2012-06-13 18:55:11

5月の巨人戦視聴率

テーマ:視聴率ニュース

5月の月間平均は10.1%でした。ふーん。

 

 

6月はナイター中継が2試合しかない…

 

そのうち一つはテレ東!すでに6/5に終わっているのですが、まだ視聴率が判明していません。

 

昨日のサッカーなんかすぐに判明してるのに…

 

 

最近はなぜか、ここではサッカーの視聴率には触れないお約束になっているのです。

 

予選なんて本来は、視聴率よりも試合結果の方が大事だからね!

 

 

5月単純平均   10.13% (60.8/6)
. 日  月  火  水  木  金  土
.         *8.7 //./ .(*7.4)(*7.9)(*7.0)
.(*8.0) --.- //./ 10.7 //./ --.- 11.1
.(//./) --.- --.- //./ //./ --.- 12.2
.(//./) --.- //./ //./ --.- //./ (//./)
.(*5.4) *8.3 --.- //./ *9.8
**.*は中継あり、//./は中継無し、--.-は試合無し、(**.*)はデーゲーム。
※16(水)交流戦開始

○年間加重平均   *9.72%(16217.7/1669、14試合・17番組)(5/31終了時)

○月間加重平均(5月)  10.06%(6717.6/668、6試合・7番組)


 

 

巨人戦ナイター視聴率(加重値Ver.) (2012/06/03終了時)

 
       3月  4月   5月.  6月  7月.  8月.  9月   10月  年間  前年比 中継/ナイター/試合数
1999       21.6  19.8  21.1  19.2  19.0  21.1  //./  20.3 .        129-133-135
2000  19.8  20.2  20.5  18.5  19.5  17.4  15.1       18.5  ▼1.8   131-133-135
2001  19.4  17.4  15.0  14.2  14.0  13.7  15.0  13.1  15.1  ▼3.4   140-140-140
2002  25.7  16.6  17.2  13.5  15.9  14.9  17.2  15.2  16.2  △1.1   134-137-140
2003  16.2  16.2  16.1  16.2  13.3  12.1  *9.8  //./  14.3  ▼1.9   132-140-140
2004       15.0  14.6  13.6  11.0  *8.7  *8.8  *9.7  12.2  ▼2.1   133-137-138
2005       12.9  13.0  10.1  *8.5  *7.2  *7.2  //./  10.2  ▼2.0   129-140-146
2006  14.7  12.6  11.1  *9.2  *7.2  *6.8  *7.0  //./  *9.6  ▼0.6   106-137-146
2007  11.9  10.8  10.2  *9.0  *8.7  *8.1  *9.3  //./  *9.8  △0.2   *74-129-144
2008  11.0  10.3  *9.5  *9.0  *8.5  *7.9  10.2  15.8  *9.7  ▼0.1   *61-122-144
2009       12.2  *9.8  *8.9  *9.0  *7.5  *7.8  //./  10.0  △0.3   *32-114-144
2010  *9.1  *9.8  *8.3  *6.9  *4.0  *6.0  //./  //./  *8.4  ▼1.6   *27-106-144
2011       10.0  *9.8  *9.9  10.7  *8.2  //./  *6.0  *9.5  △1.1   *19-109-144
2012  11.0  *9.2  10.1  --.-  --.-  --.-  --.-  --.-  *9.7  △0.2   *14-*34-*49

 

 


いいね!した人  |  コメント(186)  |  リブログ(0)
2012-06-06 21:03:05

視スレの歴史を振り返ってみる3

テーマ:視スレ2012

視スレ初期に議論されていたことが、その後どうなっていったかについての考察を続けていきます。



昔は巨人戦のナイター中継が高視聴率だったため、ゴールデンタイムで常にプロ野球が中継されていました。


このことによるプロ野球界への経済的なメリットは非常に大きかったのですが、特に大きなものを二つ挙げると、


・マスコミがプロ野球報道を優遇してくれるので、親会社からの宣伝広告費が期待できる

 

・巨人戦の主催ゲームについて、テレビ放映権料が期待できる


というものがあったと思います。


今回は、地上波からナイター中継が消えた後にどうなったかについて考えたいと思います。



最近は値段が下がっているという話もあるのですが、かなり長い間ナイター中継の放映権料は1試合1億円と言われていました。

以前はセ・リーグ各球団とも、主催試合の巨人戦が14試合あったので、黙っていても毎年14億円が収入として計上されていました。


プロ野球球団の経営状態については不透明な点が多いのですが、一説によると04年ごろのヤクルト、広島、横浜あたりの年間予算は60-70億円ということだったので、ここから14億円減ったら経営が成り立たない球団が出てくるのでは?という予測がありました。


さてその後どうなっているかですが、まあ横浜は成り立たなかったようです。

TBSはここ数年は球団経営について諦めて、買い手を探していただけと言っていいと思うのですが、まがりなりにも親会社が存在するから可能な芸当であって、ゾンビのような状態でした。

何年かかけてようやくDeNAに引き取ってもらったのですがかなり苦労したと思いますし、「次」はあるのでしょうかね?



また、広島のように親会社が存在しない球団が真っ先に経営危機になるのかなと思われていたのですが、とりあえずすぐに潰れるという話は今のところ聞きません。

おそらく、かなりのコストカットをしているのだと思います。それはまあ必要な努力なのですが、その結果ここ数年のセ・リーグの上位3チームは下記のようになっています。(クシリ導入以降)

 

07 巨 中 阪

08 巨 阪 中

09 巨 中 ヤ

10 中 阪 巨

11 中 ヤ 巨

 

ここ5年間、巨人・中日は必ず3位以内に入っており、あとは阪神が3回、ヤクルトが2回。

広島・横浜は3位以内に一度も入っていません。


広島などが60億円程度の経営規模と言われていた頃、巨人・阪神・中日は100-200億円の年間予算があったようです。(野球の話なのであくまで推定です)


60億から14億減るのと、200億から減るのとではコストカットの圧力が全く違います。


選手の人件費=戦力 にかけられるお金に大きく差がついたのだと思います。


その結果、セ・リーグは上位と下位が分離した、魅力のないリーグになったと言えます。


(阪神は予算規模の割に3位以内に入れないことがあるため、身体を張ってセ・リーグを面白くしようとしているとも言えます。浦和レッズみたいだ…)



自然の流れにまかせていると、勝てなければチームに魅力が生まれないため、ファンは離れていくと思われます。つまり、格差拡大の流れはさらに進むのが自然です。

サッカーなどと違ってプロ野球には下位リーグからの昇降格などがないため、下位に吹き溜まった球団には見どころややりがいをアピールすることが難しいです。


そのため消滅する球団が出るかもしれない。その際に新たな買い手なり新規参入する球団なりがなければ6チームを維持することが出来なくなり、リーグ存続の危機です。



うーん、書きながら自分でも考えをまとめてみたという感じだったのですが、セ・リーグについてはここ10年で問題が深刻化しているだけですね。どうするどうなる。

いいね!した人  |  コメント(35)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。