お花 at 浜松フラワーパーク

テーマ:
昨日子供と行ったフラワーパーク,虫とたわむれた後は,ざっと園内を
回りました.

その時に撮った写真を数枚アップします.

これもひまわりの一種のようです.
$まるにバスの独り言-20110731_f5

ひまわりの下にはコスモスも植えてあります.
$まるにバスの独り言-20110731_f4

一面ひまわりだらけですが、先日の台風の影響で,大半の花が
下を向いてしまっています.
$まるにバスの独り言-20110731_f3

ピンクのコスモスを逆光で.
$まるにバスの独り言-20110731_f2

クリスタルパレス(温室)の入り口すぐにあるベゴニアコーナー
にて、落ちた花を水に浮かべてあります.
$まるにバスの独り言-20110731_f1
AD

雨上がりの花たち

テーマ:
おはようございます.

昨晩から降った雨は,今朝は一旦やんでいます.

あさがおは雨露で、花びらが反った状態です.
$まるにバスの独り言-20110731_5

$まるにバスの独り言-20110731_4

$まるにバスの独り言-20110731_3

$まるにバスの独り言-20110731_2

トマトの実が1つ熟して赤くなってきました.
$まるにバスの独り言-20110731_1
AD
浜松フラワーパークのこの時期恒例の「カブトムシ・クワガタワールド」に
子供と行って来ました.

冷房の効いた一室に,展示コーナーとタッチコーナーが用意され,タッチ
コーナーでは実際にカブトムシ,クワガタに触れられるというものです.

ほぼ毎年行っていますが,いつもはもっと後に行くので,虫も疲れて
元気ないし,足が切れたりして可愛そうな姿を見ていました.

そこで今年は今日がイベント初日と言う事で,午前中行った訳です.

その甲斐あってか,虫たちはとても元気で、あちこち歩き回ったり
けんかし合ったり,触ろうとすると大きく抵抗するし,掴むのも
一苦労でした.

カブトムシは手の甲に載せる事が出来たのですが,降ろそうとしても
降りず,手には足の爪の型がしっかり残っています.

クワガタはハサミの勢いが強いので,背中から掴むだけにしました.

こんな状態なので,子供も直接あまり触らず,敷いてある木の葉を
使って遊んでいました.

これはよく見る種類のカブトムシ
$まるにバスの独り言-201107

こちらは3本角のカブトムシ.
こいつに爪痕をつけられました(^^;
$まるにバスの独り言-20110730_3

クワガタです.
あまり見かけない種類ですが...
$まるにバスの独り言-20110730_2

このクワガタ,かなり強力で,ちょっと分かりづらいですが
3匹のカブトムシを木の枝の端に追いやってカブトムシが
パニック状態になっております.
$まるにバスの独り言-20110730_4

こちらは展示コーナーにいた,玉虫色のカブトムシ.
$まるにバスの独り言-20110730_1
AD
2011年7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会
「放射線の健康への影響」参考人説明より
児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)



ちょっと長いですが,見応え十分あります.
もちろんこれが全て正しいかどうかは分かりませんが,一見の
価値は十分にあると思います.

特に妊婦や子供への内部被曝の怖さをあらためて感じます.

#7/27投稿時のYouTube画像が何故か削除されていたので
#別のものを埋め込みました.(7/31)