日々のさまよい

昔や今のさまよいなどなど。


テーマ:

稲佐の浜で禊祓いの潮汲み~初夏出雲行(7)←(承前)




国道431号を通って、05:50に神門通り交通広場駐車場に着きました。
弥山から雲が沸き立ちます。




天気予報では昼までに晴れるとのことで、もう小雨になっていましたから、レインコートだけ着て出発しましたけれど、これが失敗でした。

06:00の開門が迫っているため、私は二人を待たずにズカズカと先へ進みます。




出雲大社の表参道、神門通りへと出て、勢溜(せいだまり)の二の鳥居を見やると、その向こうには八雲山が雲に霞んで聳えています。




勢溜に到着。

ここから先、下り参道を少し進むと右手にある祓社から、出雲大社のお参りが始まります。

出雲大社ホームページ
出雲國神仏霊場/出雲大社
Wikipedia/出雲大社




振り返ると、
神門通りの向こうには、鉄筋コンクリート製の大きな一の鳥居が見えています。

そこを小走りして近づいてくるサチエ。
おそらく、背後の店先にあるウサギ像に気を取られていた模様(笑)

↓勾玉を持った碧いウサギのアップ。







木製の二の鳥居。
この下り参道を降りきって祓橋を渡ると、鉄製の三の鳥居があります。




下り参道についてですが、「日本三大参道下り宮」というのがあるそうです。
貫前神社[経津主命:当社では物部氏の祖神とする]
草部吉見神社[日子八井命(国龍神):神武天皇の第一皇子]
鵜戸神宮[日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊:神武の父]

それと他に、下り
参道で有名なのが、大和神社(おおやまとじんじゃ)ですね。
大和神社[倭大国魂神:崇神が宮中に祀った二神がこの神と天照大神]

草部吉見神社は池、鵜戸神宮は海に降りていかなければなりませんから、下り参道にも地勢上の理由があります。

しかし出雲大社・貫前神社・大和神社には、特段これといったやむを得ない理由はなさそうですし、主祭神はヤマト王権にとってまつろわぬ神々ですから、あえて下り参道にしたのではないかと思われます。

特に出雲大社は、せっかく巨大な社殿を建てるなら、わざわざ低地に建てるのでなく、できるだけ高い地に建てた方が荘厳さも際立ったのではないでしょうか。

標高を調べてみましたら、一の鳥居で5m、二の鳥居は17m、松並木が7m、本殿だと10mになっています。
ですからいっそのこと、今の二の鳥居辺りに本殿を建てれば、周囲から聳える姿がよく見えたと思います。

ただ、勢溜の丘陵は砂丘とのことで、地盤が建築物に向かなかったのかも知れません。
けれども、それならこそ、例えばここに切通しを作ることも可能だったのではないでしょうか。

あるいは、さらにいっそのこと、八雲山の麓を少し上がった辺りに本殿を建立し、長い階段を下から斜めに建てかければ、倒壊の危険が少しでも減ってより高くできますから、今よりずっと良かったんじゃないかと思いますけれど、どうなんでしょう。




祓社(はらえのやしろ)。

祭神 祓戸四柱神(はらえどよはしらのかみ)
出雲大社に参拝する人々は、まずここで身心を祓い清めていただきます。祓戸四柱神とは、瀬津比咩神(せおりつひめのかみ)、速開都比咩神(はやあきつひめのかみ)、気吹戸主神(いぶきどぬしのかみ)、速佐須良比咩神(はやさすらひめのかみ)です

出雲大社ホームページ/摂末社
Wikipedia/祓戸大神

ところが、さあお参りしようとした時に、土砂降りとなって唖然とします。
もちろん雨の中でもお参りはできますけれど、後々のことを考えて、ここはいったん駐車場へ戻り、傘と長靴で完全装備することにしました。

こういう時、禊の雨と思われる方も多いと思います。
私たちも、ついそのように思いたくなってしまいますけれど、やはり天候は自然のことですから、神さまの思惑など安易に人間の浅知恵で意味づけない方が良いかも知れない、などと近ごろ感じます。




松並木の参道へ入る辺り、右手の神苑の向こう八雲山の隣の山(宇迦山?)からも、八雲が立ってます。




松並木の参道。

早朝で雨ですから、さすがに他の人が見当たりません。


思わぬ強い雨とタイムロスで、境内をゆっくり散策する余裕もなくなってしまい、通った筈の三の鳥居や、
この後にムスビの御神像、御慈愛の御神像など全く見た記憶もなく撮影できていません(泣)

その上、「素戔嗚尊」と刻まれた文字を見るのを楽しみにしていた銅鳥居は、修造中でシートに覆われ近づくこともできませんでした。


ともあれ、荒垣に入ると拝殿を横目にズイズイと進み、開いたばかりの御守所で「神拝詞とかありますか~?」と問い合わせます。
すると巫女さんから「神拝詞なら西の門を出てすぐの神楽殿でどうぞ」とご案内を頂いたので、早速そちらへと向かいました。



(つづく)→ 出雲大社教神拝詞集など~初夏出雲行(9)




~いつも応援ありがとうございます~
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マルデンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。