ベンチャー・ウーマンが行く

病院検索サイトを運営する、ベンチャー企業で働く女性管理職の日記です。

日夜、お医者さんと患者さんの関係を近づけ、日本の医療サービス向上に貢献できるよう邁進しています。


テーマ:
やや遅れ気味に思いますが、やっとアクセスできたのでやってみた。

その結果ダウン



へぇ~。

まだやってない人はこちらからどうぞ
AD
いいね!した人  |  コメント(37)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、アメブロのランキング上昇スピードが早い。

つい2、3日前にはビジネスジャンルで300位の前半までランキングが上がった。

ブログを書き始めて間もなく1年を迎えるが、少し前のほうが更新回数や読者登録の増加数は多かったのに、500位を超えるとランキング上昇のスピードが遅くなったものだ。

ということは、ランキングの算定基準が変更されていないと仮定すると、システムに問題があるか、競争相手が減少したということが想定される。

ランキングシステムには最近不具合が生じているようだが、それでも毎日更新をやめて調整している様子から察するに、システム上の問題は少ないと想像すると、競争相手が減っているのだろう、という結論に達する。

つまり、アメブロの書き手が減少しているのである。

「3日坊主」という言葉がある通り、継続的に日記を書き続ける人はあまり多くないのが現実なのかもしれない。

藤田さんの最近のアメブロへの力の入れ方を見ていると、その危機感がひしひしと感じられるのもその裏付けのように思える。

この最大のブログサイトの焦燥感に、さらに追い打ちをかけるのが今日のタイトル「セカンドライフ」だと思う。

日本語版導入前にやってみたときは英語の壁にぶつかって、最初のエリアを脱せないばかりか、声をかけられた変なイタリア人に馬鹿にされて挫折していた。

でも、日本語版がスタートしてから、いそいそとマニュアルまで購入してやってみると、やっぱり面白くてはまってしまう。

「『セカンドライフ』はつまらない」と言う人がいたら、その人はコミュニケーション能力が低くく、かつ発想力や先見性が乏しい人のように思う。

つい先日も沖縄エリアに行って、思わず夕暮れの海を眺めてたそがれていたら、着流しを着た親切な人に声をかけられて、友達になって、一緒に花火をして遊んだ。

なんだ本気で沖縄に行った気分になって、テンションニコニコ上がってしまった。

これは、やり方次第で様々なビジネスが想定できる。土地買っておこうかなぁ。

ブログもSNSも、そのあり方の新しい方向性を見出さないといけないですな。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回のブログを読んでいて恥ずかしくなった。(;^_^A
酔った勢いニコニコとかで書くものではないな・・・と反省した。

ところで、その酔っぱらっていたときの話。
一緒にいた業績絶好調のT社長は、もともと株のディーラーで、現在はヘッジファンドの会社を経営している。
ちなみに、収入は業績好調もあって人並み以上の金額にはなっているのだが、それでもディーラー現役時代に比べると十分の一程度であろう。
だったら、ディーラーやってたほうがよかったのではないか?という問いに彼は
「ある程度の金額をもらってしまうと、こんなもんかと思ってしまって、別のものを求めてしまうんだよね」
つまり、物欲(金銭欲)というよりも、志を同じにする仲間と、自分がこうあるべきだという方法で、その志を遂げることのほうに優先度が高くなっているということであろうか。
だから、話を聞いていても私心がない。
それが順調な経営となっている一つの要因のように思う。

と、そんなことを思っていた矢先、ちょっとした調べものをしようと以前に買った雑誌のページをめくっていた。(余談だが、私は、何か気になる特集があった雑誌を捨てられない習性がある。経済に関する雑誌は読み返すのに、ダイエットや料理に関する雑誌を読み返すことがないのは女として問題に思うA=´、`=)ゞ)

プレジデントの2006.7.3号である。
本来、その1年前の雑誌は別の目的をもって引っ張りだしたのだが、その中に一橋大の伊丹教授という人が書いた「ダメ経営者に共通する『五つの性癖』」という記事を見つけた。

伊丹さんは、「よき経営者は分配者である」としたうえで、ダメ経営者の五つの性癖を次のようにあげている。

1.私心が強い
経営の成果の分配で、自分の利害を優先するという意味で私心が強い人は、人がついていかないし、間違った判断をしそうである

2.人の心の襞(ひだ)がわからない
リーダーは人々がフォローするからこそリードできる。そのフォローする人々は皆心をもっているから、その心の襞をわからない人は結局人がついていかない。

3.情緒的にものを考える
ヤマト運輸元会長故小倉氏の言葉を引き合いに「経営とは論理の積み重ねである。論理の反対は情緒である。情緒的に物事を考える人は経営に向かない」

4.責任を回避する
責任は何かを決める責任と結果責任がある。責任を回避する人はそもそも決めたがらない。どちらでもいいから決めてくれれば歩き出せるのに、決められないから誰も歩き出せない。結果責任などは当然回避する。さらに悪いのは結果責任を部下に押し付ける。

5.細かい事に出しゃばる
経営とは自分が何かを行うことではなく、他人を通して事をなすことである。オレがオレがと自己主張ばかり強くて出しゃばる人は他人がついてこない。そういう人は細かいディテールばかり目がいって、全体観を見失う。

以上、五つの性癖はそのまま引用したが、解説は主旨をまとめた。

トレビア的に言うと、1000へぇくらいである。

たしかに、業績好調のT社長は「私心がない」だけでなく、その他の項目についてもその逆の性癖がある。

これだけの厳しい自己研鑽を強いられる経営者業とは、それだけ醍醐味があるということでもあるのだろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。