日々のさまよい

昔や今のさまよいなどなど。


テーマ:

はじめに/歴史的混沌-謎と闇が多すぎ~初夏出雲行(5)←(承前)



大阪を23:30に出発し、予定通り04:00に須佐神社へと到着しました。

ただ、出発時から結構な雨が降り続き、高速道で思っていたようなスピードが出せなかったため、途中での休憩は取りやめて、サチエが水しぶきを上げながらノンストップでの出雲入りです。

須佐神社ホームページ
出雲國神仏霊場/須佐神社
Wikipedia/須佐神社

須佐之男命の御終焉の地として御魂鎮めの霊地、又御名代としての霊跡地
須佐之男命の御本宮として古くより須佐大宮、天文年間には十三所大明神という

Wikipedia/スサノオ
Wikipedia/クシナダヒメ
Wikipedia/アシナヅチ・テナヅチ




夜明け前の雨ですから、星明かりもないため、真っ暗な中ストロボを焚いて撮りました。
小降りにはなりましたけれど、雨の雫が光っています。




拝殿には電球が灯り、屋根もあったので助かりました。
空が少しずつ明けて行く下、初奉拝のご縁に感謝して、本出雲行の無事結願を祈ります。


さて、ここで初っぱなから、前々より悩んでいた課題があります。
それは、参拝の方法についてですが、拝礼作法については調べていたので大丈夫でしたけれど、

出雲大社=2礼4拍手1礼
出雲大社/出雲大社での参拝はどのようにするのでしょうか?

その他 =二拝二拍手一

拝熊野大社/参拝の作法
須佐神社/参拝心得

あと、一応のところ全国共通と思われる大祓詞が、出雲でどのような扱いなのかが気になっていました。

ご存知のように大祓詞は、『延喜式』巻八「祝詞」の「六月晦大祓」を元にした祝詞で、中臣祓詞とも呼ばれ、日本書紀に則った内容です。
Wikipedia/大祓詞

そこでは例えば、
荒振神等をば 神問はしに問はし給ひ 神掃へに掃へ給ひて
とあり、これは、荒ぶる神々に国譲りをするのかどうするかトコトン問い質し、言うことをきかなければ箒で掃き捨てるように掃き尽くした、ということですから、国譲りを強要された出雲からすれば、かなり腹立たしい内容だと思います。
Wikisource/大祓詞

それも中臣祓詞ということは、その中臣は藤原氏の
出自ですから、大祓詞は出雲国造にとって、仇敵ともいえる藤原不比等の捏造したエセ神話を礼賛する祝詞、ということになります。




…このようなことを気にしたのは、私たちがいつも祓詞→大祓詞→神拝詞→鎮魂詞という、基本的に大神神社式の奏上で主要な社を参拝していることから、この点どうしたものか、思っていたからです。

祓詞や神拝詞、鎮魂詞についても、その神社に特有のものなどあれば、それは社務所で神拝詞の冊子など拝見できれば分かりますけれど、これもまだ朝が早すぎて確認できません。
このように困るのは分かっていたのですが、ネットや書籍では調べきれずに、ともかく現地で考えようと出発していた次第です。

ということで、悩んでいても結論は出ませんから、ここは勝手ながら私たちのホームグラウンドを三輪と決め、そのアウェイというか表敬訪問というかそのような心構えで、お参りをさせて頂くこととしました。

まあ、オオモノヌシ≒オオクニヌシ≒スサノオ、ということでしたら、大きな失礼もないかと思いましたので…?




そうして拝殿でのお参りを終え、向かって右側から奥へと進みます。

この本殿は、
1966年5月31日に島根県の重要文化財へ指定されています。
大社造、方二間(四米余)、高さ七間(十二米余)」とのこと。




明るく見えていますけど、後でかなり補正していますので、実のところ肉眼ではあまり見えていませんでした(泣)

サチエのスマホで撮った写真だと、↓こんな感じです。





本殿裏手の「大杉さん」。

周囲二十余尺(七米余)樹高百尺(三十米余)木肌の一つ一つに千数百年の世の盛衰栄枯の歴史を秘め黙して語らず

幹はブレていませんけれど、周囲がブレているようなのは、風でしょうか?
シャッタースピードが1/2秒ですから、かなり遅いので。




社叢。
この社の立地は少し山奥ですけれど、周囲が拓かれた人里なので鬱蒼としているわけではありません。


暗くてよく見えない境内をウロウロとしながらも、奥の三穂社と稲荷社から、東末社と西末社などを巡りました。
須佐之男命自ら潮を汲み此地を清め給うたという」潮の井でお水も頂きましたが、どれも暗いし雨もあって写真が撮れていません。

それどころか、鳥居の外側真向かい奥にある天照社は、暗くて見落としたまま参拝できていませんでした(泣)




そろそろ移動しようかという頃合いになっても、まだ雨がパラパラと降っています。
辺りがようやく薄明るくなって、次は出雲大社の前に、稲佐の浜へと向かいます。


ちなみに、この社の宮司さんはスサノオのご子孫という記事をネットで見たことがありましたので、気になって調べてみました。

というのもこの出雲行を計画している時に、出雲國神仏霊場/参拝時間と入山料で須佐神社の閉門時間が17:00となっており、開門時間が空欄となっていましたので、念のため確かめておこうと須佐神社へ電話をしました。
すると、威勢のいいお爺ちゃんな感じの声でご対応を頂き、それはおそらく宮司さんだったと思うのですが、それがもし本当にスサノオの末裔であられるとしたら、ちょっと嬉しいと思いましたので。


須佐神社ホームページ/御祭神には、
手摩槌命(てなづちのみこと)(須佐家の祖神)」。

けれど、Wikipedia/須佐神社/歴史では、
社家の須佐氏は、須佐之男命の子の八島篠命を祖とすると伝える」。

そして、Wikipedia/アシナヅチ・テナヅチ/解説だと、
代々須佐神社の神職を務める稲田氏(後に須佐氏)は大国主の子孫であり、アシナヅチ・テナヅチから数えて2010年現在で78代目であるとしている」。

ホームページでのテナヅチとはスサノオの妻となるクシナダヒメの母神ですし、他に「八島篠命を祖」「大国主の子孫」とか、どうしてストレートにスサノオが祖神、としないのでしょう?
あるいは、したくても出来なかった理由があるんでしょうかね?

不思議です。



(つづく)→ 稲佐の浜で禊祓いの潮汲み~初夏出雲行(7)




~いつも応援ありがとうございます~
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

マルデンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。