自転車に乗り始めました

テーマ:

んんんんん!!!

image

お仕事の関係で自転車バカ、いや、
自転車大好き人間と知り合い、
いいないいな~
と、言っていたら
モデルのお友達が「乗ってないのあるけどどうです?」
と、オファーしてくれて、

全く予期せぬところから我が家にやってきた。

image
ロードバイクのもくさんですです。

 

一応本名は"Mo chuisle"で、モ・クシュラと読みます。

名前は大好きな映画から取りました。
あーあ、早くイーストウッドの新作見たいな。
わくわくわくわくわく

 

 

話は自転車に戻りまして、

丸山、自転車に乗るのはなんと10年ぶりくらいでですね、
その上いきなりスポーツバイクですよ。

ツール・ド・フランスですよ。

しかも自転車狂の友人がなんていうか
初心者に厳しくて
「自転車なんて誰でも乗れるよHAHA」みたいなノリで

サドルを腰骨の高さぴったり横づけしてくるし
そもそも自分の体格に合わせたものじゃないから
自転車自体が私の体からしたら若干小さくて(多分)、
余計に前のめるんです。

※スポーツタイプの自転車は体格に合わせて買うものだそうですよ奥さん

 

ふらっふらなわけです。

 

車道走るのも怖い。恐らく自動車と私の双方が怖い。

「バランス崩して転んだ」なんていう話も良く聞く。

余計にビビる。

 

 

全然楽しめない・・・

 

 

と思っていた時もありました。

 

もらった時いろいろ友人が直してくれたのですが
ギアが一部欠けていてギアチェンジができない&
チェーンだるだるで外れたので、

近くの自転車屋さんに持っていったのです。

その前に1軒、実は行ったお店がありまして、
なんか・・・初心者に敷居が高くってですね。
もともと私が小心者だからなのですけど、そんなことがあったもので
若干緊張していったのですよ。
 

スタッフさんの「はい、どうしました~」っていうやわらか対応にほっ。

ギアの話をした後に
「結構サドル高いですね」って声かけてくださったので

「いやちょっともう少し実は下げていいなら下げたいんです・・・」
「最近知人から譲り受けたばっかりで色々よくわからなくて」
と軽く自分の不安を伝えて、その日は預けて帰りました。

 

1週間後
ギアの修理はもちろんのこと

・サドルの高さ調整

・ステムの高さ調整

・自転車保険の話

などなど、いろいろアドバイスやヒントをいただいて。

「空気入れは無料なのでいつでも来てくださいね」にこにこー
ってよ。

もうねぇ、セオサイクルさん大好き。

 

おかげさまでギアの手術入院から無事に帰ったもくさんは
元気に私をいろんなところに連れていってくれます。
image

荒川まで来たり。

 

image

全く意味のない地球ロックをされたり。

image

パン乗っけられたり。

 

10年のブランクはあったものの
大学時代は毎日のようにママチャリに乗っておかげか
少しずつ慣れてきました。
まだ車道けっこう怖いけど。

image

もくさんはなんだか実家で飼っていたビーグルを思い出させます。
犬は飼えないから、代わりと言ってはなんですが
もくさんを大切にしたいと思います。

そしてもくさんを私のところに連れてくれたお友達の皆さんに感謝。

まだ都内の移動だけなので
いずれはロングライドとか!してみたい!!
日焼けと事故に気を付ける!!!

AD