調布FM ニッポン!呑んだくれNight!パーソナリティー 呑美姐(nomi-ne)のブログ

日本酒でニッポンを元気に!利酒師、酒匠として活動中、ニッポン!呑んだくれNight!パーソナリティー、呑美姐のブログです。


テーマ:
今日は今年最高の気温になりそうとか…
でも豪雨で被害に合われた方のことを思ったら暑さなんて我慢できます。 
心よりお見舞い申し上げます。

さて7/1~2にかけて産業能率大学のスクーリング講師を担当してまいりました。
今年から担当しておりますので第一期生となります!

若い方から60代くらいの方までさまざまです。
「日本酒を勉強しにきたー!」という方と「とにかく単位をいい点数で!」という方も。

黒板を書くということに最初慣れなくて「光って見えません」という事態もありましたが、少しずつ慣れて、大きく、濃く書く、ということを意識づけました。

私は日本酒のことを少しでも皆さんに伝えたい、学生さんの中にはそうでない方もいるのです。
もちろん試験対策もしながら、でもやはり日本酒の知識を伝える、ということを第一目標にしたいと思います。

グループワークもしてもらいましたが、9グループ、全部違うシュチュエーションで取り組んでもらいました。

「初月給でご両親をお寿司やさんにつれて行った時にオススメする日本酒は?」

「ミシュラン1つ星のフレンチレストランで40代二人組の女性にオススメする日本酒」

などなど。

あとの細かいシュチュエーションは学生さんたちにお任せ。
国籍や細かい年齢、勤務先など、面白い設定が出て来て楽しかったです。

実現できるできないに関わらず、個性を発揮してください。自分の持っている他の資格とコラボしても構いません。
楽しいプレゼンをお待ちしています!

という課題に皆さん応えてくれました。
寸劇もあり、ほー!という商品開発やネーミングもあり、面白かったです‼️

皆さんお疲れ様でした。

さて、採点も講師の役目です。
これにはなかなか興味深い結果が出ました。

なるほどなーという印象です。

最終試験の答案用紙の皆さんの感想を読ませて頂き、「あー、やってよかった!」とじわじわと感動に浸っております。

利き酒師を取ります!という方も何名か。

少しは協会の役にも立ちましたかね。

担当スクーリングは、

次回はなんと来年(*゚Д゚*)


産能大学と地方の専門学校さんから三本ご依頼があったようです。

まずは体調管理に頑張ります!


さて、今週のニッポン!呑んだくれNIGHT!は先週に引き続き、元宝塚歌劇団のが2名がゲストです。
先週の放送を聞く限り、女子パワーがすごい(笑)
塾長タジタジ💦という印象でした。
さて、今週はどうなりますやら…

お楽しみに‼️






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
梅雨入りですね。 
この時期は湿度とダニ、カビのアレルギーで咳が出る呑美姐です。
酒量も減ってしまいますショック

さて、この週末に京都へ一泊二日の弾丸ツアーで行って来ました。
目的は京都の今宵堂さんです。

お二人との出会いは7年ほど前、まだ酒徒庵のわびちゃんが蕨でちょうげんぼうという居酒屋の店長をやっていた頃。
ジャズ兄さん達が今宵堂のご夫妻を会に招き、酒の会を開催していた日にたまたま私もちょうげんぼうさんへ。
そこでお二人をご紹介して頂きました。
とても感じのいいご夫妻で、素敵な酒器をその当時から作っていらっしゃいました。

いつかアトリエにお邪魔したいと思って7年。やっと伺うことができました。

京都駅から地下鉄で北大路駅へ。
10分ほど歩くと民家の中にアトリエがありました。
2階が住居で1階が工房です。

平日は製作に専念されているのでアトリエはオープンされていませんが土日は開いており、酒器を買うことができます。

でも展示会等でお休みの日もありますから、ご確認の上お出掛けしてくださいねー。

久しぶりにお会いする上原さんご夫妻は本当に感じのいい方で、温かくもてなしてくださいました。

いい意味で申し上げますが、生活が質素というか、淡々と生活されている印象。
物に執着したり、人の声に惑わされるようなことはない、自分たちのペースで人生を謳歌されている印象です。
実はご主人は福岡の出身、奥様は大阪の方で、京都にはミーハー感覚でたまたま住んでいらっしゃるとのこと。
いやー、でもそれもいいじゃないですか。
京都今宵堂、文化になりつつありますからね。

おうちの中庭も素敵です。




こんなかわいいお菓子でもてなしてくれるんですよ。




ディスプレイのセンスもシンプルですが素敵です。
この感性は天性のものだと思います。

「買ってください」的なことも一切なく「酒器を可愛がって頂き、ありがとうございます」と。
もうほんとに泣けてくる感じです。



今回はこの三点を購入しました。

でもどーしても欲しい酒器があったので注文させて頂きました。
一年待ちでございますよー。


きっとお二人で一生懸命作ってくれると思います。
やはり人は人格。
お二人のこの人柄がこの酒器を生み出しているのだと思います。

いい旅になりました。

上原さんご夫妻には厚く御礼を申し上げます。
酒器ができたらまた行こうかな。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
だいぶご無沙汰してしまいました。
蒸し暑くなってきましたね!呑美姐です。

少し前のことになりますが、群馬県前橋市の柳澤酒造さんへお邪魔しました。
総勢10人の蔵見学でございます。

ニッポン!呑んだくれNIGHT!のメンバー、呑んだくれ隊も一緒です。
第二回大人の遠足ですよー!

新前橋駅前にある高橋与商店さんへ集合、高橋与商店のご主人と酒呑んでいい会の高橋会長に車を出して頂き、蔵に向かいます。

途中、千福食堂さんで群馬名物焼きまんじゅうを食べましたが、呑美姐、ここで痛恨のミス( ̄0 ̄)

それは後程書くとして…

13:00頃、蔵に到着、蔵の中にはなんと人数分のP箱を利用した椅子が用意されていました。

ここでなんと柳澤社長の一時間の講義!
聞いてないよー‼️楽しいよー‼️勉強になるよー‼️
の三連発。
柳澤社長、いや、清ちゃんの気持ちがすごく嬉しくて、感動( ノД`)…

柳澤酒造さんの都内向けのブランド、結人とはどういうお酒なのか、山田錦や五百万石を使ったお酒はどんな酒質になるのか、地元の酒、桂川をどうして造り続けるのか、など一時間にわたってお話ししてくれました。




みんなが試飲している間に、呑んだくれ隊は清ちゃんにラジオのインタビュー。

結人の名前の由来、地元で桂川がどうやって愛されてきたか、また新商品の「絶滅器具酒」を造ったわけ…などを熱く語って頂きました。




今まで、清ちゃんて少しシャイな寡黙なイメージがあったのですが、今回は違った‼️

なんか…

地元の酒、もっとわかってほしいんだと思う。

共稼ぎのご夫婦が奥さんがつまみを作っている間にコップ酒でお燗にした桂川を2杯ほどきゅっと呑む。
寒い日は冷えたからだをそれで温める。

桂川はもち米四段のお酒です。

搾る前にもち米を入れて甘くしていますが、ベタベタしている甘さではなく、クリアな水飴のような甘さがぐっときてスッと引くイメージ。

上州の粉もんのお料理や甘辛く煮たお料理に合うのでしょう。





蔵を後にして、清ちゃんとメンバーで懇親会!


おっとその前に再度千福食堂へ(笑)

千福食堂のオススメは「あんこ入りの焼きまんじゅう」だったらしく…

清ちゃんが「あんこ入りが旨いよ!」とメッセージしてくれていたにもかかわらず、ふつーの焼きまんじゅうを食べてしまい…

「あんこが美味しいって言ったぢゃーーん」と清ちゃんに怒られ、再度千福さんに立ち寄った、という訳です。

はい、みなさん、千福食堂さんは「あんこ入りの焼きまんじゅう」が旨いです。

たしかに美味しかった(笑)






懇親会では桂川を中心に。

本醸造のお燗が…うまい。
この不思議な甘さは何なんだろう。

甘いけど、甘すぎない。
燗にすると少しドライになり、何杯でも呑める。

都会向けの結人を造りながら、清ちゃん兄弟はきっと地元向けのお酒の大切さに気づいたのかもしれない。

なんかそんな気がします。
そんな蔵が増えているような気がしてます。




柳澤さんのインタビューは調布FM、ニッポン!呑んだくれNIGHT!6/15(木)24:00~放送です。

よろしくお願い致します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゴールデンウィークウィークまっただ中、昼酒楽しんでますかぁ?呑美姐です。

ゴールデンウィークの初日の4/29に川越の小江戸鏡山酒造さんに伺ってきました。
この日は産業能率大学の事務局の皆さんと。
川越の地元の方がいて、ぜひ鏡山さんへというご希望があり、半年ほど前に企画しました。

メンバーは総勢6名。
柿沼杜氏直々にレクチャーして頂きました。




小江戸鏡山酒造さんは蔵が小さく、コンパクトな造りなので初心者の方の見学には向いていると思いますが、普段は一般の方の見学は受け付けておりません…

にも関わらず、5/3にアポなしで突撃訪問しました~(笑)
川越が初めてという友人を連れて歩くうちに急に思いたちましてf(^_^;)

「ちぃーーっす」と入っていきました(笑)
柿沼さんと後藤さんがちょうどいらして「どうぞー」と向かい入れて頂き、もろみを見せて頂きました。


そして今回、驚いたのが、こちらのもろみ。
夏向けの純米吟醸です。

4/29がこちら

ほとんどまだお米の状態。
6日目くらいだと思います。




そして4日後…
高泡が立っております。

酵母がブトウ糖を食べ、ガスとアルコールを排出中でございます。



同じもろみもこんなに短期間で見られることはなかったのでものすごく興味深かったです‼️

ちなみに、もうひとつのタンクは搾りにかけられておりました(笑)
4日前はもろみだったのに…




蔵に伺うタイミングは大事ですなー。
友人には搾りのシーンも見せてあげられてよかったなーと思います。

小江戸鏡山酒造さんを後にし、以前から気になったいた「あうん」さんへ。
禁煙なので助かります。

お造りから明太子入りの厚焼き玉子、〆の蕎麦まで美味しく頂きました。
日本酒もめちゃ充実しております。






鏡山の純米、神亀の純米、天狗舞の山廃をお燗で頂きました。

酒がススムーーー!(笑)


いつも笑顔で迎えてくれるチーム鏡山の皆さんには感謝です‼️
これからも応援していきます!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いろんなことを教わりました。
お燗のつけかた、料理との相性、酒器のこと、造りのこと…
もう二度と教えを乞うことはできません。

よく「お前、嘘を教えるなよー‼️」と怒られていました。

純米酒の普及に30年以上力を注いできた神亀酒造の小川原社長が4/23(日)の朝2時に息を引き取りました。

先ほど弔問させて頂きました。
本当に安らかなお顔で、奥さまが「こちらからみると笑っているように見えるのよ」とおっしゃって…
何かをやり遂げた感の表情でした。

専務には(社長ですが、社長と呼ぶと怒られたので専務と呼ばせて頂きます)徳島の山田錦の田んぼ、札幌の純米酒のイベントにもご一緒させて頂き、スナックのカラオケまで連れてって頂きました。

札幌で食べたジンギスカンと神亀のお燗の美味しさ…忘れないと思います。

木曜日までは普通に歩いていたらしく、2日前に容態が急変、呼吸が荒くなり意識レベルが低くなっていったそうです。
最後はご家族全員に看取られ、ご自宅で静かに息を引き取られたそうです。
すい臓がんの発覚から1年半、肝臓に転移し亡くなりました。

最後にお目にかかったのは昨年夏の純米燗のイベント。
みんなが順番で写真を専務と撮っていた時に「俺はおっちぬのか?!」と言っていたのが印象的でした。

「専務、お疲れの出ないように」と言ったら「お前の顔見て疲れたよ!」「じゃあね!ありがとね!」が最後に交わした言葉となりました。

もっと電話すればよかった、会いに行けばよかった、と後悔ばかりですが、病気の専務に「元気ですか?」とは聞けず…

最後は失礼なことをしてしまいました。

専務のお酒はもちろんゴールド。

ゴールドには「価値」「成功」「努力」「認める」などの意味があります。


30年以上、純米酒のために努力し、徐々に認められ、成功し、純米酒の価値を高めた人です。

ご本人は成功したなんて思ってもいないかもしれないけど、みんなはそう思ってます❗

専務、またそっちで呑みましょうね❗
神亀のお燗を心ゆくまで。

ほんとにいろいろありがとうございました❗





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。