1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-21 10:53:58

右?  左?  エスカレーターのマナーは消滅??

テーマ:ブログ

エスカレーターの片側を空けるマナー。

 

東京は左に人が立ち、右側を空ける。

 

大阪はその逆で、右に立ち、左をあける。

 

東京から新幹線で新大阪の駅に降りたとき、一瞬戸惑ったりします。

 

しかし、国際的に見ると大阪と同様の左を空けるという マナーが圧倒的に多い。

 

ではなぜ同じ日本なのに東京と大阪ではマナーが異なるのか。

 

大阪は60年代後半から阪急電鉄が、エスカレーターやムービングウォークの導入後、

 

「お急ぎのお客様に左側をお開けください」というテープを流し続けて、関西人を教育したのでした。

 

たぶん、阪急はアメリカなどの海外をお手本にしたと思われる。

 

 

東京はなぜ右をあけるのか?

 

アメリカの車両は右側通行なので左が追い越し車線。日本はその逆で追い越し車線は右。これに準じているのだと思ってました。

 

実際、日本と同じ法規のオースラリアではエスカレーターのマナーも日本同じようです。

 

しかし、日本と同じ法規のロンドン、香港は右立ちの左開けです。

 

このように左右、場所によって異なるマナーですが、エスカレーターでの転倒事故が多いため、エスカレーターでの歩行を禁止する方向にあるようで、今後、空港や駅でキャンペーンが展開されるそうです。

 

左右どちらかを空けるマナーが消滅する日が近づいているということのようです。

 

ニューヨーク、メーシーズ百貨店の木製エレベータ。デパートではゆっくりと乗りたいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-11 10:48:40

炒飯の万博

テーマ:ブログ
昨日、一昨日のウルトラマンのイベントで杉並公会堂がある、荻窪駅界隈に行ったのですが、このあたりには不案内で、十年以上前にPプロの鷺巣さんがご存命の頃に打ち合わせで二度ほど来たくらいでした。

そんな不案内なエリアでランチとなり、最初は久しぶりに隣の駅のパイナップルラーメンにでも行こうかと考えたのですが、ありました、ありました、面白そうな店が。

その名は「 炒飯の万博」。炒飯の専門店です。午後一時を過ぎた頃、6人席のカウンターと四人掛けのテーブル二つの店内に入ると、幸運にもカウンターの手前がひとつ空いていた。ぼくの後の人たちは店の外で待つことになったようだ。

店内は天井に万国旗が飾れていたり、太陽の塔のミニチュアなど、万博グッズが置かれていたりします。街の中華屋さんのように、待っている間お客さんが読むコミックや雑誌の棚があるのですが、その中になにげなく、当時ものの大阪万博公式ガイドがあったりします。
ご主人が万博マニアなのでしょうか。


メニューには本当にいろんな炒飯がある。こういう時、スタンダードなものもいいけど、邪道なものについつい手が伸びます。チーズカレー炒飯もいいなと思いつつ、注文したのは、黒酢豚炒飯。

酢豚好きにはたまらないメニューです。炒飯をオムライス風に卵でくるみ、全体的に酢豚であんかけ風にしています。

あんかけの炒飯は普段は食べないの新鮮な感じ。

お味は思ったよりあっさりした味付け。

けっして酢豚をそのままかけているのではなく、あんかけ炒飯のあんとしての味つけになっています。

一緒に赤い福神漬が付いています。家では福神漬は酒悦派ですが、この炒飯にはなぜかこの真っ赤な福神漬があいます。

今度荻窪に行く時は、スタンダードな炒飯も食べてみよう。

/font>


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-08 12:03:13

 漆黒オブジェコレクション

テーマ:ブログ
新製品のご案内。









https://youtu.be/aFzt5YRDK2c



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。