マルハビ日記

マルチハビテーション・田舎暮らしなど移動しながら仕事をする会社員のお話。
都会暮らしを残しつつ、田舎にも生活の拠点を持つ‥‥。理想的な生活だと思います。
そんな双方生活の面白い??話 移動しているといろいろ考えてしまいます(笑)


テーマ:

三重の自宅の朝です。夏の休みの日課は、朝からだいたい草刈りである。自宅周辺の色々な土地の草を刈る。徐々に草が短くなってきているのと、実際、栗とか柿などの果樹がしげるようになると草刈りは楽なのである。里山は色々な恵みを頂けるので、そのような形に変えていきたいと思っております。いい感じの周辺になってきています。

 

どうも民主主義ということを理解していないのか民進党とかマスコミはと思ってしまう。この民主主義というのはカネもかかるし時間もかかる。しかし独裁国家よりいいし、共産国家よりもいい。ここらへんのさじ加減が解っていないのである。

 

いまだに加計学園を閉会中審議としてやるのはおかしい。もう前回で証拠というのか話は尽きたのである。青山繁晴氏の審議だけカットして放送しているマスコミが多いのだが、彼の審議を聞くと全てわかる。単純に歪んでいたのが官僚の行政機構で地元も獣医学部は必要としていた。しかも獣医学部はあまり儲からない仕事でそれを率先してくださる加計学園はありがたい存在だったとの話を元愛媛県知事も話している。くしくも前川前事務次官の先輩官僚でもあった。

 

この結論は単純で、獣医師会と官僚が癒着していたところに規制改革と安倍首相が行ったことが非常に大きな軋轢となって安倍憎しのマスコミと話が一緒になっている。組織売春宿の常連だった前次官の話を国会で聞く必要があるのかと本当に言いたい。これが大きな問題ではないのだが、一番の問題は、このエロ官僚と獣医師会との癒着が大きな問題なのである。

 

小生は官僚組織の癒着が民主主義では一番良くないと思っています。高いコストを払って民主主義を運営するのでその実行にあたる官僚が癒着するといけないのである。日本は政治家のスキャンダルはマスコミが騒ぐが、官僚の癒着特に天下りに関しては非常に寛容である。これも民主主義のコストだとは思うのだが、今回の一件は少しおかしすぎる。性犯罪者で天下りの最高責任者でもあったおっさんが何が正義なのだ。絶対におかしい行政がいがめられていたと彼が言うのだが、いがんでいるのは彼の方である。この話はいつも思うのだが、本当におかしい。

 

 

草刈風景であります。広大な土地をするのは疲れます。

 

 

押していただければ励みになります

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

三重の自宅の朝です。昨日は午前中は小雨が降っていましたが、午後は非常にいい天気でした。山間部の天候なので非常に不安定ではありますが、東京とかその他の地域に比べればすごく過ごしやすい地域でもあり、自宅でもあります。この季節は開放すると非常に心地よい風が入り、気持ちがいいのであります。よくよく考えると大手ハウスメーカーの住宅ですが、真冬が少し寒く感じる程度で、その他の季節は非常に心地よいのであります。この理由も何回も書いていますが、2種換気という特徴的な換気が原因であることは良くわかっていますので、真冬は少し換気の出をコントロールするといいのですが、通風が好きな小生としては開けたくなるので、そこらへんが難しいところです。

 

飛行機で移動することが多いのですが、その際ガラガラのときはよく後ろでもいいのでブロックという作戦をとる。少しいやらしいのだが、隣に入れないでということである。航空会社のクルーも良くわかっていて、寝ている場合は、まったく相手にしないし、起きて仕事をしているとコーヒーを黙って隣の席の机に置いてくれたりする。そこらへんは日本の航空会社は非常に申し送りも含めて優れているのである。外国の航空会社はそこらへん出来ないところも多いが、一番乗り心地がいいのはJALだと小生は思っている。ANAとは一回喧嘩しまして、ステータス捨ててまで抗議しましたが、やはり必要となって再度取りましたけど・・・・そこまで小生はANAは好きではない。少し乱暴なのである。というか処理が数字的なのである。

 

この新聞記事はどちらの航空会社かわからないのだが、ある男性の話として書かれている。長年連れ添った奥様が先立たれて、葬儀も終わり、納骨のために佐賀のお寺に向かうときの話である。遺骨は機内に持ち込めるのだが、怪しまれるといけないので、その男性は、搭乗手続きの際にその旨を伝えた。機内に入り、バックを上の棚に入れたところで、乗務員さんが、隣の席を空けております。お連れ様はとの質問をしてバックを隣におろし、シートベルトを締めて固定してくれたそうです。そしてお連れ様の分ですとお飲み物まで出してくれたとの話である。

 

それだけ日本という国は美しい国家なのです。この品質と表現するといけないのである。心遣いなのである。私この話で泣いてしまいます。

 

 

 

 

押していただければ励みになります

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

三重の自宅の朝です。福岡からの出張を終えて、三重まで帰り着く、この頃は嫁と南草津で落ち合ったりするので、非常に帰りも楽しいのである。夫婦でマルハビ生活である。昨日は嫁が帰りにスーパーで総菜を買ってしまったので、あえなく王将は断念。にんにくパワーで元気になろうとしていたのですが。少し残念ではあります。

 

1昨日、木曜日に日記が無かったのは、少し二日酔いで日記がなかったのである。従って木曜日の晩の福岡への移動は健康そのもので、一滴も飲まなかった。その後体調は復活しているのだが、酒を飲まなかった。酒に執着した人生であるのだが、この頃は、酒への執着が少し薄れている。ここが中年から老人への変化点という人も多いのですが、ある時期人は飲まなくなるらしいです。そこから老いが始まるとの話もあります。人類の酒への執着というものは、凄いとのことです。

 

TVの旅番組みてもわかるでしょ。黒く入れ墨してしまったナスD?という青年が旅しているアマゾンジャングル奥地でもどんなところでも酒はあるのである。それだけ人は酒が好きでドバイへ仕事で行ったときも絶対に酒はあるのである。これだけ不思議なことはない。しかしその酒に対して徐々に恐怖すら覚えるようになるのである。不思議である。

 

三重の自宅は実は雨である。天候不順で暑くないのである。山間で雨という山間である。従ってすごく涼しいのであります。東京・京都・福岡の暑さを思えばすごく不思議であります。日中も30度程度までしか上がらないので雨の様子を見ながら農作業を始めたい。

 

IMG_2261.JPG

 

 

 

押していただければ励みになります

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。