無限大の発想力

テーマ:

んばんは。
4歳の息子と2歳の娘を持つ
2児のとおちゃん
まるっぴです。

 

 

 

 

今日、私が駅に手続きをしに
行っている間に、嫁さんから
公園へ行った写真が送られてきました。

 

どうも石をたくさん拾ってきたようで。

 

あなたのお子さんも
ドングリや石などの類のものを
大事そうに持って帰ってくること
よくありがちではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

大人にとってみれば、
ただのゴミかも知れませんが、
子供にとっては宝の山

 

よく家の玄関や
保育園の下駄箱にも
必ずと言っていいほど、

 

ドングリだ、石ころが
それぞれ入っていることが多々。

 

今日も『発想力』に火がついたようで。

 

ただの石ころが芸術作品と化しました。

 

拾いながらも、
子供達は、自然と
これは何に使えるんだろうか?
と考えているようです。


先日、

線だけを適当にぐるぐる書いて、
お互いの書いた線の絵を交換する

ということを子供としました。

 

相手が書いたその線を見て、
どんな絵を書き足せるか?

ってゲームをしたのですが。

 

その想像するスピードが、
とんでもなく早いのです。

 

絵を渡した瞬間に、

 

「ひらめいた!」

 

と叫んでました。

 

私は逆に考えこんでましたが。

 

 

 

 

様々なところで、
子供達は意識せずに発想力を
鍛えているんだろうな
、と。

 

本能なんでしょうね。

 

 

出来うるだけ沢山、

 

 

『目で見て、手で触って、

感じさせる』

 

 

発想力を自然と鍛えられる環境を
作ってあげたいですよね。

 

 

 

 

それでは、
今日からすぐに実践です。

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

ではでは、
また次回も読んで下さいね。

 

 

もし、あなたがもっと本気で、

 

今の子育ての悩みを解決し、

子供について理解し、

何でも自分でできる子、

に育てたいと願うなら、

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『賢く・友達に恵まれ・心の強い』子に

なるための小学校前にやるべき、3つの教え!

https://ameblo.jp/marucyobin/entry-12302712759.html

 

 

 

AD