2010-12-27 20:39:38

テレ朝がナイター中継卒業

テーマ:臨時ニュース

テレビ朝日が、来年のプロ野球中継をデーゲーム1試合に絞るようです。

 

(つまり、ナイター中継はゼロに)

 

-------------------------------------------------------------

 

日刊合同通信 2010年12月21日(火) 第55巻 第13491号
http://www.godotsushin.com/backnumber_nikkan/2010/2010_12.html
 
プロ野球少費最効果狙いの編成基本方針固まる
来季「日ハム対巨人戦」1試合のみ放送か
広島・西武・ソフトバンク戦など撤退視・流動要素残
テレ朝、機構側日本シリーズ中継「貢献度」撤廃動きも絡む

 

-------------------------------------------------------------

 

まあ、今年の視聴率じゃしょうがないよねぇ…

 

今年のテレ朝によるナイター中継は4試合でした。

 

 

局別時間帯別巨人戦中継数(関東地区) 2010年終了時
(数字はナイター、デー、深夜録画の順)
      2005     2006     2007     2008     2009     2010
----------------------------------------------------------------------
NHK  06-00-00  06-00-00  05-01-00  03-01-00  03-02-00  03-01-00
NTV  67-03-04  60-00-00  40-01-00  35-10-00  13-12-00  09-16-00
TBS  17-02-03  10-05-00  08-04-00  06-04-00  06-03-00  05-06-01
CX*  18-01-02  09-03-02  05-05-04  04-03-02  04-02-01  04-03-00
EX__  17-00-01  15-00-00  08-03-00  06-02-00  04-02-00  04-01-00
TX__  04-00-00  06-00-00  08-00-00  07-00-00  02-00-00  02-00-00
----------------------------------------------------------------------
    129-06-10  106-08-02 . 74-14-04  61-20-02   32-21-01  27-27-01

 

 

テレ東も撤退するという噂だし、TBSも経営状態はよくないので…

 

今年は全部で27試合だったんだなあ、来年も増えることはないだろう。

 

 

さりげなく書いてある、

 

>テレ朝、機構側日本シリーズ中継「貢献度」撤廃動きも絡む

 

という箇所。

 

 

日本シリーズの放映権獲得については、主催球団が放送局を「推薦」するという制度があったのです。

 

 

シリーズ中継は出場球団が放送局を選定し、主催者のNPBは基本的に従う独特の「推薦制度」で決まってきた。第1、2戦はTBS系列のCBCが中日から推薦されたが、世界バレーの放送と重なったために辞退し、他に名乗りを上げる局もなかった。
http://www.asahi.com/sports/bb/TKY201012160134.html

 

 

野球が人気だったころは、このシステムはよく機能していました。

 

テレ朝なんかは日本シリーズの放映権が欲しいために、西武の普段の試合を中継してたりしました。

 

しかし、時代は変わり…

 

今年は日本シリーズでも地上波で放送されない試合が出てきました。

 

 

単に人気低下という以外の問題もあります。

 

ここ数年は、クライマックスシリーズの成績で日本シリーズの出場が決まります。

 

となると、日シリの直前まで出場チームが決まらないわけです。

 

 

今年の例でいうと、ロッテが10/19、中日は10/23に日シリ出場を決めました。

 

そして日本シリーズは10/30から開始でした。

 

テレビ局にしてみれば、1週間前後で放送枠を調整して、スポンサーに営業かけて…

 

しかも視聴率は6%だったりするわけです。

 

そりゃ買わないよwww

 

 

「推薦」制度がなくなれば、出場チームが決まる前からテレビ局と放映権の交渉が出来るので、

 

今までよりは日本シリーズの中継はしやすくなると思います。

 

(とはいえ、テレビ局としては出場チームが決まらないのに放映権を買うのは抵抗あると思いますが…)

 

 

しかしその分、テレビ局にとってレギュラーシーズンの試合を中継するインセンティブがなくなるわけで…

 

そのこともあって、テレ朝としても普段の中継を減らすという行動に出ているわけですね。

 

 

うーん… 先細り?

 

いいね!した人  |  コメント(323)  |  リブログ(0)
2010-12-08 22:08:25

GP帯中継数で野球<サッカー

テーマ:坂焼戦争

前のエントリーで触れた、視スレ10大ニュース候補の中に、こんなものがありました。

 

 

史上初、サッカー中継数>>野球中継数となる

 

 

最近あまりきちんと調べ物をしていないもので、これを機会に調べてみました。

 

 

<背景>

野球のルールは複雑であり、学校体育でも扱われていない競技である。そのようなハンデを背負いながら、日本において野球のルールが国民的に認知されていたのは、受動的な視聴者にもスポーツ競技のルールを周知できるテレビ中継の影響が大きかったと思われる。しかし近年はプロ野球中継の視聴率が低迷し、テレビ局がG帯の中継数を減らしてきている。元々の視聴率=視聴者数の減少もあり、そもそも野球のルールがわからない若年層が増えてきている。ルールの単純さという優位性もあり、このままでは日本はサッカーの国になると危惧する向きもある。

今回は、テレビ中継による競技の普及への影響を比較するため、2010年度のGP帯における野球中継とサッカー中継の試合数を調べてみた。また、直接比較するわけではないが一応視聴率も併記しておく。

 

 

<条件>

・関東地区地上波(NHKおよび民放キー局)で放送された、野球およびサッカーの試合数

・放送時間の一部でもゴールデン・プライム(つまり19:00~23:00)にかかっていればOK

・試合のカテゴリーは問わない(W杯でも高校野球でもOK)

・データは2ちゃんねる「プロ野球の視聴率を語る」スレ過去ログなどより採取した

・試合の視聴率については、全時間帯の加重平均値を計算し表記した

 

 

<結果>


サッカー中継数:42試合

 

(日本代表戦)

02/02 12.2% ベネズエラ キリンチャレンジ フジテレビ
02/06 13.2% 中国 東アジア選手権 フジテレビ
02/11 12.8% 香港 東アジア選手権 フジテレビ
02/14 13.5% 韓国 東アジア選手権 フジテレビ 
04/07 *8.3% セルビア キリンチャレンジ 日本テレビ
05/24 17.9% 韓国 キリンチャレンジ テレビ朝日
05/30 21.9% イングランド 強化試合 NHK (21:00-63 19.7%、22:10-70 23.9%)
06/04 14.5% コートジボワール 強化試合 TBS 
06/14 45.2% カメルーン W杯 NHK (22:50-61 44.9%、23:54-61 45.5%)
06/19 43.0% オランダ W杯 テレビ朝日
06/29 56.4% パラグアイ W杯 TBS (22:40-150 57.3% 1:10-50 53.5%)
09/04 15.5% パラグアイ キリンチャレンジ 日本テレビ
09/07 14.2% グアテマラ キリンチャレンジ テレビ朝日
10/08 19.6% アルゼンチン キリンチャレンジ TBS 19.6%
10/12 26.8% 韓国 強化試合 フジテレビ

 

(W杯他国同士の試合)

6/11 16.5% 南アフリカ×メキシコ NHK総合 (22:43-71 17.8% 24:02-63 15.0%)
6/12 13.8% アルゼンチン×ナイジェリア フジテレビ
6/12 17.3% 韓国×ギリシャ NHK総合 (20:17-61 16.6% 21:26-64 18.0%)
6/13 *9.5% セルビア×ガーナ NHK総合(22:40-68 9.6% 23:56-64 9.4%)
6/13 10.9% アルジェリア×スロベニア テレビ朝日
6/14 19.7% オランダ×デンマーク NHK総合 (21:26-67 21.3% 20:23-55 17.8%)
6/15 13.8% コートジボワール×ポルトガル NHK総合 (22:45-63 13.3% 23:56-64 14.3%)
6/16 *7.6% ホンジュラス×チリ TBS
6/16 13.4% スペイン×スイス フジテレビ
6/17 22.2% アルゼンチン×韓国 NHK総合 (20:18-60 20.9% 21:26 64 23.4%)
6/17 *9.1% ギリシャ×ナイジェリア 日本テレビ
6/18 14.6% ドイツ×セルビア NHK総合 (20:19-60 12.6% 21:27-63 16.5%)
6/18 *7.8% スロベニア×アメリカ テレビ東京
6/19 11.0% ガーナ×オーストラリア テレビ朝日
6/20 *8.7% スロバキア×パラグアイ 日本テレビ
6/20 *8.9% イタリア×ニュージーランド NHK総合 (22:40-69 8.0% 23:57-63 9.9%)
6/21 15.7% ポルトガル×北朝鮮 フジテレビ
6/21 *8.6% チリ×スイス テレビ朝日
6/22 11.6% フランス×南アフリカ NHK総合 (22:48-64 12.1% 0:00-60 11.1%)
6/23 13.2% スロベニア×イングランド NHK総合 (22:47-60 14.6% 23:55-65 11.9%)
6/24 *8.6% スロバキア×イタリア TBS
6/25 16.3% ブラジル×ポルトガル フジテレビ
6/26 17.3% ウルグアイ×韓国 NHK総合 (22:45-63 16.7% 23:56-64 17.8%)
6/27 18.9% ドイツ×イングランド フジテレビ
6/28 10.1% オランダ×スロバキア NHK教育 (22:50-65 9.2% NHK総合 23:55-65 11.0%)
7/02 13.0% オランダ×ブラジル NHK教育 (22:50-65 11.0% NHK総合 23:55-65 14.9%)
7/03 23.9% アルゼンチン×ドイツ TBS

 

 

野球中継数:35試合

 

03/26(金) 11.0% 巨人×ヤクルト(17:50-19:00 *8.4%, 19:00-21:14 12.3%)
03/27(土) *7.9% 巨人×ヤクルト
03/30(火) *6.8% 横浜×巨人

04/02(金) *9.3% 広島×巨人
04/06(火) 10.1% 阪神×巨人
04/07(水) 10.5% 阪神×巨人
04/08(木) *8.9% 阪神×巨人
04/13(火) *8.7% 巨人×阪神
04/14(水) *8.5% 巨人×阪神
04/17(土) 11.3% ヤクルト×巨人
04/24(土) 14.3% 巨人×広島
04/27(火) 10.4% 中日×巨人
04/28(水) *7.1% 中日×巨人
04/30(金) *9.0% 阪神×巨人

05/02(日) *8.8% 阪神×巨人
05/15(土) 13.8% 巨人×ロッテ
05/18(火) *4.1% 日本ハム×巨人
05/27(木) *6.2% 巨人×ソフトバンク
05/30(日) *7.9% 西武×巨人

06/01(火) *3.1% ロッテ×巨人
06/04(金) *7.1% 巨人×日本ハム
06/05(土) 11.7% 巨人×日本ハム
06/12(土) *5.2% ソフトバンク×巨人

07/01(木) *3.4% 広島×巨人
07/09(金) *4.6% 中日×巨人
07/23(金) 11.1% オールスター第一戦
07/24(土) *9.5% オールスター第二戦

08/20(金) *6.0% 巨人×阪神
08/26(木) *6.0% 巨人×中日

10/21(木) *7.3% クシリ2ND第二戦 中日×巨人
10/23(土) 15.4% クシリ2ND第四戦 中日×巨人

11/02(火) *6.8% 日本シリーズ第3戦 千葉ロッテ×中日
11/03(水) *9.0% 日本シリーズ第4戦 千葉ロッテ×中日
11/06(土) 18.9% 日本シリーズ第6戦 中日×千葉ロッテ
11/07(日) 20.6% 日本シリーズ第7戦 中日×千葉ロッテ

 

 

<考察>

上記の通り、GP帯での中継試合数はサッカー42試合、野球35試合で、サッカー>野球 となった。これは日本のテレビ史上初めてのことである。

サッカーにとって今年がW杯イヤーであり、有利な条件であったということはある。しかし自国開催であった2002年の中継数では野球の方が上回っていることから、今回の結果はサッカーの追い風というよりも野球の衰退による影響の方が大きいと考えられる。来年はサッカーもW杯はなくなるものの、野球中継も今年以上に減少することが予想される。

 

地上波GP帯のみに計測数を絞ったのは、中継数の把握をしやすくするためである。BSでもサッカーや野球の中継はされているが、その視聴率は日本シリーズを独占中継しても3%前後と考えられており、通常の試合中継でのインパクトはかなり少ないと思われる。高校野球や高校サッカーは日中に中継されており、視聴率はそれなりにあると思われるが、GP帯以外の試合については今回の計測から除いているので注意が必要である。なおサッカーW杯のデンマーク戦も深夜の中継であったため今回は計測していない(試合全体の視聴率は33.1%)。

 

今回は関東地区での中継数を計測している。ご存じの通り関東地区の調査世帯数人口は4000万人で、関西地区の2000万人や名古屋地区の1000万人よりも大きな母集団である。また、GP帯においてはいわゆる「キー局縛り」があり、地方局の独自編成がしにくいため、関東地区での放送が事実上の全国放送といえる。今回は競技の普及性への影響を調べることを目的としているため、関東地区での中継数を便宜的に全国放送として計測した。

 

 

<結論>

2010年でのGP帯試合中継数は、日本のテレビ史上初めて野球がサッカーを下回った。ルールが複雑な野球にとって、テレビ中継による普及の機会が減少することはかなりの痛手である。近年は野球人気が低下していると言われているが、今後は今以上に野球のルールを知らない日本人が増えてくると思われる。

 

いいね!した人  |  コメント(166)  |  リブログ(0)
2010-12-06 19:35:32

イヤー・オブ・ザ・ワード2010などノミネート

テーマ:ブログ

今年も投票所が出来ています。12/31が投票締め切りのようです。

 

 

視スレ『イヤー・オブ・ザ・ワード2010』投票所
http://sentaku.org/sport/1000026082/

 

 

2009年の結果

1位:中韓韓 キュー韓キュー韓 アメリ韓

2位:Jリーグやbjリーグは、何とかなっているのに…

3位:うるう人

 

2008年の結果

1位:ほんのひとつまみの競技人口しかいない馬術やヨットなどが五輪正式競技なのに…(以下略

2位:サッカーは”サポーター”野球は”ファン”。ファンていう響きけっこういいよね

3位:世界中に散らばっている日本野球人から最強の選手を集める

 

2007年の結果  

1位:薬球

2位:私たち日本国民全員が野球に感謝しなくてはいけませんね武内さん

3位:テレビ界は0.01%で勝負をしている世界、0.2%は大変な数字

 

2006年の結果  

1位:数字は変わっていないが上がっている印象がある

2位:プロ野球は死なず

3位:実質野球

 

2005年の結果

1位:VIB(ベリー・インポータント・ベースボール)

2位:野球脳

3位:イヤー・オブ・ザ・コーチ

 

 

2010視スレ10大ニュース 投票所
http://sentaku.org/sport/1000026123/

 

05年の10大ニュース

06年の10大ニュース

07年の10大ニュース

08年の10大ニュース

 

(09年は集計なし)

いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。