2005-04-11 15:44:38

いいもの発見

テーマ:サッカー

いつも見ているのは中田英寿のnakata.net。今日は久々に小野と稲本のHPを見てみた。

読んでいると小野も稲本も代表に呼ばれることを喜び、自分が必ず代表に呼ばれるとは思っていないことが分かる。

稲本は北朝鮮戦で呼ばれなかったことに海外にいるから仕方がないとは言いつつも、その後イラン、バーレーン戦に召集されたことで正直ほっとしたと述べている。小野は中田がバーレーン戦で活躍したことを受けて「自分の居場所が狭くなったことは確かですが、また次の代表に呼ばれるように頑張っていきたいと思います。」と述べていた。
中田も最近日本代表について語っていたが、ドイツのことを真剣に考えているのはむしろ海外組(こういう呼び方は好きではないけど)の方では??と思えてきた。

 

少し前、「国内組みは頑張っていても、海外組みがきたらあっさりレギュラーを取る。国内組みがかわいそう。」こういう意見が多かったと思う。しかし、海外でプレーをしている選手の立場を考えると、海外にいるために親善試合には呼ばれない。これは、明らかに不利な条件だ。海外組もできたら親善試合も含めすべての代表戦に呼ばれたい、出場したいと強く願っているのではないのだろうか?

しかし、環境面(欧州クラブがOKを出さなかったり、移動や日程)で行きたくても行けない状況。

国内組みの辛さばかり叫ばれてきたが、むしろ辛い方は海外組みの方ではないのか??と思えてきた。

 

ラモスのHPを見つけた。週間ラモスには、とても的確なコメントが^^いいもの見つけた^^ブックマークに登録♪

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-06 17:20:20

日本代表

テーマ:サッカー

イラン・アウエー戦、バーレーン・ホーム戦の2試合が終わり、最終予選を勝ち点6イランについで2位で折り返しを迎えることになった日本代表。

 

この2戦を総括するといろんなことがあったと思います。

今後のジーコの動向がとても気になります。

ちょっぴり、個人的に総括してみたいと思います。

 

まず、システムに関して

イラン戦4-4-2で敗北し、バーレーン戦では3-5-2で勝利を収めた。

今までは欧州組み(ベストメンバー)が揃えば、4-4-2、国内組みの場合は3-5-2という形を貫いてきた。ジーコも04年は3-5-2をメインに使いつつも3バックはあくまでもオプションという見解を貫き通していた「勝っているときはチームをいじってはいけない。」ジーコはこの格言に忠実であると言えると思う。

しかし、逆を言えば、「一旦、負けた場合はチームをいじる」可能性は大。今回中田と宮本の直訴によって、中田が召集された試合ではじめて3-5-2でバーレーン戦に望み勝利を収めた。バーレーン戦では4-4-2に変更する気配は全くなかった。ジーコの4-4-2がメインで3-5-2をオプションという考えにも変更が生まれたのか??イラン戦直後のバーレーン戦だけでは材料が少なすぎる。今度の5月にあるキリンカップに注目したい。

 

代表メンバー選出について

ジーコはバーレーン戦後の会見で、「6月までにどのようなチームを作るか?」という質問に対して

「(今後は)メンバー選考についても考えなければならない。」と述べた。

これは、田中とサントスの累積警告、藤田の怪我による戦線離脱、柳沢の追加召集などで、代表メンバーが27人に膨れ上がってしまったことに起因する。トルシエがA代表の試合とは全く関係のない時期に合宿で鹿島の選手を7人招集してかなり苦労した経験がジーコにはあり、トルシエは代表選出のために100人を招集したことがあったが、クラブとの関係を考慮しジーコは就任当初から最低限の人数18人~24人程度に留めていた。これを考えると27人というのは異例であり、6月には23人前後に絞っていくと思われる。

 

しかし、それ以上に敢えて「メンバー選考について考えなければならない」と述べたのには別に意味合いが含まれているのではないか?と推測する。イラン戦の敗北→「一旦、負けた場合はチームをいじる」ということだ。来るべき第6戦イラン・ホーム戦はジーコの述べる「ホームで3勝、アウエーで1勝。勝ち点12で自力突破」のためには絶対に勝たなくてはならない試合だ。

 

イラン戦での三浦アツの出来を見ると個人的には彼が次の代表に選出されるかはかなり疑問だ。

彼は、体長が悪いわけでもなく、調整に失敗したわけでもなかったが、マハダビキアをことごとく自由にさせ、攻撃でも目立った所がなく、得意のフリーキックやロングパスは見ることができなかった。

 

ジーコは、ある雑誌の取材で、現在の代表で未だにサイドの選手を探している述べていた。加地とサントスの控えは三浦アツだけであり、それ以外オプションとして右サイドには中田英、坪井、左サイドには中田浩の名前を挙げていた。
中田英がボランチに入った3-5-2の布陣では、守備は安定しつつ、両サイドはかなり攻撃的な戦術となった。そして、両サイドの加地とサントスは期待に答え、再三いいチャンスを作っていた。ジーコがこの戦術に手ごたえを感じたと考えるとサイドの攻撃を重要視し、坪井、中田浩のサイドへの(守備的な)オプションという選択肢はかなり可能性がひくくなると思われる。そして、加地、サントス共に累積警告が1ずつという状況、イラン戦での三浦アツのできを考慮すると、ジーコは本格的に新たなサイドの選手を探し始めるのではないだろうか?

 

大きくはこの2点だか、つまりは中田が代表復帰に際して大きな収穫があったと共に、チームの修正点も増えたと言っていいだろう。

 

もう一つわずかな所ではあるが、バーレーン戦で中村の交代に小笠原ではなく稲本を使った点だ。ロスタイムでただ、中村が疲れたから交代しただけだったと思うが、バーレーン戦後の会見でジーコは

「高原を代えなかったのは、彼の動きを見て、確実にシュートまで持っていけるという確信があった。体の切れがあったし、サポートがあれば、彼はもっといけるということで、高原は残した。」と述べている。

ジーコもサポートがなかったと感じており、バーレーン戦、中田が高原へクサビのパスを出しDFにスペースができたところに中村が飛び込んでいかなくてはいけない場面で中村はサイドに流れてしまっていた。

中央でスペースに飛び出すのがうまい稲本がOHに入れば、スムーズな攻撃ができるというイメージが試合を見ながらあったのではないか?と勝手に推測する。

 

中村は、GKが背が低いにも関わらずFKはニアを狙い続け、あれだけのCKとFKをもらいながら、オウンゴール以外、得点に結び付けれなかったのは、大きな課題を残すことになったと思う。終了間際に軽率なプレーでサントス、中澤が中村に対して怒ったのも、メンバーが中村を信頼してFKを任せていたのにも関わらず生かせなかったことへの苛立ちの表れだったのでは??とも勝手に推測。

ただ、足を痛めていた(?!)ことや本来の才能は言うまでもないので今後に期待したい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-05 12:26:58

村上龍その1

テーマ:小説

村上龍。僕の好きな作家です。

 

この度彼が「半島を出よ」という新作を出版して

書店に並び出したという情報を得たのでとりあえず、さっき

購入してきました。

上・下巻に分かれていて両方ともめっさ分厚い。

 

ちょびっと近くの喫茶店でコーヒー飲みながら読んでみました。

今のところの感想は・・

面白くなさそう・・・・・・

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-05 01:04:33

どんなブログにしようかな・・

テーマ:ブログ

皆さんレスありがとうございます^^

チャットで催促されて、自分のブログをクリックしてみると

「ぬお!!コメントしてくれている!!」

びっくらこきました。まだ誰も来ないだろう、読まないだろうとたかをくくっておりました。

 

ということで、定期的に更新せなあかんな~と感じている次第です。

基本的に文章書くのは苦にならないので、徐々にいろいろと書いていきたいと思います。

 

そして、徐々にマルボロ色を出していきたいな~って感じですね。

 

さて、ブログって何だ??どんなブログにしよっかな~って感じでランキングをクリックしていろんなブログ

を覗いてみました。

たくさんありますね~種類も盛りだくさん。

こらすげえ!!

サッカーやペット自分の興味のあるものをいろいろ眺めました。

最後に行き着いたのはエロ系ブログ。エログって言うんですね。

結局行き着く先はそこかよって感じでした。

男の性かな~~それとも人間の性か><

エログもものすごい種類があってびっくり!!

いろんなブログを覗いているうちにお気に入りがものすごく増えてしまった。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-01 21:26:09

とりあえず、作ってみました

テーマ:ブログ

知り合いの方のブログにリンクしてあるチャットに遊びに行っても誰もいなかったので、暇でその方のブログを眺めていたら、

「登録無料ですぐにブログがつくれます。活躍したブロガーにはごほうびも!あなたもアメーバブログでブログをつくりませんか?」

というキャッチな項目を発見して、ちょっとこれ怪しいんでない??という疑うことなど全くなしに初心者マークのついたボタンをクリックして気がついたら自分のブログが作成できました。結構簡単ですね。てか、ブログってなあに・・・

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。