愛するベルと 弟サム

最愛のシーズー・マルとの別れ 保護犬との出会い ベルとの未来


テーマ:

今月の12日、CATNAPのシーズーぱくちゃんが亡くなりました。


どうしてこんなにも好きなのか分からないほど、

私はぱくちゃんが大好きなのです。


日課でもあるあんなさんのブログ を開いた瞬間、

「ぱくちゃんへの応援ありがとうございました」

のタイトルを見て胸が痛いほど緊張しました。


開いて読んでも信じられない気持ちが強すぎて、

ただ字面を追うばかりで理解できませんでした

なんで?どうしてぱくちゃんばかりが??

受け入れることなんで出来るはずない。



私のぱくちゃんとの出会いは2月。

毎日見ていたあんなさんのブログに初めて書き込みをしました。

CATNAPに預かりの登録はしていたものの、

まだ何の活動もしていなかった私は、

様々な方のブログで毎日保護犬の様子を見ていました。

決して状態の良く無い子達ばかりで皆を応援していたのですが、

何故だかぱくちゃんは強烈に私の心を動かしたのです。


死にそうなほど弱りきった状態で、鼻水をたらしたシーズー。

肌もとても痛々しい状態。

見ているだけでも不安になるのに、時おり見せる真っ直ぐなまなざし。

居ても立ってもいられなくてあんなさんにメールをしました。

当時の私は先代マルを亡くした悲しみから立ち直っておらず、

この衝動はきっとマルの意思でもあるんだ、とすら思いました。

初めて直接メールでお話したあんなさんは、本当に愛情豊かな方で、

ぱくちゃんのことを心の底から思っているのを感じました。



ある日の病院でのエピソード。

具合が悪いのにドアが開くたび期待に満ちた目でドアの方を見て、

来る人を確認しては目の輝きがなくなってまたうつむき、

それを何度か繰り返して・・・・・





まるで誰かの迎えを待っているようなしぐさをしていたぱくちゃん。

ぱくちゃんは飼い主持込みです。

前の飼い主はおじいさんで、飼いきれなくなったとか・・・

マルの亡くなるときに、私が近くにいてあげられなかったことを

気が狂いそうなほど後悔していた私は、

高齢のワンコが慕っている飼い主から手放されることに過敏でした。

どんな事情があったにせよ、

ぱくちゃんを手放した飼い主が心底憎かったし許せなかった。

こんな状態まで放っておかれた上に、

大好きな飼い主に会えないぱくちゃんの心を思うと辛くてたまらなかった。

でもあんなさんは 「ぱくちゃんがフィラリア陰性だったのは、

きっと毎年毎月予防薬は飲ませてくださったのでしょう。

鑑札なども一緒だったし、ご縁を繋ぐ場所と勘違いしていたのかも。」

その飼い主の事情を想像して、決して悪くはおっしゃいませんでした。

それどころか、

「10年大事に育てたのであれば愛情が無かったわけではなく

飼い主さんも別れが辛かっただろう、

ぱくちゃんにとってはきっと大好きな飼い主さんだったのだから

なるべく良心的に考えたい」とおっしゃいました。

私は目の前が開けたような気がしました。

それまでは、人間の都合で命を落とす犬達への申し訳ない気持ち、

ひどい状態で保護される現実へのやるせなさ、

そんな状態まで放っておける人間がいることへの憤りが

私の原動力になっていました。

でもそのとき、

保護活動というのは怒りや悲しみですることでは無いんだ、

と気づいたんです。

あんなさんの深い深い愛情にすごく感動しました。

そして、あんなさんと話すきっかけをくれたぱくちゃんにも

本当に感謝したんです。

なにか強烈な縁を感じたのも事実です。



あんなさんの愛情のもと、ぱくちゃんは順調に回復しました。



その後、みわさんのお宅に移動してからもみるみる元気になり、

見違えるほど明るい表情になったぱくちゃん。









よく「ワンコの笑顔」と言いますが、

ひねくれ者の私は、暑くて舌を出してるだけでは?

と思うこともありましたが、ぱくちゃんは本当に笑顔でした。





毛もフサフサになり、色も濃くなって艶があり、




当時は立ち上がることすら出来なかったぱくちゃんが

普通にお散歩してる、芝生を走ってる、川を泳いでいる姿は、

私に大きな幸せを与えてくれました。





ぱくちゃんへの思いを書き出したらきりがありませんが・・・・・・


今回ぱくちゃんの死を受け入れられずにいたときは、

なんでぱくちゃんが死ななきゃならないの?!と悔しく思いました。

声を出して泣きました。

パクちゃんがお空へ昇る日の写真を見て、

「あぁ・・・本当に亡くなってしまったんだ」と現実を受け入れました。

綺麗なお花や大好きなパンやオヤツに囲まれた可愛いぱくちゃん。

そのお顔は本当に安らかで、私がみわさんのブログで何度も見た、

可愛いぱくちゃんの赤ちゃんのような寝顔でした。



みわさんのお膝で寝るぱくちゃんドキドキ

いろいろな方のコメントやブログで、ぱくちゃんへの思いを読んで、

私と同じようにぱくちゃんを愛している方がたくさんいることを知りました。

ぱくちゃんはもの凄い人気者です。




ぱくちゃんがこの世にに残したものは計り知れないと思います。

もしかしたら、ぱくちゃんがこの世に生きた意味は、

みんなに色んなことを気づかせることだったのかもしれない、

とさえ思いました。



ぱくちゃんにしてみたら、普通でいいから大好きな飼い主さんと

ずーっと一緒に穏やかな生活がしたかっただろうけど・・・



そんなことを考えながら、改めてワンコの存在の大きさ、

影響力の大きさを感じました。

ぱくちゃん、一度でいいから会ってみたかったな。

そのまっすぐの瞳でどんなものを見てきたの?


今でも「ぱくちゃんどうしてるかな~」って

寝る前にブログを見る癖が抜けなくて困っちゃうよ。


いつか会えるよね?信じてるよ。

まだぱくちゃんに私の大好きな気持ち伝えてないんだよ。



今はゆっくりノンビリ楽しく過ごしてくれてたらいいな。

ぱくちゃん偉かったね。いい子だね。ずーっと大好きだよ。



みわさん、あんなさん、お写真たくさんお借りしちゃいました。

言葉では言い尽くせませんが、本当に感謝しております。

心よりご冥福をお祈りします。





AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。