2009-10-24 22:17:00

楽しいを仕事にするということ

テーマ:所感

就職活動の時のようだけれど、


いま社会人生活4年目として、


「楽しいを仕事にすること」というタイトルでブログを記したい。




金賞よりも大切なこと~コンクール常勝校 市立柏高等学校吹奏楽部 強さの秘密/山崎 正彦



¥2,100

Amazon.co.jp


この本の主人公は市立柏高等学校吹奏楽部顧問の石田修一先生。


その中に石田先生「子供の将来の決め方5カ条」というのがある。




①何をしている時が一番楽しいか?


②その楽しいことが仕事として世の中に存在しているか?


③その仕事が社会で認知(人々に尊敬されている)か?


④その仕事は生涯を通して続けていくことができるか?


⑤その仕事によって普通の生活をするお金がもらえるか?




この5カ条で一番最初に出てくるのは


「何をしている時が一番楽しいのか」ということ。




日々仕事をしていると忘れがちだが、


「楽しさ」や「好き」を考えることは大切なことだと思う。




もちろん、仕事をやっていれば色々なことがあるが、


「自分の仕事にはこういう楽しさがある」という原点があれば、壁を超える力になると思う。




自分の場合、仕事をやっていて一番の楽しい時は、


「すごい!」と思う人に会い、


その人の話を聞き、力になること。




もっとシンプルにいえば、


「人の力になること」に楽しさを感じる。




このブログも、なんらか、巡り巡ってでも、


どこかで、微力ながら読んでいただく方の力になっていたらいいなと思う。




「人の力になる」


そのために沢山のことを吸収し、


知識を知恵として人のために活用できる人になる。




自分の人生のテーマだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-17 21:10:20

考えるとはノートを取ると言うこと

テーマ:所感
先日テレビ朝日のサンデープロジェクトで、
田原総一郎が中曽根康弘と対談を行っていた。

その中で中曽根氏は常日頃あらゆることをノートに取っていたと言う話が出た。

氏曰く「政治家になってからこれはこうだ、それはそうだと大学ノートにメモを取った」

総理大臣になってからその信念を断行したと話していた。

『野村ノート』も
野村監督が阪神時代「野村の考え」を選手に配った自身のメモが原点である。

島田紳助は漫才を始める前にまず、
「漫才の教科書」を自分で作ったと言う。

ビジネスマンにとっては自分の仕事の教科書を作るということだろうか。

それはイコール自分で学び、考えたことをノートに取ると言うことなのだと思う。

突き詰めれば「自分で考える」ことは「ノートを取る」ことではないか。

そしてそう言う人が成功を収めている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-11 14:44:31

老舗の教え

テーマ:最近読んだ本

図書館で『老舗の教え 人づくり』という本を借りてきた。


その中にあった「塩瀬饅頭店 」取締役会長川島英子氏の言葉が刺さった。


沈んだ時にやってはならないのは思いを断つこと。

絶対に伝統を断ち切らないことが大切なんです。

どんな危機にも自信と誇りを持って塩瀬の暖簾にかけて商売をすることを止めない。

運なり景気なりが下がった時には下がったなりの商売を続けていけばよい。

人生には浮き沈みがつきものだから、当然沈む時だってある。

それでも繋げておけば孫かひ孫の時代。もっとその先かもしれないが必ず浮く時がやってくる。


壱番館洋服店の渡邊明治氏の

「家訓・社訓のすべては、先代の後ろ姿にある」

という言葉にも輝きがある。


生み出すことの大切さ、

それ以上に続けることの大切さがある。

老舗の訓(おしえ) 人づくり (岩波アクティブ新書)/鮫島 敦
¥777
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-04 20:43:51

合言葉

テーマ:所感

今日はもう1つ。


上に立つ者の発言は出来るだけシンプルでなければならない。


「合言葉」は実にシンプルである。


「合言葉」を部下に与えるのが上司の役割ではないか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-04 20:23:05

楽天CS出場と、「何も言わせない」ということ

テーマ:スポーツ

楽天のクライマックスシリーズ出場が決定したが、

その裏にあったのがコーチ陣たちの奮闘だった。


久しぶりにスポーツ紙(報知新聞)を購入したが、

その4面にこんな記事が載っていた。


楽天はコーチを自前で育成する方針を取っていて、

当時も1軍コーチが全員30代半ばから40代前半。

経験の浅い面々を野村監督は徹底的にしごいた。


コーチ陣は不満はあっても、大監督にぶつけることはできない。

橋上コーチを中心に「監督に何も言わせない」がミーティングの合言葉になった。


苦しみぬいた池山コーチも鉄平、草野らの活躍で、

指導者としての実績を得た。

すべては野村イズム浸透のため、巧妙に挑発したノムさんの計算通りだろう。


・・・野村監督のコーチへのマネジメントが巧妙な計算であったかは、

監督本人しか知りえないが、

それを支えたコーチの


「監督に何も言わせない」という合言葉は、

上司と部下の関係を見たときに非常に参考になる一言だった。


部下は上司を選ぶことができない。

時には理不尽なこともある。


しかし、理不尽かどうか以前に「何も言わせない」程に、

成果をだしているか。


楽天CS進出の裏に、コーチ陣の奮闘を見た。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。