百合農家な日々

 高知でユリとかやりゆう


テーマ:
んー、今回はこれまでのKLF(高知県リリーズファミリー)の流れをすこーしおさらいしてみるかね。

設立当初は正に混迷期でユリはやべーから底支えせんといかんのやないか?とか、全国規模の取組に対応できる県域組織が必要なんじゃないのか?とか、なんか新しい事やろうや?とか、でもなにするん?みたいな感じで、この先ちょっとユリ業界雲行き怪しいっぽいぐらいに薄ーい意識は通底してとは思うけど、そこまで強い目的意識があった訳じゃない。

だもんで、会員より周りの方々の方が期待して見てたとこもあったとおもう。もちろん会員の中にも何かしらの考えを持つものもいたけど。

そんなばらけた目的意識とモチベーションの中、できたけんど何しよっか?がスタートする。

スタンダードにこれまでの延長線上でやろうかと言うわけにもいかんのがスタートアップ組織の常。とりあえず他の花の協議会の動向をみたり外部提案に乗っかる形で行動し初めて見た。面白い外部提案の中に高知県内のホテルがブライダルフェアをやるから参加しないか?と言う提案や披露宴でのテーブル装飾に使うユリを提供と準備協力要請なんかがあった。ユリの全国生産本数二位の高知県ではあるものの県内での認知度はすこぶる低かったのでこれらの外部提案は良い機会でもあった。しかしながら生産者の意識は残念ながらこれらの提案に参加するほど高くはなかった。実際ブライダルフェアに参加したのは会長夫妻で他の生産者はユリの提供にとどまった。披露宴の件についても花材の提供はしても現場にくる生産者は少なかった。

おそらくは高知県リリーズファミリーができても何をすればよいかよくわからなかったり役割も理解できていなかったかもしれないが、少なくとも生産者の士気はそこまで高くなかったのだろう。やる気があれば現場に来て何をすればよいか聞くだろうから。

このブログにも少し書いたけど、どうやら農協を通じた生産部会は完全分業をまだ信頼していたのかもしれない。完全分業が機能して結果を出せていれば農協をの合併など起こりはしないのだが。ベトナムと中国雲南省の生産現場を視察したけど農家の仕事は作り運び売るまでが一連になっていた。ユリは球根ビジネスが世界規模であるおかげでユリ切り花輸出入は少ない。よって海外のユリ切り花生産者と競争にさらされることは輸送コストが壁になる限りない。でももし壁にならなかったら。。。。

話を戻す。生産現場から出ない生産者が新しい取組に参加しようともするはずはない。生産者は生産を理解しそれ以外は理解する意欲が高くないようだ。しかし、高知県リリーズファミリーは多くの生産者が会員なのだ。会員が意欲を持って取り組まなければ意味は無い。彼らが取り組みたい事は何か、それは他の生産者の生産現場視察だった。これまで個人部会問わず年間2回3回現地検討会の名目で行っているが非常に、高い参加率を誇っている。高知は東西に長い地形のため東の産地、西の産地を見ようと思えば2時間以上車で移動しなければならないのに毎回生産者の参加率は高い。なかなか一人で見に行くにも気を遣う所でもみんなで行くなら行ってみたい気になるのかもしれない。おもしろいのは頼まれたら視察オーケーしてくれる生産者だらけという点だ。これは球根の仕入先がほぼ同じということや長くテッポウユリを作ってきた地域という土台、並びにオリエンタルが比較的新しい品目であり、生産者同士が教え合い飲み合う間柄だという事も効いていると思われる。

そう、高知県リリーズファミリーの会員は産地視察が大好きであると思っていた。が、他にも意欲が高い取り組みがあった。

が次回にしとく。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
KLFの中で分科会や総会準備、サミット準備をやりよって思うた事がいろいろあるんでちっくと書く。

完全個人出荷でやりよったら農協の部会で決めごとをして業務に落とし込むことが全くないのでKLFでの経験は新鮮なが。けんどおかしいなあと思うこともようあって、一つに生産者がモチベーションを持てて無いことがある。単純にやりたくないなら農業やめて勤め人になればいいやんて思うけど、そうするもんもほとんどおらん。おそらく、勤める自信やモチベーションもないんやなかろうか。

やりたくないやりたくないで農業やりよったら自事業を発展成長させようとも思わんしサプライチェーンや関連業界に対して興味ももてんなるろうと思う。

けんど残念ながらこんな生産者は少なくない。

KLFの総会で分科会を二年続けてやったけんど、比較的議論に参加するのは40台50台で20台30台はおとなしい。なんでかなと考えてみた。推論やけど、栽培管理のみならず経営管理までやりゆう層は業界についても理解があるので議論に参加しゆう。でも、まだ一部の業務しか任されてない層は議論に消極的なんじゃなかろうか。ちなみに60台以上になってくるとどんな場であろうが性格まで出して議論参加する人もおる。経験から来る自信があるんやろう。

ただ議論参加に積極的な人も、例えばアマゾンにKLFのサンプル店舗構えて毎月違う商品作ったりカスタマーと積極的にコミュニケーション取ろう!とかは絶対言わん。そんな事ゆうのは生産者じゃない人。頑張っても市場とのつきあい方や生産テクニックまで。議論参加に消極的な人も上の例については理解できるけどやる気がない。

この状況ではなかなか新しい事を始めるのは難しい。

ふーむどうしたもんかと考えるけど、もう少し話を聞くのがいいのか、話しやすい場を作るのがいいのか、実際にやって見せるのがいいのか、全く関係ないスカイダイビングに誘うのがいいのか、小難しい。

でも飲ましたらしゃべる!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いやはや盆明けからの安値でえらい目にあいました。彼岸前ぐらいに回復してきたけど久々に二桁を見たなあ。年末に向かって良い値動きを期待したいところ。

では、今回は地元高知の農業について少し。

最近は高知の農協は一つになる予定で動きゆうけんど、これまではそれぞれの農協の生産部会から荷物を集めて園芸連が全国各市場に送り販売していくスタイルやったがよね。農家は作りにのみ専念し農協や園芸連は販売促進にのみ専念しよった。

いわゆる分業体制で進みよった。

分業体制のえいとこは集中して自分の業務にあたれるところ。おらんく大将の農家のおんちゃんにはこれがむいちょったのかもしれん。農協も園芸連も生産には触れない、耕作リスクはないので売りに集中できた。

ただ分業体制は縦割りのため市場の要望や需要予測が生産の現場まで届くのに時間がかかるのが難点だったりする。理由として作りをわかっちゃあせん奴があーしろこーしろと言うても大将には通じない、仮に聞いたとしても売れんかったらリスクは大将にのみくる。逆に売値がやすくなっておかしいと農協園芸連に問うても、こうすれば絶対売れるとは彼らはいえない。彼らはリスクをかぶりたくないから。

結局、リスクの押し付け合いになって顧客が置いてけぼりになる。

どちらのリスクも上手にコントロールした好事例として馬路村がある。生産リスクも販売リスクもかぶって俺がやると言える人間がおり、市場にうまく刺されば結果として自立でき合併しなくとも良くなる。無論、農協関係なくすべてのリスクを自分でかぶり成功した農家さんもたくさんおる。リスクの押し付け合いをすれば市場から離れていき、まとまらないと生き残れなくなる。できあがるがのJA高知県。リストラは避けられそうになく、コストカットに注力していくことになるろう。リスクを引き受けるタフな人が沢山現れられたら状況は変化するだろうけど。

農協組織の問題はこんな感じであるんやけど結局損をするのは農協にリスクを押し付けた農家なんよね。損する前に自分で動いた方がリターンでる確率が高いとはおもうんやけど簡単にはそうならんがやろうね。長いこと分業体制でやってきたろうきねえ。問題の先送りしても英雄が現れる事を期待して今回は以上。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。