私たちの身近な家庭生活で絶え間なく消費されるエネルギー。

昨今では省エネが取り立たされています。今の時代に見合った省エネを考えなくてはいけない時代になって来ているのではないでしょうか?

私達に出来る事を今からでも・・・


今日は、前回のつづきをご紹介致します。補助金の募集スケジュールです。今年度での残りは2回になります。今、エコキュートが気になる方、興味がある方など導入をお考えの方は是非この機会にご検討されてみては如何でしょうか?


募集期 第4期

募集期間 平成21年11月2日月曜日~平成21年12月25日金曜日

設置工事期間 受理を確認できた日~平成22年1月27日水曜日

設置工事完了期限日 平成22年1月27日水曜日

補助金交付申請書類提出期限日 平成22年1月29日金曜日


募集期 第5期

募集期間 平成22年1月5火月曜日~平成22年1月29日金曜日

設置工事期間 受理を確認できた日~平成22年2月11日木曜日

設置工事完了期限日 平成22年2月11日木曜日

補助金交付申請書類提出期限日 平成22年2月15日月曜日


注意 ①募集は各期とも先着順にて受付けています。

    ②募集期毎の予算には限りがある為、募集期間中に申し込み額の合計が予算額に達した場合は抽選になります。


③第五期募集台数につきましては、若干数となる見込みです。


如何でしたか、残りも僅かです。ご興味のある方この機会に是非ご検討下さい。


今日のお話は前回に続きまして補助金制度のお話でした。
AD

国の補助金制度がご利用いただけます#2

テーマ:

私たちの身近な家庭生活で絶え間なく消費されるエネルギー。

昨今では省エネが取り立たされています。今の時代に見合った省エネを考えなくてはいけない時代になって来ているのではないでしょうか?

私達に出来る事を今からでも・・・


今日は、前回のつづきをご紹介致します。補助金の募集方法、1台当たりの補助金額、対象となる費用です。


1、補助金の募集方法

補助金の募集には「家庭用」と「業務用」があり、それぞれ募集期が設けられてい

ます。

家庭用 年5期(5回)に分けて募集 先着順

業務用 年4期(4回)に分けて募集 先着順


2、補助金の申込区分とエコキュート1台当たりの補助金額

家庭用のエコキュートを設置する場合

家庭用  ¥41,000-/台

業務用リース ¥41,000-/台


業務用(リースを含む)のエコキュートを設置する場合

5kW未満    ¥ 80,000-/台

5kW以上10kW未満 ¥130,000-/台

10kW以上20kW未満 ¥250,000-/台

20kW以上30kW未満 ¥380,000-/台

30kW以上40kW未満 ¥500,000-/台

40kW以上50kW未満 ¥610,000-/台

50kW以上60kW未満 ¥730,000-/台

60kW以上    ¥850,000-/台


3、補助金交付の対象となる費用

補助金交付の対象となる費用は次の①~④の機器費合計となります。

ヒートポンプユニット

貯湯タンク

台所リモコン

風呂リモコン


設置に係る付属部品、配管等に掛かる設置工事費用は含まれませんのでご注意下さい。

新規購入のみの対象となります。

中古品、展示品等は補助金対象外です。


今日のところは、ここまでです。
AD

私たちの身近な家庭生活で絶え間なく消費されるエネルギー。

昨今では省エネが取り立たされています。今の時代に見合った省エネを考えなくてはいけない時代になって来ているのではないでしょうか?

私達に出来る事を今からでも・・・


今日は、前回ご紹介しました、家庭生活に身近な給湯器具のエコキュートに使える情報に着目してみました。

それは、補助金です。

みなさんは、光熱費月にどの位かかっていますか?この時期、ガス代もっと抑えたいなーと思ったことはありませんか?私の家庭は暖房にガスと石油ストーブを使っていますが、やはりこの時期はガス代が驚く金額に跳ね上がります。プロパンガスって高くないですか?


家庭で消費されるエネルギーの内1/3が給湯といわれています。


補助金を上手に使って導入を検討してみて下さい。


1、 制度の概要

エコキュート導入補助金制度は、これからエコキュートを住宅などに設置して使用すること

を予定している方に対して、その購入費用の一部に充てるために補助金を交付する制度

です。

補助金を申請または受給される皆様へ

本制度はエコキュートの購入に伴うキャッシュバックではありません。補助金の交付を受ける

場合は制度および申請の方法を十分に理解したうえで、正しく手続きを行って下さい。

補助金の応募要件

応募には、次の全ての応募要件を満たすことが必要となります。

Ⅰ.エコキュートを購入して使用する方が申し込むこと

Ⅱ.補助金交付の対象となっているエコキュートの設置を予定していること。

Ⅲ.エコキュートの設置(据付)前に申し込み、受理の確認後に設置(据付)すること。

Ⅳ.設置工事完了期限日および補助金交付申請書類提出期限日を厳守できること。

Ⅴ.他の国庫補助金と重複して補助を受けないこと。

Ⅵ.電力会社および過去の補助金交付団体への個人情報提供に同意できること。

Ⅶ.エコキュートを6年(法定耐用年数)以上使用できること。 


今日のところはこの辺で失礼します。
AD

留守でも勝手にエコ

テーマ:

私たちの身近な家庭生活で絶え間なく消費されるエネルギー。

昨今では、省エネが取り立たされています。今の時代に見合った省エネを考えなくてはいけない時代になって来ているのではないでしょうか?

私達に出来る事を今からでも・・・


今日ご紹介する製品は、共働きなご家庭にはもってこいの製品です。

それは、ソーラーライトです。毎日ほったらかしにされていても、十分働いてくれる頼もしいライトです。

日中みなさんが働きに出ている間に、太陽光を浴びて太陽エネルギーを蓄えます。

日も暮れてみなさんが帰宅する頃に、日中に蓄えた電気を使いご自宅の玄関をやさしく照らしてくれるといった内容の製品です。電気代も掛からず明かりを灯してくれる大変経済的な製品です。


調べてみると、さまざまな製品があります。


先ずは、帰宅の際には日も暮れて暗くなっていることと思いますので、玄関の外に設置するなんて如何でしょうか?


帰宅した際の玄関先のムードがあがりますよ。

設置はいたって簡単です、玄関の地面に挿したり、置くだけの簡単設置となっております。


次は駐車スペース、カーポートなどに便利ではないでしょうか?

私も自宅で使っています。

センサーが付いているので、車やバイク、自転車を降りて電気を点けに行かなくてもセンサーが感知して自動で点灯、消灯をしてくれます。


もちろんソーラーライトですので、電気代は掛かりません。

配線工事不要のコンパクトな設計になっています。


ここまで、ソーラーライトについてお話をしてまいりましたが如何でしたでしょうか?

太陽エネルギーを上手に使って快適なあかりのある生活をおくりましょう。

今日のお話はソーラーライトでした。


私たちの身近な家庭生活で絶え間なく消費されるエネルギー。

昨今では省エネが取り立たされています。今の時代に見合った省エネを考えなくてはいけない時代になって来ているのではないでしょうか?

私達に出来る事を今からでも・・・


今日は、少し未来のお話をしようかと思っています。将来の公共交通機関になり得る乗り物のお話です。


それは仮称、エコライドといいます。ジェットコースターの原理を応用した環境にやさしい乗り物です。


私もぜんぜん知らなくて、テレビ番組で見ました。

エコライドの利点は車両本体に動力源がないことで軽量化ができること、軽量化ができること即ち部品点数が少ないことで経費も抑えられる事です。

一番は、一般的な電車の場合、走らせるときに電気エネルギーを使いますが、エコライドの場合は、発進準備をするとき電気エネルギーを使うだけですので、ランニングコストも大分抑えられます。発進後の走行はジェットコースター同様、高低差3mから生まれる位置エネルギーで下り勾配の線路を滑り降りる走り方です。

レールの構造も車体本体に動力源を持ちませんので、レールの構造も軽く済みインフラ全体もコンパクト、低コストにできるのです。

また、エコライドはジェットコースター同様に脱線防止技術(上下横の3方向からレールを囲いこむ)を採用しており安全面の高さも利点です。

ジェットコースターの場合は、乗り心地など気にせず乗り心地もまたジェットコースターのスリルと醍醐味になりますが、エコライドの場合は、公共で使用する事を目的としていますので、お年寄りの方、お子様、障害者の方などを考慮して、乗り心地もよい物にしなければなりません。開発を進めている企業では、ジェットコースターを開発するうえで考えたことのない乗り心地で戸惑いをみせていました。

そこで、開発を進めている企業では、エコライドにショックアブソーバーを取り付けることにしました。

電車、車など一般的にショックアブソーバーに使われているコイルスプリング式ではなく、ジェットコースターの車輪に使われているウレタンゴムを採用して衝撃を吸収させることで乗り心地を向上させました。

構造上長距離輸送には向きません、基幹駅からショッピングセンターや住宅地への輸送を目的として開発が進んでいます。路線の全長はおよそ5~6Kmくらいで最高速23Km/h前後です。


ここまで、エコライドについてお話をしてまいりましたが如何でしたでしょうか?

実用化されて町のあちらこちらで走っている姿を早くみたいものです。

新橋と東京臨海副都心を結んだ、ゆりかもめが走り出した平成7年に仕事でお台場に行って初めて横を走り抜けたとき、何?この乗り物と思ったこと思い出しました。

人は見慣れないものを見ると興味がわくものなのですね。


今日のお話はジェットコースターの原理を応用したエコライドでした。



繰り返し使える電池

テーマ:

私たちの身近な家庭生活で絶え間なく消費されるエネルギー。

昨今では省エネが取り立たされています。今の時代に見合った省エネを考えなくてはいけない時代になって来ているのではないでしょうか?

私達に出来る事を今からでも・・・


今回は、身近な生活空間の乾電池に着目してみました。


今の生活に欠かせない電気、きっと何処へ行くにも携帯する電話、携帯型音楽再生機、携帯型動画再生機と一緒に電気も電池という形で携帯しています。


今日は繰り返し使える電池に着目しました。


日本国内で一年間に販売される乾電池は約21億本ともいわれています。

使い切る生活から、繰り返し使う生活へ。充電式電池は環境の事を考えた電池です。


充電式電池の特徴

1:繰り返し充電をして使用できます。

リサイクル出来る電池。回収ボックスで回収された充電式電池は金属素材として再利用されます。

2:自然放電を抑えて買って直ぐに使えます。

3:乾電池と比べて使い始めから使い終わりまで、安定した電圧供給が可能です。

4:乾電池に比べてパワーが長持ちします。

5:色んな機器に使えます。

  リモコンからデジカメまで、乾電池と同じようにご家庭でお使いのさまざまな電池機器に使えます。

6:継ぎ足し充電もOKな種類のタイプもあります。

7:低温にも強いです。

  寒い所で性能が低下してしまうのは、通常の乾電池では構造上仕方のないことです。-10℃の低温で最近の充電式電池は低温での性能低下を抑えるので、スキー場などアウトドアでも使えます。


ここまで、充電式電池についてお話をしてまいりましたが如何でしたでしょうか?

今度買い換えないといけません。乾電池という容器を捨てるのがもったいない気がします。

エコ替えです。

今日のお話は充電式電池でした。

紙くずがトイレットペーパーに

テーマ:

私たちの身近な家庭生活で絶え間なく消費されるエネルギー。

昨今では省エネが取り立たされています。今の時代に見合った省エネを考えなくてはいけない時代になって来ているのではないでしょうか?

私達に出来る事を今からでも・・・


今回は、皆さんが働いている会社で出るシュレッダーゴミのリサイクルを見つけました。


それは・・・ホワイトゴート

初めて聞く名前ですね、シュレッダーゴミをトレットペーパーに変える夢のような、テレビマンガの世界のようなマシンで、世界初、世界最小の全自動ペーパー再生マシンです。


使い方は・・・

いたって簡単です。

1、 マシンのシュレッダーゴミ投入口から投入

2、 スタートボタンON

3、 給水ランプ点灯時水を補給(1回/2日、10㍑程度)

4、 トイレットペーパーの出来上がりです。


ほんとうに簡単ですね!!アイスクリームメーカーみたいです。


では、どのくらいのトイレットペーパーができるのでしょうか?

シュレッダーゴミ7.2Kg(大型シュレッダー約1杯分)で約50個のトイレットペーパーが作り出せます。


では、環境にどのくらいやさしいのでしょうか?

今まで燃やされていたシュレッダーにかけられた紙のゴミをトイレットペーパーとすることで、燃える時に出るCO2を減らし、新しく紙を作るために切られる木も減らす事が出来ます。


他にはどんないいことがあるのでしょうか?

シュレッダーにかけた機密文書を内部でトイレットペーパーにして下水に流すと溶けてしまうため、機密が外部に漏れる心配が一切ありません。


ここまで、シュレッダーゴミからトイレットペーパーを作ってくれるホワイトゴートについてお話をして

まいりましたが如何でしたでしょうか?

1年間で約1.7トンCO2削減と直径14cm、高さ8mの木を60本以上守ることが出来るんです。


今日のお話はホワイトゴートでした。

IHクッキングヒーターの力

テーマ:

私たちの身近な家庭生活で絶え間なく消費されるエネルギー。

昨今では省エネが取り立たされています。今の時代に見合った省エネを考えなくてはいけない時代になって来ているのではないでしょうか?

私達に出来る事を今からでも・・・


今回も、家庭生活に身近な給湯器具に着目してみました。

それは、IHクッキングヒーターです。


東京電力さんの宣伝で見たことがある人が多いのではないでしょうか?

IHクッキングヒーターは、火を使わず、磁力線のはたらきで鍋そのものが発熱します。

高火力からトロ火までどんな料理にも対応できます。200ボルト機器なのでハイカロリーバーナーにも負けないパワーと高い熱効率で、強火が命のチャーハンも美味しく仕上がります。

国内メーカーのものは、ロースターや揚げ物温度調節機能も付いているので、大変便利です。

これまでのキッチンのように、壁際にとらわれる事なく、アイランド式のキッチンや、木製の調理台だって作ることができます。

しかもフラットなトッププレートは、お手入れが簡単です。

そのシンプルな美しさは、煌びやかさはキッチンを今までとは違う世界に変えてくれるでしょう。


では、火を使わずしてどのように加熱するのでしょうか?火力に問題はないのでしょうか?お答えしてまいりましょう。

IHとは、Induction Heatingの略で、日本語にすると電磁誘導加熱の略です。

つまり、電気を使って発生する磁力線で、鍋を発熱させるヒーターのことをIHクッキングヒーターと言います。


加熱のしくみ

1、 磁力発生コイルに電流を流します。

2、 コイルから磁力線が発生します。

3、 鍋底にうず電流を流します。

4、 うず電流によりなべ自体が発熱します。

伝わり易くお話しますと上記の説明になりますが、お分かりになりましたか?

これが火を使わないキッチンなんです。


IHの働きにより鍋自体を発熱させるIHクッキングヒーターは、周りに熱を逃がさずに効率よく調理できますので、立ち上がりも早くムダがありません。


では、ここで他の疑問にもお答えしたいと思います。

Q1:IHクッキングヒーターのいいところ、分かりやすく教えて?

ns:なんといっても、トッププレートがフラットなのでお掃除が簡単。そして、火を使わないので火災の心配をすることもありません。



Q2:システムキッチンのコンロ部分だけ取り替えできるの?

ns:ガスコンロと同じサイズなのでカンタンに取り替えられます(外国製品等一部を除きます)。設置には200Vの電源コンセントが必要ですが、通常約半日で工事が完了します。またビルトインタイプ以外にも、据え置きタイプもあります。


Q3:今までのお鍋は使えないの?

ns:鍋底が平らなステンレスやホーローのお鍋ならほとんど使えます。そして、アルミ鍋や銅鍋も使えるIHクッキングヒーターも現在、販売されています。


Q4:200Vだと電気代は高くなるの?

ns:200Vは100Vに比べ、ハイパワーで同じ量の仕事を効率よくできますので電気代が高くなることはありません。


Q5:マンションに住んでいるのですが使えますか?

ns:幹線に容量があればお使いいただけますが、管理組合にご相談ください。


Q6:電磁波は大丈夫?

ns:国内外の諸機関の総合的な評価にもとづき、生活環境における電磁界が健康に害を及ぼすことはないと判断しています。


どうでしたか?ほんの一部でしたがお分かり頂けたでしょうか?


今日はIHクッキングヒーターの魅力をご紹介致しましたが、4つポイント安心・快適

・らくらく・効率的で毎日のお料理をもっと楽しくすることでしょう。


今日のお話はIHクッキングヒーターでした。

今年の夏はドライミスト

私たちの身近な家庭生活で絶え間なく消費されるエネルギー。

昨今では省エネが取り立たされています。今の時代に見合った省エネを考えなくてはいけない時代になって来ているのではないでしょうか?

私達に出来る事を今からでも・・・


今回は、もうすぐ暑い夏ですので、いかに涼しく過ごすかをテーマにエコを探してみました。


今、自分が日頃の仕事から様々な企業様に出向いて省エネのご提案をしていて何時も思うのですが、この季節やはり電気代が凄い勢いで跳ね上がります。いかに電気代を下げるか、いかに安く夏を乗り切るのか、エアコンを使わず扇風機で・・・

とっ、いろいろと考えていたらテレビ番組で「ドライミスト」なるものを放送していました。

今日はドライミストについてお話をしていきたいと思います。


ドライミストとは・・・

ここでご紹介するドライミストとは、超微細な水を霧状にして噴霧し、蒸発する際の気化熱を利用してまわりの温度を下げるといった装置です。

ドライミストは利用しても喉を痛めることはなく、室外機からの廃熱を周囲に放出しないため、ヒートアイランド現象を弱める効果もあります。体にも自然にも優しい冷房装置なのです。

工学部建築学科研究室の教授が消火用のミストからヒントを得て考案したものです。

通常使っている霧吹きのような物で噴霧すると、触れたときに私たちの体、近くの物などが濡れてしまいます。

しかしドライミストの場合、噴霧する水は超微細な為、触れても濡れた感じのしない水なのです。

愛知万博などの実績から、噴霧エリアの気温をおおよそ2℃~3℃低下させる効果が期待できます。

気温、湿度、風などの気象条件に応じた自動運転により、電気や水の使用を極力抑えました。

上水道を直接使用し、ステンレス配管を採用するなど、衛生面には十分配慮しました。


納入先

2005年 愛・地球博 EXPO 2005 AICHI JAPAN

2006年 六本木ヒルズ 66 プラザ、秋葉原駅西側交通広場、五稜郭タワーアトリウムなど

2007年 新丸の内ビルディング、東京大神宮、東名高速道路 上郷サービスエリア(上り)など

2008年 熊谷駅正面口・南口、ティアラ口(熊谷市)、吉祥寺Fビル(財)武蔵野市開発公社

新名神高速道路 土山サービスエリア、LINX新川崎、東京駅丸の内北口など。

 


  システム構成


  ドライミストノズル、高圧ポンプユニット、ドライミスト制御盤、風速計・降雨センサー温湿度計など。


理想的な環境

1、 夏に風の通りが良いこと。

2、 クーラーが体に合わないとお考えの方。

3、 ベランダにコンセントや水栓がある。

4、 蚊が来ない高さに家がある。

5、 ベレンダが大きめ、もしくは2面ある。

などがあります。しかしながら、クーラーと同等の性能をご提供するものではありませんので、極端に暑がりな方などには不向きな場合もあります。

使う上でやはりこのシステムが自分にあっているのかが大切です。


今日のお話はドライミストでした。


追伸

気象予報士の森田さんがいっていましたが、今年の夏も暑くなるようです。今年も長瀞に天然氷で作ったカキ氷食べに行かなくちゃです。



エコなスーパーカー

私たちの身近な家庭生活で絶え間なく消費されるエネルギー。

昨今では省エネが取り立たされています。

今の時代に見合った省エネを考えなくてはいけない時代になって来ているのではないでしょうか

私達に出来る事を今からでも・・・


今回は、これからの時代にマッチした車をご紹介したいと思います。

走り屋さんやスーパーカー好きの方は朗報ですよー!


それは海を渡ってアメリカはカリフォルニア州シリコンバレーに本社を構える新興自動車会社が生産しているテスラ・ロードスターです。


時速60mile(96.54キロ)までの加速時間がわずか3.9秒、最大回転数13,000rpmの強力なエンジを搭載し、燃費は米環境保護局(EPA)の定める1リッター当たり135mile(約57.39キロ)と同等という最高水準ハイブリッド車の2倍のエネルギー効率と、高性能でユニークな車です。

ロードスターは2006年7月に初公開。ロータスエリーゼをベースに開発されたEVスポーツカーです。

12万8500ドル(約1166万円)という価格にもかかわらず、250台以上が納車されました。

2008年モデルはすでに完売で、2009年モデルの予約を受け付けています。

ロードスターに続く同社2番目のラインナップとして開発されたモデルS。

パワートレインは新開発のリチウムイオン電池で、3種類の容量を用意しています。

最大航続距離はそれぞれ160mile(約257Km)、230mile(約370Km)、300mile(約483Km)です。

充電は家庭用のコンセントからの充電が可能で、電圧は120V、208V、240Vに対応しています。

さらに、すごいのがわずか45分で充電できる440Vの専用充電システムを用意しているのです。

テスラ社は1回の充電にかかるコストは約ドル(約396円)、ガソリンの価格が1ガロン1ドル(リッター約26円)に下がったとしても、EVはコスト面で対抗できると自信を見せています。

車重は1735Kgに抑えら、0-96Km/h加速5.6秒、最高速209Km/h(リミッター作動)というパフォーマンスを発揮します。


モデルSの価格は5万7400ドル(約568万円)からを予定していますが、米国政府による7500ドル(約74万円)の補助金が受けられるため、実質的なベースプライスは、4万9900ドル(約494万円)まで下がる見込みのようです。

これはロードスターの半額以下という競争力のある設定です。


右ハンドルや4WDも用意しEVの普及に向けて一気に加速できる構えのようです。


現在、販売拠点は米国カリフォルニアだけですが、今年中に、シカゴ、ニューヨーク、マイアミ、シアトル、ワシントン、英国ロンドン、ドイツ・ミュンヘンに展開日本は来年になるみたいです。


米国政府から総額3億5000万ドル(約350億円)の低利融資を受け、カリフォルニア州に新工場を建設し2011年夏からモデルSの生産をスタートさせる計画になっています。

驚いたのが、工場が完成していないにもかかわらず、500台以上の受注があったことです。

新型への期待度の高さをうかがわせるものですね。


新興自動車会社は、ダイムラーからスマートEV1000台分に相当するバッテリーと充電システムを受注するなど、EV分野での存在感を増しています。

カリフォルニアの新興企業が世界を席巻する日はそう遠くないのかもしれませんね~。

がんばれ日本負けるな日本。


今日のお話はエコなスーパーカーでした。