カトリック円山教会のブログ

カトリック円山教会の行事報告・お知らせを掲載しています。


テーマ:

2016年12月04日 
待降節第2主日
カトリック円山教会
ケン・スレイマン神父

第一朗読 イザヤ11・1-10
第二朗読 ローマ15・4-9
福音朗読 マタイ3・1-12

 

 

皆さん、おはようございます。

今日ツリーについての話をします。

人間の歴史の中でツリーから色々な物語が出来てきました。

一番有名なツリーは楽園の中の、命の木と善悪の知識の木です。

この二つの木を通して、アダムとイブが誘惑に落ちて原罪が始まりました。

アダムとイブによって、木は不従順のしるしになりました。

そして、イエス様の従順さによって、木はまた素晴らしいイメージに変化しました。

もちろんその木は十字架です。

500年前から宗教革命のルターはその歴史を忘れないように、クリスマスの時にツリーを家で切って、家の中で飾りました。

飾る物は二つありました。

一つはリンゴです。もう一つは小さなろうそくです。

リンゴを通して、アダムとイブを思い出して、ろうそくを通して、救い主イエス様の光りを思い出しました。

信者達の教理のための目的でした。

500年後の今は、世界中クリスマスツリーが一つの伝統になっています。

ローマのバチカンも最近、バチカンの教会の前で25メートルの高いツリーが飾られました。

それは、北イタリアのトレンティーノの街からのプレゼントでした。

そして、パパ様が世界の自然環境のために心配しているので、トレンティーノの街に新しい苗木を40本送りました。

そして、カトリック小学校の子供達が植えました。

これから、飾り物をイタリアの小学校の子供達が作って送るそうです。

楽しいですね。

今日の第一朗読と福音はツリーについての内容です。

第一朗読は有名なイザヤによる預言です。

その大切な部分が「エッサイの株からひとつの芽が萌えいで その根からひとつの若枝が育ち」という箇所です。

皆さん覚えていますか?

エッサイはダビデ王のお父様でした。

神様がダビデに自分の王国は永遠に生き残ると約束しました。

そして、彼の種から救い主が生まれる約束もしました。

もちろん皆さん、それはイエス様についての文章です。

マタイによる福音1章にイザヤの説明がもっと詳しく書いてあります。

この伝統はエッサイの樹と言いますね。

ですから私達のクリスマスツリーもこの歴史も大切な役割を示します。

沢山の聖書の人物は、イエス様の祖先でした。

この方々が作った歴史は、木のように成長しました。

ついに、一人一人の貢献のおかげで、イエス様はついに生まれました。

それを理解しながら、クリスマスの飾りも私達のために、霊的な準備ができます。

旧約聖書の人物の中で、大体は良い行いをしましたが、時々失敗をしました。

その時神様の赦しを求めて、自分の間違いを認めて、新しい出発をしました。

それは、今日の福音の箇所の洗礼者ヨハネのメッセージと同じです。

洗礼者ヨハネも樹について語りました。

「斧は既に木の根元に置かれている。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。」

私達が生まれた目的は、神様のために良い実りを造ることです。

もし悪い実りがあれば、待降節の中で赦しの秘跡を受けることができるので、どうぞ皆さん、クリスマスの前に心を改めましょう。

この行事のため励ますために、今週、美しい祝日があります。

無原罪のマリア様の祝日です。

マリア様の模範を通して、私達も立派な信者としての姿を表します。

マリアさまは神様の素晴らしい恵みによって、無原罪の状態で表しましたが、私達がその方法で生活するかは選択です。

マリア様が2000年のカトリック教会の歴史の中で、表した目的は私達も罪のない生活を励ますためでした。

考えると、罪の源は私達の我儘な心です。

私達は自分の満足のためにがんばります。

その態度とマリア様は違いますね。

2000年前にマリア様は天使が表れたときに「わたしは主のはしためです。お言葉通りに、この身に成りますように。」と答えながら、神様の意思を満たすために生活しました。

御主人のヨセフも夢の中で神様のメッセージをきいて、妊婦さんのマリア様を守る約束をしました。

マリア様も、ヨセフ様も多くの人々の救いのために愛を通して生活をしました。

私たちのために素晴らしい模範です。

皆さん、マリア様とヨセフ様の愛の精神を持ちましょう。

最後にもう一つのツリーについてお話ししたいと思います。

さゆり幼稚園の玄関の前のイチョウの木について賛美したいと思います。

教会の先輩の信者さんから、聞いた話ですが、このイチョウの木は、カトリック円山教会が建て直す前からある歴史的な木です。

ですから今日、その木を少し飾りました。

なぜ私がイチョウの木の話をしているのでしょうか。

明日から、愛するカトリック円山教会の80周年の記念が始まります。

先に私はエッサイの木について話しをしましたね。

それと同じように80年の中で、素晴らしい司祭達、信者達、先生達、子供達によって、この教会の歴史の成長に貢献してきました。

私達はその木の先に住んでいます。

このような記念日の時に、私達は二つの面を見ましょう。

過去に今まで頑張ってきたカトリック円山教会に貢献した人に感謝の気持ちをもちましょう。

そして、現代の私達は、未来に向けて神様がカトリック円山教会にどんなことをしてもらいたいか、祈りの中で見つけていきましょう。

これから来年まで毎月記念の特別なイベント行う予定です。

そして来年、11月26日、王であるキリストの祝日に素晴らしく楽しいミサを行う予定です。

今週、私はエミール神父様と電話しました。

彼がそのミサに参加することを約束しました。

とても楽しいと思います。

どうぞ、その日のために、今までよりもっと楽しく愛一杯のコニュニティーを造りましょう。

ありがとうございます。

 |  リブログ(0)

テーマ:

12月4日(日)

主日のミサ(待降節第2主日)

 

09:30

教会学校

11:00

ミニバザー

10:00

主日ミサ

 

 

11:00

福祉コーヒー

 

 

     

 

 

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

 

12

5

(月)

06:15

ミサ

 

 

 

6

(火)

06:15

 

ミサ

 

 

 

7

(水)

 

 

 

 

 

 

8

(木)

07:00

10:00

 

ミサ/聖心会

養成クラス

 

 

9

(金)

09:00

18:30

教会清掃/2G

ミサ

 

 

10

(土)

07:00

11:00

16:00

18:30 

ミサ(入門クラス)

結婚式

共同回心式

English Mass

 

11

(日)

09:30

10:00

11:00

 

 

12:00

教会学校

主日ミサ

パン販売

ブロック例会

典礼部会

80周年記念ミサ会合

 |  リブログ(0)

テーマ:

2016年11月20日 
待降節第1主日
カトリック円山教会
ケン・スレイマン神父

第一朗読 イザヤ2・1-5
第二朗読 ローマ13・11-14a

福音朗読 マタイ24・37-44

 

皆さん、おはようございます。

今日から、カトリック典礼の新しい年が始まります。

日本では干支ですが、カトリック教会がA、B、Cスケジュールのローテーションなので、今年はA年が始まります。A年の中で、マタイによる福音を読みます。

マタイはイエス様の弟子でした。

マタイは徴税人のユダヤ人信者でした。

彼の福音の特徴は、旧約聖書の中の救い主が来る預言をこの福音の中で詳しく説明します。

ユダヤ人にとって旧約聖書の中で一番大切な本は、モーゼが書いた五書でした。

その内容は、どの方法で神様が人間を創造して、人間が罪で落ちて、そしてモーゼを通して解放して、約束の地に導かれた物語です。

マタイによる福音はモーゼの五書に似ていますが、スターがモーゼではなくイエス様です。

マタイによる福音は5つのパートに分かれています。

マタイにとって、神様がイエス様を通して、世界をリスタートしたと信じています。

そして、イエス様のご復活を通して、人間をまた楽園に戻ることが出来るようになりました。

マタイの書き方を通して、賢いユダヤ人信者達が、イエス様が救い主であることに理解しやすくなりました。

なぜなら、イエス様が旧約聖書の中の救い主である預言が、実現されたからです。

例えば、有名なイザヤ預言者の救い主についての預言です。

ユダヤ人たちは、救い主は素晴らしい力のある政治的なリーダーだと待っていましたが、イエス様は優しい王様でした。

暴力ではなく、愛を通して人間の心を変化させました。

偶然ですが、イエス様は大工さんでした。

大工さんは人々に必要なものを造ります。

ですから、今日のイザヤからの箇所は「彼らは剣を打ち直して鋤とし 槍を打ち直して鎌とする」です。

それと同じように、2000年前に行われた十字架の死刑はとてもつらい死刑のシンボルでしたが、イエス様の犠牲を通して、素晴らしい愛のシンボルに変化しました。

私達イエス様愛する信者達は、彼と同じように周りの人々を助けながら、色々悪いことから救うべきです。

今日の福音の中で、イエス様はノアの話に登場します。

ノアが旧約聖書の中で、箱舟を通して、自分の家族と自然を守りました。

私達の時代の教会は、ノアの箱舟と同じ役割です。

それは、私達愛する家族たちと自然を守り、愛することです。

この尊い使命を一生懸命頑張りましょう。

 |  リブログ(0)

テーマ:

11月27日(日)

 主日のミサ(待降節第1)

09:30 教会学校

10:00 主日ミサ

 

        

    

    

11:00 福祉納豆販売

12:00 運営委員会

   

★  今週の予定 ★ (掲示板などで再確認してください)

 

11月

28日(月)

06:15 ミサ

10:00 絵手紙

 

29日(火)

06:15 ミサ

 

30日(水)

06:15 ミサ

12月

1日(木)

07:00 ミサ(聖心会)

10:00 入門クラス

 

2日(金)

10:00 ミサ(初金)

10:30 金曜作業グループ

 教会清掃(1グループ)     

 

3日(土)

07:00 ミサ(入門クラス)

18:30 English Mass(英語ミサ)

 

4日(日)

09:30 教会学校

10:00 主日ミサ(待降節第2)

11:00 ミニバザー

     福祉コーヒー

 


テーマ:

2016年11月20日 

王であるキリスト
カトリック円山教会
ケン・スレイマン神父

第一朗読 サムエル下5・1-3
第二朗読 コロサイ1・12-20
福音朗読 ルカ23・35-43

 

皆さん、おはようございます。

今朝は素晴らしい二つのイベントを祝うために集まっています。

まず、今日は王であるキリストの祝日です。

この祝日は91年前に始まりました。

なぜなら、当時の世界は神様の心から遠くにいたからです。

ドイツでヒトラーのナチスの精神、イタリアのムッソリーニはファシズム、ロシアではスターリン共産主義の精神が広がっていました。

この三人のリーダー達によって、人々の自由を奪っていました。

教皇様が世界の人々の心の不安を減らすために、イエス様のパワーを忘れないために、王であるキリストの祝日を作りました。

国々のリーダーたちは人々を強制しますが、イエス様は人々の心のリーダーなので、喜びと希望が無くならないことが目的でした。

今、私達2016年の人々はそんなひどい政治の雰囲気はありませんが、生活のストレスなどで、不安を感じる事もあると思いますので、王であるキリストを信じることによって一つずつの問題を乗り越えていける力になります。

まず今日の王であるキリストの祝日を祝うためにお御堂の十字架のイエス様の像に冠を被せました。

そして、イエス様の王であるキリストを説明するために、ちょっと楽しいことをします。

帽子のファッションショーをします。

どうぞみなさん、私達の愛する子供たちのモデルを御覧ください。いろんな帽子をかぶって登場します。

拍手でお迎えしましょう。

帽子には歴史があります。

ある帽子の目的は、人の頭を守る役割があります。

例えば、建築する人、消防士、軍人、カウボーイの帽子などです。

また、役割を示す帽子もあります。

例えば、飛行機のパイロット、看護師、警察官、タクシーの運転手、ホテルマンなどです。

他の帽子は相手の人々の安全を守るために使います。

それはコックさんの帽子や手術室の帽子などです。

そして特別な帽子もありますね。

卒業式での学位帽などです。

そして日本のお祭りではねじり鉢巻きなども伝統的な帽子のようなものですね。

楽しい気持ちが表れるものですね。

また、社会のイベントのためにも帽子がありますね。

お葬式のときには黒い帽子を被ったりします。

アメリカの文化ではご復活の日を祝うために、必ず女性達はイースターボンネットを被ります。

欧米の場合、競馬場に行くときは、男性、女性達ともに高貴な帽子を被ります。

皆さんどんな帽子を被っていますか?

帽子は自分の任された仕事の印です。

日本では、小学生たちも帽子を被っていますね。

イエス様の冠はなんという意味でしょうか?

イエス様が私達の王様としての意味は、彼が私達の命を導き守る意味を含んでいます。

彼は私達の現世と将来天国でのリーダーです。

イエス様は私達の体と心のニーズを両方満たすとても優しい王様です。

私は子供の時に、弟2人と遊ぶときよくキングアーサーと円卓の遊びをしました。

50年前にあった映画やアニメの物語で、特に男子に人気でした。

キングアーサーは社会の悪い問題を乗り越えるために頑張りました。

そして良い軍人がいれば、剣で祝別のように肩をタッチし、「あなたは剣の騎士になりました」と言いました。

その後で、彼のテーブルで一緒に食事をすることが出来ました。

やはり、キングアーサーはその儀式を通して、自分のパワーを分け与えるという印でした。

偶然ですが、今日の初聖体拝領式はキングアーサーと円卓に似ています。

2000年前にイエス様が私たち皆の心を高めるために、自分のパワーを配りました。

それがご聖体の意味です。

私達がご聖体を頂けば、イエス様と同じ力と心を頂きます。

本当にこの儀式を通して、どのくらいイエス様が私達兄弟姉妹の人間を愛するか、感じることが出来ます。

今日、イエス様が私達の新しい4人の騎士を呼ばれました。

本当にハッピーディですね。

今日のために長い間協力して勉強しました。

みなさんの熱心な心をみて、とても嬉しかったです。

皆さんもイエス様と同じような慈しみを持った心を通して教会の中、家庭の中、学校でも、愛と優しさを示してください。

そうすれば、あなたの王であるイエス様が天国で喜ばれます。

頑張ってください。

私達先輩たちは皆さんを導き助けます。

今日はおめでとうございます。

 |  リブログ(0)