こんなに春が待ち遠しい年もなかなかありませんが、皆さんお元気ですか?呑美姐です。

先週末、産業能率大学からの派遣で、大阪へスクーリングに出かけてまいりました。

関西で日本酒をお伝えするのは初めてです。
しかも21歳くらいの若い学生さん。
でも事前学習テストも最終試験も容赦なく、社会人と同じ内容です。

場所は難波。久しぶりに訪れました。
昔、大阪に2ヶ月に1回くらい遊びに行っていた時期があって、こういう時には役に立ってるなーと思うのです(^_^)
少し土地勘ができているので。 
人生、何も無駄なことはないのですね。

関西に行くと女性が関東の方と違うなーと感じます。
昔からですが、電車に乗っても何だか明るい。
洋服とか髪の色、メイク、顔つきも違います。
この違いは何だろう?といつも思います。
言葉の違いなのでしょうか。
東京に来るとモノトーンですね。

大阪の学生さん達はグループワークをやらせてもやはり面白い(笑)

大阪娘達のパワーに男子がタジタジ。
しゃべらん漫才やっているようです。
女子達が「はよ決めやー!」で男子が
「は、はい」的な。

彼女達が30年後、大阪のおばあちゃんになっていくのですねー。

これはどこの学校でも同じですが、授業をきちんと集中してくれている学生さんはやはり試験のできがいい。
前から見ていると目でわかります。
学生の皆さん、ちゃんと見られてますよー!

集中して聞いてくれているので学習態度の点数を、上げてあげようと思うのですが、テストの点数がいいのでその必要がなく、いい成績をとってきます。
そしてきっと彼らは社会人となってもうまくやっていける。

集中して聞いてくれている学生さんが悪い点数を取ることは、まずないですね。

いろんなことに興味を持ち、アンテナを高く張り、真摯に向き合うことでこれからの人生にいろんな可能性が持てることを、まだまだ気づいていない年代。

私だってつい最近ですものね。それに気づいたのは。

若い学生さん達に教えることに不安がありましたが、人生の先輩としてもそういうことを伝えていけたらなーと感じています。

授業の終了後は、少し歩いて道頓堀へ。
グリコの看板も久しぶり!



相変わらず人が多いですが、かなり多国籍になっていました。
日本人はどこ?みたいな💦

カニも健在でした。




外国の方は声が大きいので、目立ちます。

外国の方が多くなっても、日本人は日本人としての文化を残していきたいですね。

恥じらいの文化や、和を尊ぶ文化。
外国の方がやっているからいいや、ではどんどん日本らしさがなくなってしまうような気がします。

大阪もものすごい人で夕食難民になりそうでしたが、心斎橋の大丸で釜飯にありつきました。

美味しかった‼️








今週末は、また伊勢崎に遠征です。

どんな学生さんに会えるのか、楽しみです。
先月教えて学生さんとの再会も楽しみ。
頑張るぞー!





ご無沙汰しております、呑美姐です。
骨折した左手首もだいぶよくなってきました。
あとはリハビリ次第、というところでしょうか。

先週、産業能率大学からの派遣で、群馬自動車大学校さんへスクーリングを担当させて頂きました。

20歳の男子47名と女子1名、48名の若い世代に日本酒を教えるのは初めてのことです。

まあ、授業も聞いてもらえないだろうし、てきとーな感じなんだろーなーと思っていましたが、学校に着いてみると、私たちへの挨拶はきちんと立ち止まって「おはようございます!」と爽やか!
しかも皆さん、スーツで受講してくれています。
さすがに歴史ある学校。

一級整備士さんを育てる大学なのですが皆さん、就活中の様子でした。
社会に出た後の、上司とのお酒の付き合い方などもお話しさせて頂きましたが、事前学習テストも最終テストも社会人の皆様と同じように仕上げてくれたので一安心。

問題はもちろん一緒。
きちんとノートを採ればできるよ!と最初に話したので、真剣に受講してくれました。

その中でもピカ一に優秀だった学生さんがいました。
レスリングをやっているそうで、まったく寝ることもなく、目をキラキラさせて一生懸命聞いてくれました。
最後に「一生懸命聞いてくれてありがとう」とお礼を言うと、「こちらこそありがとうございました!」と頭を下げてお礼を言ってくださり、涙出そうになりましたよー。

講師はしゃべりっぱなし、立ちっぱなしのつらい職業ではありますが、こういう学生さんがいると疲れが飛びますね(^_^)

1/21には群馬泉さんに見学に行って来ました。
群馬泉さんは酒造りの期間が比較的短く、もろみのある時期に伺えるのは珍しいことです。

泡あり酵母が元気に発酵しておりました。




麹室の中も見せて頂きましたー。



群馬自動車大学校でスクーリングをすることを伝えると、「並行複発酵とか難しいことよりも、酒というものをきちんと造っている国は世界中でも少なくて、料理と合わせられる国はさらに少ない。日本酒造りは難しいし大変。でも日本にはその文化がある、素晴らしい国だということを伝えてきて」と言われました。

自分の国にいるとなかなかそれが見えないですよね…
若い世代にはもっと外にでて日本の素晴らしさを勉強してほしいと思うのです。

また来月、群馬自動車大学校の皆さんにお会いできるのが楽しみです!


何事も経験ですな

テーマ:
ご無沙汰しております、呑美姐です。

先週末は心のおけない酒飲み友達と沼津に旅行に行って来ましたー!

沼津に行く最大の目的は「美食倶楽部蓮」さんです

http://www.numazu-ren.jp/smartphone/

蓮さんの大将の伊藤さんとは利酒師になる前からのお付き合いなので、もう13年以上にはなりますね。
その当時は、「西庵」さんというお店でお店も北口にありました。
その当時からお料理は素晴らしかったけど、毎回毎回、行く度にバージョンアップしたお料理を提供してくれます。

最初の頃は「利酒師ってどうですかねぇ」なんて相談していたのに、利酒師になり酒匠になり、カルチャーの講師、ラジオのパーソナリティーになり、大学の講師になるなんて思ってもみたかったと思います(笑)

今回のお料理はこんな感じ。











〆はお腹に合わせて、お寿司かお蕎麦、もちろん両方のハーフもやってくれます!

香箱ガニのかぶら蒸しが絶品!

お酒ももちろん美味しく頂きます。






いやー、素敵な夜でした。
年に一度くらいしか行けないけど、三回くらい行きたいなぁ。

さて、年末、仕事と忘年会に突っ走ろうと思っておりましたが、火曜日の夜、外で思いっきり転倒して、左手首、絶賛骨折中です(笑)

初めてのことなので、ストレスたまりますが、前向きに治していくよー!
イベントも普通通りです。
動きがぎこちないですがすみません💦

4週間すれば普通の生活を送れると思います。
よろしくお願い致します。



秋を通り越して冬になってしまったようですが、皆さんお元気でしょうか?呑美姐です。

先週の土曜日、五反田のSAKE storyさんで産業能率大学のメディア授業のロケをさせて頂きました。








サービスに重点を置いて、店主の橋野さんにインタビューをいたしました。
さすが、昨年の第1回ミスター酒コンテストグランプリ。大変落ち着いてインタビューに答えて頂きましたよー!

イメージ画像も撮らせて頂き、絶対にいいVTRになると思います。






メディア授業と私のスクーリングで使わせていただく予定です。

橋野さんはあまり季節ごとのプロモーションは考えていなくて、その時に合ったお酒、橋野さんのフィルターを通してご縁があったお酒をご提供しているそうです。
ご自分の感性を非常に大事にされている方なんですね…

痒いところに手が届く、ではダメ、お客様が「かゆくなってから」では遅い。
お客様に目を行きどどかせて、痒くなる前にサービスをすること。

が橋野さんのモットーだそうです。

サプライズ、いたずら好きの橋野さん。

ますます楽しませてくださーい‼️

SAKE storyさんのホームページはこちら。

http://sake-story.com/


必ず楽しいことが待っています。
ぜひおでかけください。  予約必須ですよー!







専務、またね!

テーマ:
またまた台風が近づいておりますねー。
低気圧で頭痛がしている呑美姐です。

月曜日、神亀の小川原専務を偲ぶ会に参加させて頂きました。
全量純米蔵を目指す会からご案内を頂戴できることは本当にありがたい限り。

専務は晩年、お医者様から止められていたお酒を1日一合なら呑んでいいよ、とお許しが出たにも関わらず「三合呑めないと呑んだ気がしない」と口にしなかったそうです。
そして「三合呑めるようになったら大宴会を開く!」と奥様に宣言されていました。

願いは叶いませんでしたが、専務の遺志を継いで250名という大宴会!

鏡開きまで行いました。



最後は農大卒業生による大根踊りまで!
南部美人の久慈さん弟がめっちゃ素敵‼️(笑)
いっぺんにファンになってしまいました。






冒頭、専務のインタビューが流れ、涙💧
あの声を聞くとよく怒られ、励まされ、諭されたことを思い出します。




優しい方でした。
きついことばを言っても必ずフォローしてくださる方でした。

向井酒造さんに見学に伺いたいと言うと蔵に連絡してくださり、「伝えておいたから行ってこーい」と連絡をくださいました。

阿波山田錦の田んぼ見学ツアーにもご一緒させて頂きました。

神亀ご一行の中に名前を記載してくださり、丸一日、朝から夜のカラオケまでご一緒させて頂きました。

「いいか、燗酒を呑むときは平盃、女性は首から歳を取る、男性の前で顎を上げてはいけない、弱味を見せるな、思い人と一緒に呑んでいるときには目線をはずさなくても呑めるだろ、ぐいのみを差し出す男とは呑むな」という言葉が一番印象に残っています。

今は「飲食店が多すぎる」「料飲店を目指さないと。
お酒は料理の旨味を引き立てるもの。お酒が前に出てはいけない」といつもおっしゃっていました。

東日本大震災の翌日も蔵に呼んで頂きました。
いろんな蔵から被害状況の電話が入り、専務が慕われていること、頼られていらっしゃることを痛感した一日でした。

専務とのお付き合いは7年ほどでしたが、私の財産です。
こんな未熟者の私にいろいろ教えて頂き、ありがとうございました。

「嘘を教えるなよ」といつも言われてます(笑)
大学で日本酒を教えるようになりました。
専務が私に伝えてくれたこと、学生さんに少しでもお伝えできればと思います。

専務、また呑みましょうね!
楽しみにしています。




ほんとにありがとうございました。
燗謝。