フィーリング

テーマ:

相性とも言うのでしょうか。

 

いろんなものの自分へのマッチング具合というのは

スペックなどの数字だけでは表せない部分が多いと

思ってます。

 

パソコンで言えば、WindowsとMacがある訳ですが

会社では大人の事情?もあり Windowsがメインですが

自宅(パーソナル)ではずっとMacです。

これは理屈で言葉で説明するのはとても難しい。

ただ、自分にとって使いやすい。

あえて言えば、バックアップ復元や機種移行が圧倒的に

やりやすいです。(Appleしかハード作ってないため)

 

カメラで言えば、ずっとレンズ交換式のデジタル一眼を

使ってて、プロ仕様のものまで行き着いたのですが、

特に撮影会などで、レンズ交換のためにいい瞬間を

逃すことが少なくなく、カメラ本体が重いだけでなく

レンズが複数になると荷物になって、撮りたい時に

撮れない事がストレスになってきました。

そこで昨年春に、全て売っぱらって、画素サイズ

1インチの24-600mmレンズをもつ、高級コンデジ

SONY RX10M3に変えました。

値段は、通常のデジタル一眼一式が買えるくらい

でしたし、画素サイズが小さいため、ボケにくい、

暗所でノイズが乗りやすいなどデメリットもあるの

ですが、とにかくすぐに撮れるというメリットが

大きいです。

(その後、AFが大きく改善されたM4が出るのですがw)

 

この辺り使い勝手が重視される部分では、フィーリングを

重視するので、多少高くても気にしないのですが、そうで

ないものは価格とスペックで決めます。

(当然安いほうがいい)

 

ものに限らず、比較的フィーリングで物事を決める事が

多いですが、まあ失敗は少ない方かなと思ってますので

今後もスタンスは変わらないでしょうか。

AD
もうだいぶ前から、聖火点火の演出はエスカレートする一方の
ようですが、記憶に残る限りは、このバルセロナの時のものが
シンプルかつ感動的だったように思います。
AD
ヤマト世代?には懐かしい音楽です。
パーカッションの後に入る、激しいコントラバスのフレーズや
金属的なトランペット音など、非常に耳に残る曲です。
宇宙戦艦ヤマトというか宮川泰さんを境に、アニメでもサウンド
トラックが注目、重視されるようになったと思います。
AD