丸木の人々

埼玉県東松山市にある“原爆の図 丸木美術館”で活躍するボランティアのブログ。美術館内外の清掃・整備から、企画展の展示替えやイベントスタッフまでこなすボランティアの活動報告や生の声をお伝えします。


テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

https://fbcdn-sphotos-e-a.akamaihd.net/hphotos-ak-xpa1/t1.0-9/10513241_669989876412266_6944194954994862772_n.jpg



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島 丈吉さんの写真福島 丈吉さんの写真

写真

お待ちしております。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東中野のポレポレ坐にて行われた「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ 1 『屠畜』」 を見てきました。中央アルプスチロルや西ニューギニアなど世界各地の屠畜の民俗を映す内容です。


丸木の人々




エンサイクロペディアは百科事典を意味しますが、これを見てただの知識・教養として納めるのは勿体なく思い、色々考えちゃいましたので、長文に…

家畜は豚やトナカイ、喉にナイフを入れ屠殺し放血する。毛をむしり、腹を割って内臓を取り出し、肉を解体していく。腸はしっかりと洗いソーセージ作りに利用し、肉を燻製にしベーコンを作る。

商品を作るための解体なら「これは売り物にならないから」と上質な部分以外を捨てるかもしれないが、彼らは換金製品ではなく、まさにそれをそのまま生活の糧とするからトナカイの角も、血でさえも捨てることをせずに使う。「一物全体食」、まさに命の全てを無駄にせず他の命に寄与する、これが命の作法だと学んだことがあります。この映像こそ自然と一体になって生きてきた文化・文明の素の姿です。

これに対峙する市場社会では、お金を渡せばお肉も当たり前に食べられます。命を殺める様子を目にすることはない。見たくないものにベールをした状態で社会というものを成り立たせる、これが分業制・貨幣社会の作った現代です。屠畜は汚い、でもその汚い土台に現代社会があるのに、それを見る事を野蛮だといって見させないようにしている社会です。

さて、日本の屠畜について言えば世界ほど発達した食文化はないでしょう。肉食という文化は狩猟民族か、寒冷地・傾斜地という農耕不適地に栄えています。「人間が食べられないものを食べさせて人間の食べられるものを作ろう」というのが家畜の起源で、決して「贅沢品を食べよう」という始まりではない、農耕不適地での食糧確保を目的とした起源です。日本は非常に農耕に適した風土ですから穀物・野菜を食べてきました。それでも「自分の食べるものを自分で調える」「自然から直接糧を捕る」ということで、今回上映された映像と構図の点では相違はないです。これが江戸時代まで栄え、戦後まで主とした自給的農業を軸とする生活の在り方でした。これに大きな打撃を与えたのが1961年に施行された「農業基本法」、農家所得の増大を目的に、農産物の選択的拡大により農業生産性は引き上げられ、これにより農産物は農家にとって「食糧」から「商品」へと色を強め、生活の道具を自然から得ることを辞め、増えた所得により商品を購入することで取って代わられる。こうして生活は自然から離れていった。命を見て、命と関わっていた自給農業は今日も衰退を進めている、「自然共生社会」→「貨幣社会」です。

「二-ズに対する商品の独占」これが現代。人は用を足すために絶えず貨幣を払い、働いて貨幣を蓄える。だから貨幣を多く持つ者は多くの幸せを持ち、持たざる者は不幸である。

この結果を振り返ってみる。都市に対して、遅れて貨幣が入り込んだ「地域」とは何か。持たざる者に国は経済の豊かさを見せつけ、道路などの公共事業を投資し、債務を負わせる。この相殺に用いられるのが「開発」。ダム、空港、原発… 国民利益のための犠牲を大義に給付金を与え、土地を奪う。「自分の食べるものを自分で調える」ことが弱くなった地域は貨幣に頼るしかないから、簡単に強者との隷属関係を生んでしまう。それが市場社会の特徴である。

「自然」から「自ら」糧を創造していた屠畜の「自立した」文化と、市場の歯車となり隷属を生み弱者に原発を押しつけた現代は、真逆にある。

ところで映像のソーセージやベーコンを作る季節は11月とか、これは大雪を迎える冬に備えての保存食の為。トナカイの毛皮を剥ぐのも防寒の為。西ニューギニアは保存食も毛皮も要らないから、その場で焼いて食べる。人間の暮らしは、自然・風土の在り方の歴史でした。アルプスに酪農が栄えるのは農耕不適地だから、東南アジアの人口の多さはお米の適地だから、山羊を連れたモンゴルの遊牧民は植物が乏しい不毛の大地だから… 文化の姿は国の政策のように人間がコーディネートして作られたものはない、砂漠のサボテン、シベリアのタイガなどの植生と同じく、農民の生活もまた自然の風土そのものです。だから代替不可能、他に移すことも、別の生活様式に変えさせることも出来ないんです。

市場社会はこういった文化の色を消して、誰でも、何でもお金で買える社会を目指す。そこに生じるのが格差で、消えるのはコミュニティというのが歴史の証明。





私は、この市場社会で権益を牛耳る人たちに「やめてください」っていう生き方をしなくちゃと思います。

次の社会の創造を考える時、お金では測れないものに目を向けていくことが必要で、屠畜を見るという事は、人が自然に立ち返ること、それはほんの50年前にはあった光景、(見たくないものにはベールをし、その目を広告やメディアの捏造だけに向けさせる)幻影社会ではなく、「自然の中の私たち」という現実社会に人間を引き戻すヒューマニズムの取り組みだと思いました。

村山

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



佐伯祐三のアトリエ兼住居が リニューアルされ オープン、



中を見学できるようになりました。



嬉しいニュースです。



東京下落合の小さな公園内に ひっそりと 建っています。

http://www.city.shinjuku.lg.jp/kanko/bunka02_000102.html



http://shinjuku.mypl.net/mp/walk_shinjuku/?sid=3221



http://www.museum-cafe.com/column/2504.html




素敵な空間です、 ぜひ 秋の散策に お出かけください。



  中村でした。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新宿 K'Sシアターにて  写真家 福島菊次郎氏のドキュメント映画



「ニッポンの嘘」が 公開中です。http://bitters.co.jp/nipponnouso/




近くの街の 玄米定食やさんで この映画のチラシをゲット、

さっそく観てきたら 大当たりの映画!!!!!でした!!!!




「名もなき人々」の「声なき叫び」を写真に焼き付けた伝説 福島菊次郎。

ヒロシマ、三里塚闘争、安保、水保、ウーマンリブ、そして 福島。

66年間、嘘っぱちの嘘っぱちニッポンを見つめ続け今、何を思うのか。




現在 年金の受け取り拒否(理由は映画の中に)、現在 山口県のアパートで


質素に愛犬と暮らしています。ありのままの生活の様子も、とてもチャーミングで


写真に命をかけた姿は 胸を打たれます。祝島での 原発反対デモの 写真も


沢山撮っていて 島の人からも絶大な信頼を受けています。



インパクトのあるモノクロームの写真と共に 彼がどのように写真と向かいながら



生きてきたのか、彼の言葉、生き様に こころから 感動し 涙しました。



この映画のタイトルの意味が 観終わると わかると思います。

 


うまく 言葉では 伝え切れませんが 一人でも多くの方にこの映画を観て欲しいです。







   ご無沙汰しております、中村でした。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご無沙汰しております。
ボランティア神田です。


■終戦記念日の今日

村山さんのお誘いで、ボランティア数名が集まり
小高文庫にて

映画『ひろしま』上映会が行われました。
(関川秀雄監督、1953年、日教組プロ制作)
http://youtu.be/y28tMyJjlns
※8月6日ひろしま忌でも上映会がありました。

1953年、原爆の記憶のまだ生々しかっただろう時代に
実際に原爆を体験した市民も含め、9万人近い広島の市民がエキストラとして参加し作られたそうです。

***

■上映会のあとは、ボラ新聞 編集会議


次号からボランティアの篠崎幸惠さんが編集員に加わってくださることになりました(^^)

篠崎さんはアイディアマンで、
今日の会議でも次から次へと新しい可能性を広げてくださいます。

パソコンにもお詳しいようなので、ボラ新聞に新風を巻き起こしてくれることでしょう!

今後、どうぞ宜しくお願い致します!

■宣伝

ただ今、私が関わっている朗読劇の宣伝です。

今週末東京公演があります。

18日の回は、英語のイヤホンガイドも入りますので
外国人の方にもおすすめです。


朗読劇
この子たちの夏
1945・ヒロシマ・ナガサキ

--------------------------------------------------------------------------------

<公演情報>
【出演者(五十音順)】
かとうかず子
古村 比呂
高橋 礼恵
床嶋 佳子
西山 水木
原 日出子

【スタッフ】
構成・演出=木村 光一
装 置=石井 強司
照 明=古宮 俊昭
効 果=深川 定次
舞台監督=浅沼 一彦
制 作=渡辺 江美

【日程】
2012年8月18日・19日


日にち 開演時刻
8月18日(土) 13時
17時
8月19日(日) 14時

【会場】
世田谷パブリックシアター

【料金】
一般=3,000円
24歳以下(要事前登録)=1,500円
中学生以下=1,000円

【お申込み・お問合せ】
世田谷パブリックシアターチケットセンター
http://setagaya-pt.jp
電話:03-5432-1515


【主催】
社団法人国際演劇協会(ITI/UNESCO)日本センター
「こどもの心を育てるせたがやアートフェスティバル」実行委員会
【提携】
せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
【後援】
世田谷区
【助成】
芸術文化振興基金
全日本社会貢献団体機構
【企画制作】
地人会新社

『この子たちの夏』
地方公演】
8月10日 佐賀県 鹿島市
 鹿島市民会館
 19時開演
8月12日 滋賀県 草津市
 しが県民芸術創造館
 15時開演
8月22日 新潟県 佐渡市
 アミューズメント佐渡
 18時30分開演

http://earth-h.at.webry.info/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

パネル製作などで丸木美術館と関わりのある大木茂 さんの写真展『汽罐車 ~よみがえる鉄路の記憶1963-72~』 に行ってきました。

丸木の人々


“館内の撮影は自由です。私もあちこちで勝手に撮らせていただきましたので。”

といった案内を初めに目にし、なんだか嬉しい気持ちで鑑賞を始められました。


“作品として綺麗に”や“機関車を中心にして”とかではなくて、

機関車が端っこにあったり他のにピントがあってたり車内の人の笑顔だったり

色々なアングルがある分だけ軽くタイムスリップしたみたいな気分になって、

蒸気機関車の時代とその姿が伝わってきました。

それにこの方、本当に好きですね蒸気機関車が。

テーマを先に決めてそれに縛られることなく、純粋に撮りたいと思ったものにカメラを向けてるな~と。


良い写真て技法や装備が必要とは限らず、被写体に対する強い関心が大事ですね。

良い写真撮りたきゃ感性豊かにせぃ、そんな勉強になりました。


会期は今月10日まで。6日はひろしま忌に行くとして、まだの方は7日以降是非ご鑑賞ください。


村山

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。