ポートレート

テーマ:

Canon EOS 5D mk3とレンズ一式を売り払い、SONY RX10mk3に

変えた時点で、ポートレートは一旦切り捨てたのですが...

 

やはりモデルさん撮るのは楽しいので、ボチボチではありますが

撮影会の機会を見つけては撮っています。

 

フルサイズから1インチになったので、当然ボケを狙う写真を

同等画角で求めるのは無茶なので、色々と工夫する必要が

あります。

 

でも、状況などによってレンズを変える必要がなく、35mm相当で

24-600mmをカバーできる機動力の良さはやはり魅力的です。

コンデジらしからぬ価格のカメラですが、それだけレンズにはかなり

お金がかかっているようで、歪みや変な癖がほとんど見られず、

買って良かったと思ってます。

 

ただ、これは2年位前からそうなのですが、お気に入りになった

モデルさんが、なかなか撮りづらい高嶺の花になったり、モデル業を

辞めたり、いつのまにかいなくなったりする事が多く、なかなか

長くおつきあいできる方が少ない状況です。

 

また、近隣に気軽に参加できる撮影クラブが激減した(数が減った

だけでなく、様子が変わって参加しづらくなったのも含む)のも

影響してます。

 

まあ、レンズ沼や各種機材沼に入りかけていたフルサイズ一眼を

辞めたのは、結局お金の使い道の問題で、撮影会参加もお金が

かかるので、ボチボチ行くのがいいのかな、とも思っています。

 

と言いつつ、実はミラーレス一眼を物色し始めている...www

AD

ポートレート...

テーマ:

モデルさんという被写体を撮るポートレート。

 

モデルさんの作り込まれたポーズや表情も悪くないけど

どちらかというと自然な雰囲気を撮りたいと思ってます。

 

また、シチュエーションを作り込んだり、光の演出を

したりするのもほとんどしません。

まあ、それをするスキルがないだけなのですがwww

 

写真の加工も、基本的には必要最小限にしかしません。

その時撮った空気感をできるだけ生かしたいためです。

 

なので、見た目普通の写真が多いです。

モデルさんの魅力に頼っている部分も多いです。

 

最近は、自分が撮りたい、気に入ったモデルさんしか

撮りません。

だって、気持ちが入らなければ、撮れた写真もそれなりに

なるので。

なので、他の方が気に入っている、よく撮られているモデルさん

でも、自分で気に入らなければ、撮る事はありません。

 

まあ、いろいろ語るほど、写真の腕がいい訳ではない事は

自分で分かっています。

 

その中で、それなりに撮れた写真をブログでアップしている

次第です。

 

これからもこのスタンスは変わらないと思います。

AD

ロックオンAF

テーマ:

SONY製のカメラには「ロックオンAF」というのがついているそう。

機種によって機能が違うようなのですが、基本は一度ピントを合わせた

被写体を認識し、それが動いてもAFが追従するというものです。

 

私が使っている RX10M3にもついているのですが、被写体が動くのではなく

カメラが動いても一応追従するようです。

つまり被写体を一度認識させると、構図やズーム倍率を変えても追従する、

横位置から縦位置、またはその逆でも追従するようです。

(もちろん完璧ではありませんが)

 

もしかしてポートレート撮影などで被写体に一度ピントを合わせれば

後はAFが勝手に追従するので、どんどん撮れるのでは?とも思って

います。

これがうまくいけば、最強の武器になりそうです。

 

今度撮影会のチャンスがあれば、試してみたいと思います。

AD

自分にとっての写真...

テーマ:

自分にとっての写真って、たぶん自分の目で見て感じたものの瞬間を

切り取って記録したもの、と思ってます。

 

風景とか花とかは、それ自身には心はないので、あくまでも撮る側が

どういう風に解釈して切り取るか、になると思います。

 

一方で、ポートレート、つまりモデルさんがいる場合は、モデルさんには

当然心がありますので、風景とかとは違うスタンスと技術が必要になると

思われます。

 

ずっとレンズ交換式のデジタル一眼を使ってきて、フルサイズの高級カメラ

まで行き着いて、この春一式全部売っ払って、望遠の高級コンデジに

切り替えたのは、風景や花などにより重点を置いて、見て感じたその瞬間に

素早く撮れる、というのを重視したからです。

もちろん、基本カメラ1台だけで軽くコンパクトに動き回れるというのも

ありますし、広角から超望遠まで1台で済むという手軽さもあります。

 

そうなると、ポートレートものは、何度か撮影会参加してますが、

なかなかしんどい部分もあるな、と感じてます。

逆にいうと、カメラとレンズなどの機材に助けられてきた部分が

多いという事です。

 

まあ、撮りたいと思うモデルさんの数(撮影機会の数)がだんだん減って

きている事もあり、辞める事はないにせよ、撮る機会は減っていくかな、と

思ってます。

鳥たち at 加茂荘花鳥園

テーマ:

花鳥園ということで、園内には鳥スペースが屋内外に1つずつあります。

さらに昔からのフクロウもいました。

 

花しょうぶの周りにはたくさんのカモがいます。

慣れているせいか、近づいても身動きすらしません。

 

こちらは屋外の鳥スペースにいた孔雀。

ほんと目の前で羽を広げてました。

 

こちらは温室内にいたフクロウ。

 

屋内鳥スペースにいたもの。(名前は不明...)