文学座・金沢映子のブログ『ときど記 マーシャ』

朗読パフォーマンスユニットおはなしDecoBee♪(デコビー)もよろしく!


テーマ:
新年明けまして
おめでとうございます

この年末年始も、家族と一緒に
それはそれは穏やかに

世界はこれからどんどん
緊迫した状況になってゆく
悲しい予感しかしないのに

父の息災が
しみじみ嬉しいと
初めて涙ぐむ年始の食卓の乾杯

むかしのいろいろは、
掘り起こせばまだ
生々しい記憶が蘇るとも

今、笑って、感謝できるなら
埋めた位置だけ記憶して
あとは忘れてしまおう、、、

今年のわたしは、そんな境地。

けれど、年老いた父の
悲しい戦時中の記憶は
なんでもない会話の
平易なキーワードで
すぐに掘り起こされて

未だ生々しい傷口は
ぱっくり口を開け
どくどくと、温かな血と涙の混ざった
液体を吐き出してゆく

幾度となく繰り返された
満州での幼い記憶の問わず語りは
今日もまた、
父をかの遠い国へ連れ去ってゆく


一通り、あの時の日々をさまよって
命からがら、
やっとの思いで日本に引き上げて
父は、また一層、げっそりとする。

戦争は、未だ終わらず
今日もまだ、父の心をそぎ落とし
刺し貫いている

もう癒すことができないのならば、
彼の命が尽きるまで
この悲しい物語を
わたしは初めから最後まで
何度でも
心と耳を傾けて聴いていよう

今年のわたしは、こんな境地。

{BE128643-698E-4D72-BDFC-3A5F182055CB}

元旦、父の家の前から臨む
東京の街なめの、富士の山
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
怒涛の師走に入っちまったー
と、一瞬我に返った今月一日から、
時は流れて
また、やっと、我に返ったら、
もう大晦日であった。

^^;

今年も、いろんな方々と
素晴らしい出会いがあり、
中でも、我らが
朗読パフォーマンスユニット、

{BB69F5AD-B69C-4568-A01A-3F2BBC5C33D8}

おはなしDecoBee♪のパフォーマンス
が、ありがたい賞を頂き、
継続し、積み重ねる事の醍醐味を
しみじみ味わうという経験を
させていただきました。

なんだか、あっという間の一年のよう
でいて、案外、ちゃんと充実した
いい一年であったんだと、
この、年の瀬のこの瞬間に
感謝の気持ちで溢れかえり
ほかほかとしている。

わたしは、つくづく、
人に恵まれているんである。
今年も、私と関わって下さった皆様に
心から、感謝とキスを捧げます!

(^з^)

そしてそして
わたしの頭の中の、
「ものがたりの森」には、
なにやら、またまた、
新しい登場人物たちが
相変わらず、我が家の柱の陰やら
台所の片隅の物陰から
私のことを、じっと観察している。

おいおい、
観察したいのは私の方なんだけど^^;
私が関わることになる登場人物達は
いつも、こんな調子で、
煙に巻いたり、
はぐらかしたりしながら
マイペースに私を振り回すんである。

でも、
幸せなことに、私は、
役の人物達との出会いにも
恵まれていて、
間も無く知り合うことになる
この人たちのことも、
愛して止まない予感がしてならない
んである。

彼女達のご紹介は、また、来年、おいおい
ってことでd(^_^o)


こんな風に
新しい年明けをゆめゆめしい気持ちで
心待ちにすることができることに
これもまた、
感謝感謝なんでありました。

来年も、
頂いたお仕事の一つ一つに
魂を込めて
心を尽くして
パフォーマンスしていく所存ですので
どうぞ、引き続き、ご贔屓に
よろしくお願い申し上げます
m(_ _)m



{B2AC605A-DA3B-430C-81A0-56E8CFAE286B}

写真は、年末恒例、文学座感謝祭の
座員楽屋にて、
右から、いくちゃん、私、みよちゃん
同年代三色すみれ☆〜(ゝ。∂)
会うだけで安心する大切な仲間達。
来年も各々あちこちで
素敵な作品をお届けしますので
どうぞお楽しみに!!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
宮沢賢治の作品、
特に、「銀河鉄道の夜」を読むと
とたんに、わたしの心ははらはらはら
はら、涙を落として泣くのである。

あっれぇ?おっかしいなあ、、、
わたしこんなに涙もろかったっけ?
困ったことに、何度読んでも
この調子なんである。
なぜこうも、本番のパフォーマンスに
差し障るほど泣けてくるのか。

わたしが、賢治のファンだから
とか、
賢治の作品が素敵だから
とか、
そんな単純な理由だけでは
ない気がしていた。

芸大とあそぼうの本番の幕が
いよいよ開けて
客席には、小さな人たちの
可愛い声のさざめきがたえず、
小さなおつむはあちこちで
うようようごめき続ける。
まだ、生まれたての
新しい命たちが、
今しも始まる音楽と物語を
心待ちにして
わくわくむくむく
若く無限のエネルギーの雲を作って
待っているんである。

その、会場に湧いた彼らの雲を見て
わたしは、今日の自分の任務を
改めて思い出すんであった。

「賢治からの伝言」である
大事なお話を、丸ごときちんと
彼らに伝え、渡すこと。

『本当の幸いとは、なんだろう?』

みんなの幸いのために、
自分はどうするのか、
あの、小さなジョバンニは、
銀河鉄道の車窓から
空に広がる星の海を見ながら
親友カンパネルラに誓うのだ。

彼がこんなすごいことを思わず
誓ってしまったのは
実は、大好きなカンパネルラを失う予感がして、怖くて怖くて仕方がなかったからなんだ。

「みんなの幸いのためになら、
僕のからだなんか100ぺん灼いても構わない。
だから、おねがい。カンパネルラ、どこにも行かないで。ここにいて。
ずっと、これからも、一緒にいようね。」

と、ジョバンニは、心の中で、
はらはらはらはら涙を流して
泣いているのだ。

こんな、心の涙を、みんなが、
世界中の、みんなが流したら
どの国の誰が、なんて関係なく
みんなが、みんなの幸いのために
誓うようになるのだ。

『観に来てくれた子供たち、
今ね、世界中の大人たちが、
自分のことを、自分が持っているもの
だけを守ろうという気分に
流されそうになってしまっているの。
でも、大丈夫。
昔の、優れた賢人たちが
素晴らしい伝言を残してくれている。
それを読んだり聴いたり観たりして
みんなで、「本当の幸い」を考えなくちゃいけないことを思い出して、
また必ず、目を覚ますから、
私たちを信じて、
安心して、たくさん夢を見て、無邪気に育ってください。』

涙の果てに
賢治は、こんな言葉を、
今、迷える私たちに紡がせるのだ。

わたしは、どれだけ、自分が今、
失望や不安、恐れに囚われているかに気づかされる。
そして、こんな展望を言葉にする
ことで、やっと、少しだけ、
心の嗚咽がおさまってくるんである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。