこで、神様を見つけるかについてです。

その答えは私達の日々の生活の中です。

例えば、学校、家、会社、病院などです。

ですから宗教は、この世の難しさを脱出するためではなく、新しい心を通して、頑張る精神です。

昨日の夜のミサの中で羊飼いたちが天使達を通して、幼子イエス様が生まれたニュースを聞きました。

どこでイエス様を見つけるか天使達が教えました。

そして、ようやく羊飼いたちが、天使達の教えの通り向かいました。

見てから、新しい力を頂いてそれぞれの場所に戻りました。

幼子イエス様に会ったことによって、生き甲斐を新たに見つけました。

仕事が同じでしたが、自分たちの生きる目的がすごく変化しました。

私達は彼らに似ています。

2016クリスマスを通して、イエス様の大切な生まれた目的を黙想してから私達もそれぞれの仕事場に戻りますが、すごく変化します。

神様がイエス様をプレゼントとして私達に送りました。

彼を通して、私達ももう一度生まれ変わります「Second Birth 」。

それを考えながら、私達は素晴らしい希望を持っています。

病気があっても、苦しみがあっても、難しいことがあっても神様が私達一つずつの問題から、回復させてくれます。

ですから、私達幼子イエス様をみて感謝します。

イエス様を通して、重要な学ぶことは、素敵な人間になるために、素晴らしい知識より、愛する能力がもっと大切です。

それは、イエス様の生き方でした。

どうぞ皆さん、来年まで私達もイエス様、マリア様、ヨセフ様にならって、毎日愛を通して生活しましょう。

メリークリスマス!!!

 |  リブログ(0)