2005-08-16 23:51:11

東京・焼肉スタミナ食遊 鳴尾 銀座本店

テーマ:東京・焼肉

焼肉スタミナ食遊 鳴尾 銀座本店 銀座界隈で新たなレストランを開拓したいと思い、携帯サイトの掲示板を検索しました。我が家における焼肉の客単価は一人3000円。失敗は許されないため、慎重になります。サイトで発見した店は銀座3丁目、松屋裏にある「焼肉スタミナ食遊 鳴尾」です。その店を選んだ理由は(1)立地が裏通りにあるため、家賃が安い。→同等の価格ならば、一等地よりも、よい品質の食材のはずだ。(2)朝方4時まで営業している。→銀座界隈で働くクラブの方が来店するならば、味も納得でき、小奇麗そうだ。(3)店の前に行くと、OLのグループがうれしそうな顔をして出てきた。→コストパフォーマンス&満足度が高いのだろう。というわけで、入店を決定しました。扉を開けるとマネージャーから、「ただいま満席ですが、携帯電話でお呼び出しします」とのこと。界隈を歩きながら時間をつぶし、約10分後に着席。赤々と燃えた炭がテーブルの上に置かれ、「食べるぞ」という気分が高まってきました。一皿600円がメインで、一番人気はステーキ状になった「大判はらみ」(950円)です。網の半面には、軸棒のついた熔岩石があり、くるりと回して肉を押さえ込んで焼きます。石でカバーすることで、油だけが落ちて、うまみが逃げません。牛のこぶくろ、ホルモンなど、メインの皿のサイズは、刺身しょうゆの皿を一回り大きくした程度のサイズです。皿のサイズを小ぶりにすることで、店側は注文点数を増やすことができ、客側も、味のバリエーションを楽しむことができます。女性に支持される店のポイントは小ぶりですね。


「女性に受ける店は繁盛する」


銀座・鳴尾で感じました。


・焼肉スタミナ食遊 鳴尾 銀座本店 松屋裏手 予約した方が確実に座れます

中央区銀座3-9-4 第一文成ビル1F 電話 03-3549-1329

営業時間(要・電話確認)

月~金   17:30~04:00(L.O.03:00)
土・日・祝  17:30~22:30(L.O.21:30)

http://r.gnavi.co.jp/a178600/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-09 19:07:55

東京・ラーメン 桂花

テーマ:東京・中華

桂花ラーメン 胃腸が丈夫なせいか、34歳を過ぎても、夏バテというものを経験したことがありません。夏になると、あっさりとしたものを食べたくなるのが一般的なようですが、冷やし中華やそうめん、ざるそばなど、あっさりとしたものは、食べても食べても、満腹感がなく、どうしても、味付けがしっかりとしたものを食べてしまいます。おかげで、ゴムまりのように、弾力性のある「お腹」になってしまいましたが。(笑)先日、あるコンビニエンスストアの商品開発部におじゃました際、「おにぎりなどの味付けは季節ごとに変化している」と、伺いました。夏場と冬場では、体感温度がことなるため、消費者の嗜好性も変化します。例えば、しゃけおにぎりは、夏場に販売されているものと冬場のものでは、塩加減などが異なるそうです。セントラルヒーティングの普及により、以前、夏場しか食べていなかった食品が冬でも食べられるようになりました。冬場であっても、室内の温度は約23度で一定となっているため、半袖シャツで過ごしている方も少なくありません。アイスクリーム、ビールなどは、もはや夏の風物詩ではなく、通年で食べるものになりました。帰り道、池袋にある熊本ラーメン・桂花(けいか)に立ち寄りました。やわらかくなるまで煮込んだ豚角煮の入った太肉麺(ターローメン)を注文し、だしをすすっていると、何となく薄味になったような気がしました。どうやら、気温変化に応じて、多少、スープの濃さなどを微調整しているようでした。季節にマッチした、食感、食味を提供することも顧客サービスの一つではないでしょうか。


「味わいは気候で変わる」

池袋・桂花ラーメンにて感じました。

・桂花 サンシャイン60通り店
豊島区東池袋1-22-18 第5中村ビル1F 03(3981)1871
営業時間午前11時~午後10時30分

http://keika-raumen.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。