「逃げ恥」Blu-ray BOX

テーマ:

テレビドラマでここまでハマったのは初めて。

昨年最大とも言える話題となった「逃げ恥」。

 

実は1話〜9話はリアルタイムではなく、録画したものを

観ていました。リアルタイムで観たのは10話と最終話。

 

以前映画で知った星野源さんが出演という事で何となく

録画を始め、職場で話題になっていて、ずっと録画を

続け、6話が終わった頃に見始めて、面白さにハマって

しまいました。

 

で、Blu-ray BOXも手に入れてしまいました。

何でも初週の売り上げが3万枚とドラマとしては過去

最高とか。

 

CMなしなので、途中で見るのをやめれれず、結局各話

最後まで見てしまいます。

 

特典で、最終話は放送時は時間の都合でカットされた

シーンを加えたディレクターズカット。

さらに最終話にて、新垣結衣さん、星野源さん、脚本の

野木さんの3人のオーディオコメンタリー、これがまた

とてもイイ感じで撮影裏話などが入っていて面白いです。

 

次の展開に意外性がある部分が多いのですが、ストーリーが

分かってからも、何度も観れています。

何度も笑ったり、何度もちょっとホロっとしたりしています。

 

ほんと、出演者全てに各々魅力を感じるし、新垣さん、星野さんが

あまりにもハマり役ですし、細かい表情や仕草が芝居くささが

ほとんど感じないので、思わず引き込まれてしまいます。

 

カメラワークとか音楽の使い方、各種パロディも真面目に

組み込んであって、こういう現場での仕事は辛いけど

楽しいだろうな、と羨ましくも感じます。

 

最初から期待していたものではなかっただけに、こういう

ものに出会えた事には感謝したいと思っています。

 

AD

ドラマ放送開始前に行われたと思われる記者発表会の映像が

特典として入っています。

 

主演の新垣結衣さん、星野源さん、大谷亮平さん、

そして脚本の野木亜紀子さんが登場されてました。

 

注目したのは、新垣結衣さんの印象について星野源さんが

答えているシーン。

 

演技していない時は普通の女性なんだけど、カメラが

回るとスターに変身、とかいう話をしている時に

新垣さんと目が合った際、カメラが引いて二人を

写すのですが、お互い見つめ合って、新垣さんが

首を何度か横に振って、その次の瞬間、二人が同時に

うんと首をかしげるところが、なかなかツボでした。

 

新垣さんは「これ以上(褒め言葉は)言わなくていい、

もう勘弁して」という意味での首の横振りに、星野さんも

分かって、その上で二人示し合わせたように首を縦に

振る、というまるでお芝居しているかのようなシーン

でした。

 

この二人の息がぴったり合った雰囲気が、ドラマの

成功の一つだったのかもしれないです。

AD

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の Blue-ray BOXが到着。

今日は、最終話(第11話)でのオーディオコメンタリー編を視聴しました。

 

ドラマ場面を見ながら、主演の新垣結衣さん、星野源さん、そして

脚本の野木亜紀子さんの3名がコメントするというものです。

 

コメンタリーがついた11話はディレクターズカットバージョンで、

オンエアされていない場面が加わったものでした。

 

途中ドラマから離れた話も少しありましたが、基本はその場面での

撮影エピソードを絡めての話で、なかなか面白かったです。

 

あと、特典映像のハプニングNG集は、大笑いするものもありましたが

ちょっと収録されている時間が短かったのがちょっと残念でした。

 

ドラマ自体は全話録画してはいますが、(当然ですが)CMが入って

いるので、時間ができたらこのBOXの方を見たいと思ってます。

一部著作権絡みで音楽の差し替えがしてあるらしいので、どこか

チェックしたいとも思ってます。(マニアックで申し訳ない...)

AD