文学座・金沢映子のブログ『ときど記 マーシャ』

朗読パフォーマンスユニットおはなしDecoBee♪(デコビー)もよろしく!


テーマ:
立ち尽したり、しゃがみこんだり、途方に暮れたりするとき、


ケイコさんは優しく抱きしめてくれたり、


背中をさすったりしてくれるようになった。


逆に、私がセリフを読み込んでいると、


ケイコさんは、急に隣で泣き出したりすることがあるので、


そんなときは、今度は私が、彼女をそっと抱きしめて、泣きやむまでじっとしている。


彼女と私は、偶然、体型がほとんど同じなので、


ああケイコさんてぷよぷよ柔らかくてあったかいな~と感じるって事は


彼女もきっと同じように感じてくれているはずた、と信じている。


誰かを慰めたくて抱きしめるとき、


気持ちを受けとめたくて抱きしめるとき、


こんな時ばかりは、自分がふくよかで
よかったと思う


このお肉も神様の道具なんだわ


と、ケイコさんは笑う。


年がら年中、ヤバイ、痩せなきゃっ(-。-;と、自動的に思う癖がついている私は


その言葉に、すこしだけ、救われる。


私には、このお肉以外に、神様の道具として使えるものがあるのだろうか?


そんな事を考えて、またどんよりしていると、ケイコさんは


考えてないで、とにかく動けと言う。


私は頭で考えて頭で悩んでばかりいるんだって。


動く、というのは?


じゃあ、ケイコさんは、何をしているんですか?


「今、あなたのカレーが美味しくなるように心を入れて作ってます!」


いつもの癖の、小鼻を膨らまして、いたずらっぽい目をして笑いをこらえるような表情で


ケイコさんは台所に消えた。






♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬

文学座公演
「 何か いけないことを しましたでしょうか? と、いう私たちのハナシ。 」 

◆作   中島淳彦
◆演出   鵜山仁
◆会場   新宿南口 紀伊國屋サザンシアター
◆時   2016年6月3日(金)~12(日)
◆タイムテーブル
6/3 (金)  19:00(夜割料金)
6/4 (土)  14:00
6/5(日)   14:00
6/6(月)   14:00
6/7(火)   19:00(夜割料金)
6/8(水)   14:00(終演後アフタートークあり)
6/9(木)   14:00
6/10(金)  14:00    /   19:00
6/11(土)   14:00
6/12(日)  14:00

※開場は、開演の30分前
※上演時間は約2時間の予定です。

◆入場料
●一般   6000円
●夜割(6/3、6/7のみ) 4000円
●夫婦割   ワンペアで10000円
●ユースチケット(25歳以下。身分証提示必須。)3800円
●中学生、高校生(学生証提示必須)2500円
※未就学児の入場はご遠慮下さい。

◆チケット予約
以下の必要事項を明記の上、私のメアド宛に送信、もしくはこのまま、このブログ宛にメッセージにて送信してください。
①お名前(フリガナ)
②ご希望日時
➂券種(一般を何枚、夫婦割を何ペア、高校生を何枚など、各種の枚数を必ず明記して下さい)
④チラシ送付希望の方は、枚数と、ご住所を郵便番号からお知らせ下さい。

◆出演者
塩田朋子、金沢映子、名越志保、目黒未奈、渋谷はるか、吉野実紗、増岡裕子、高柳絢子、前東美菜子

◆文学座HPより抜粋:
女優だけのカンパニー、劇団ハートランドでも座付作家を務める中島淳彦は"女性シリーズ"を生む重要な原動力。今回は、マスコミ捏造事件の元祖と呼ばれた"イエスの方舟事件"を題材に2004年に書き下ろした旧作『プカプカ漂流記』をベースに、戦中戦後におこった劇的な価値観の変化、昨日と今日で言う事がコロッと変わる無責任な大衆という新たな視点を加え、全く新しい作品として書き下ろします。演出・鵜山仁と再びタッグを組み、市井を生きる普通の人たちが七転八倒しながらも人生を受け入れ強く生きていく姿を、笑いと涙に包んで描き出します。

♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あらま、前の更新からずいぶん時間が経ってしまったのね。


本読み稽古には一切現れず、


立ち稽古に入ってからは、たま~に気が向いたときだけいつの間にか現れ、


すぐまた、ふらっといなくなっていまうケイコさんだったが、


ここ数日は、稽古場にいてくれる時間が少しずつ長くなっているような気がする。


きっと、彼女が居てくれたり、居なくなってしまったりすることと、


稽古しているシーンとは


何らか、関係があるのかもしれない。


ま、それはともかく、


まだ、きちんと紹介していなかった気がするので、改めて、


このブログのタイトルシリーズの物語の登場人物をご紹介しましょうかね。


ケイコさんケイコさんとやたら意味ありげに称する人物は、


正式なお名前を、ナカノケイコさんといって、


とある宗教集団に所属している中年女性である。


はい、ここでもう、すでに、「あ、ヤバい系のおばさんか」と思われた方、


同感です。わたしも、何の事情も知らずに、最初にこう紹介されたら、身構える^_^;


彼女は、「おっちゃん先生」と呼ばれる代表者が主催する、


聖書を読む会に参加し、メンバーとなり、


やがて、史実である「イエスの方舟事件」にわりとよく似た事情で漂流の旅をする身の上となり


現在、時空を超えて、わたしの目の前に居たり居なかったりしながらも


この作品を通して、共に過ごしてくれている。


親が教師だったから、そのままそれに倣って教師となり、


やがて、親の勧めでお見合い結婚するも、


夫は、祝言の数日後に出征し、あえなく戦死。


その後、すぐ終戦を迎え、


生活も、学校教育も、世の中の通念も、何もかもが様変わりして、


ご本人曰く、「頭がパニックしたまま、全く整理がつかない、まっしろな状態」なので、


学校を退職し、実家に出戻り、引きこもる日々を過ごす。


代々、学者や医者、教師の家系のナカノ家だから、


そんな「出戻りで、しかも引きこもり」の娘の世間体を両親が放っておくわけがない。


人脈を駆使して、また、ケイコさんに再婚のお見合いを次から次から持ってくる。


生まれてからこのかた、両親が決めたことに従順に黙って従ってきたケイコさんが、


唯一、起こした反乱、、、


それは、おっちゃん先生の聖書研究会に


たまたま参加したあの日から始まったんだそうな。


「初めて、自分自身の決断で、自分の足で踏み出した、新しい人生」なんだって。


もちろん、これらのことは、台本には書かれていない、


彼女がわたしだけに話してくれた「ここだけの話」である。


「真実は、確固としてあるのです。私たちの真実が、いつか、社会の皆さまにご理解いただけるのであれば、いくらでもお話し致します。
この会があるのは、ここに集う者一人一人の人生の物語があるからで、その物語に、互いに寄り添い、共に泣き、共に笑う為です。」


たぶん、それらの物語には、これまでの私達人類の膨大な歴史が含まれており


きっと、ケイコさんにとっては、戦争が、大きな影響をもたらしているのだ。


戦後生まれのわたしには、ピンと来なくてもどかしい戦争のはなし。


でも、うかうかしてたら、そのうち過去の話では済まなくなるかもしれない、


これからの日本の将来のことを思うと身震いしてしまうわたしは、


今、なんだか無性に、ケイコさんの物語に耳を澄ませてしまうのだ。




♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬

文学座公演
「 何か いけないことを しましたでしょうか? と、いう私たちのハナシ。 」 

◆作   中島淳彦
◆演出   鵜山仁
◆会場   新宿南口 紀伊國屋サザンシアター
◆時   2016年6月3日(金)~12(日)
◆タイムテーブル
6/3 (金)  19:00(夜割料金)
6/4 (土)  14:00
6/5(日)   14:00
6/6(月)   14:00
6/7(火)   19:00(夜割料金)
6/8(水)   14:00(終演後アフタートークあり)
6/9(木)   14:00
6/10(金)  14:00    /   19:00
6/11(土)   14:00
6/12(日)  14:00

※開場は、開演の30分前
※上演時間は、未定ですが、今のところ約2時間の予定です。

◆入場料
●一般   6000円
●夜割(6/3、6/7のみ) 4000円
●夫婦割   ワンペアで10000円
●ユースチケット(25歳以下。身分証提示必須。)3800円
●中学生、高校生(学生証提示必須)2500円
※未就学児の入場はご遠慮下さい。

◆チケット予約
以下の必要事項を明記の上、私のメアド宛に送信、もしくはこのまま、このブログ宛にメッセージにて送信してください。
①お名前(フリガナ)
②ご希望日時
➂券種(一般を何枚、夫婦割を何ペア、高校生を何枚など、各種の枚数を必ず明記して下さい)
④チラシ送付希望の方は、枚数と、ご住所を郵便番号からお知らせ下さい。

◆出演者
塩田朋子、金沢映子、名越志保、目黒未奈、渋谷はるか、吉野実紗、増岡裕子、高柳絢子、前東美菜子

◆文学座HPより抜粋:
女優だけのカンパニー、劇団ハートランドでも座付作家を務める中島淳彦は"女性シリーズ"を生む重要な原動力。今回は、マスコミ捏造事件の元祖と呼ばれた"イエスの方舟事件"を題材に2004年に書き下ろした旧作『プカプカ漂流記』をベースに、戦中戦後におこった劇的な価値観の変化、昨日と今日で言う事がコロッと変わる無責任な大衆という新たな視点を加え、全く新しい作品として書き下ろします。演出・鵜山仁と再びタッグを組み、市井を生きる普通の人たちが七転八倒しながらも人生を受け入れ強く生きていく姿を、笑いと涙に包んで描き出します。

♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬ 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
元来、カルト的な物事が苦手、とゆーか、大嫌いなわたしは、


「神」とか、「悪魔」とか、「霊」とか、


この手の言葉を使う人に自動的に警戒してしまう。


「UFO」とか、「宇宙人」とか、「かっぱ」などの妖怪の面々について語る人々の話は、


ほぼ聞いちゃいないのだがだからと言ってその場を逃げ出したいとまでは思わないのに、


とにかく、神とか悪魔とか霊を語る人々が、更に、「本当の幸せ」とか、「本当の愛」のついて語るとき、


わたしは、動悸がして、息苦しくなって、逃げ出すタイミングばかりを考えてしまうんである。


こんなだから、わたしの信仰は、かなりビビりで、用心深く、疑り深いんである。


ケイコさんは、実はもう随分前から、うちに来ていたのに、


わたしは、彼女に対する先入観が拭えなくて、対話を避けてきたのだ。


わたしと同じ聖書を読むこの人が、いつ、神とか悪魔とか聖霊とか言い出すかと、


ドキドキしながら、むしろ、いっそ早く切り出してもらって、


一戦交えてでも、何か、関わり合わなければと、焦り始めていたんであった。


しかし、ケイコさんは、一向にその気配を見せず、


いつもニコニコして、黙々と、よく働く。


思えば、ぼんやりなにもせず座っているところを見たことがないかもしれない。


食事の時、彼女は、必ず、わたしの正面に座り、


今日一日の出来事や思いをとりとめなく五月雨るわたしの言葉の一つ一つに


根気強く耳を傾け、深く頷いてみせたり、おうむ返しにして聞き返してみたりして、


とにかく、「親身」の姿勢を崩さないんである。


天使ズラしちゃって、胡散臭い人だ、、、


最初の頃は、内心、こう毒づいていたのだ。いや、正直なはなし。


偽善者にだけはなりたくなくて、うわべだけの親切ごかしを、やめようと努めてから、


気がつけば、じゃあ本当の善とはどんな境地の、どんなものなのか、探すのも忘れて生きている。


「わたしもわからないんですよ。善と偽善の境目が。探しても見つかりそうにないので、
とりあえず、今は、わたしも保留です。
自分の行いが善なのか、偽善なのか、ジャッジばかりしてたらくたびれるばかりなんで、
あんまり深く考えないようにしてます。
それよりも、相手の表情や、言葉を、よく見て、聴いて、
その心の中を想像することに神経を集中させようとしてますかね。」


こちらから何を言ったわけでもないのに、ケイコさんは、時々、まるで、わたしの心の中を見透かしたように、


いきなり、核心を突いたようなことを言い出すのだ。


しかし、それは、説教くさくもなく、押し付けがましさもなく、まるで、小さな子供が、


学校で、大好きな先生から習ってきたばかりの「いいこと」をそのまま家族に報告するような


素直な響きで、まんまと、わたしの心に入ってくるんである。


ああ、まただ。このかんじ。居心地いいような悪いような、


放っておいてくれない、なにか、突きつけられているようなかんじ。


彼女と一緒にいると、二人の自分がせめぎ合うのた。


彼女の在り方に素直に寄り添い心開こうとする「信じる私」と、


一方、彼女の言動に、なにか不穏でカルトなものが潜んでやしないかと疑う
「信じない私」とが。


どちらの私が、本当は賢いのか。


どちらの私が、本当は幸せなんだろうか。


私がこうして、うだうだと考えているうちに、


ケイコさんは、うちの用事をあらかた片付けてしまって、


お茶の時間の支度をしてくれながら、また、こんなことを言う。


「イエス様はね、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさいって云ってますよ。
えーっ⁉︎どっちやねん!て、感じですよね、あははははは!」


さて、これからわたしは、しばらくの間、


彼女の乗った舟に乗り込んで、共に旅に出て、漂流する。






♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬

公演情報‼︎

{D93AB8B7-A302-498E-AD94-4D29A60C0402}

文学座公演
「 何か いけないことを しましたでしょうか? と、いう私たちのハナシ。 」 

作:中島淳彦 / 演出:鵜山 仁
日程:2016年 6月3日(金) → 12日(日)
会場:新宿南口・紀伊國屋サザンシアター
出演:塩田朋子、金沢映子、名越志保、目黒未奈、渋谷はるか、吉野実紗、増岡裕子、高柳絢子、前東美奈子

文学座HPより抜粋:
塩田朋子をはじめ、"個性の強い"女優ばかり9人集まった、女性の女性による女性のための(そしてちょっぴり、だらしなくも憎めない男連中のための)お芝居。文学座が誇る女優陣が、様々な人間模様を色彩豊かに演じます。
戯曲を手掛けるのは中島淳彦。女優だけのカンパニー、劇団ハートランドでも座付作家を務める中島は"女性シリーズ"を生む重要な原動力。今回は、マスコミ捏造事件の元祖と呼ばれた"イエスの方舟事件"を題材に2004年に書き下ろした旧作『プカプカ漂流記』をベースに、戦中戦後におこった劇的な価値観の変化、昨日と今日で言う事がコロッと変わる無責任な大衆という新たな視点を加え、全く新しい作品として書き下ろします。演出・鵜山仁と再びタッグを組み、市井を生きる普通の人たちが七転八倒しながらも人生を受け入れ強く生きていく姿を、笑いと涙に包んで描き出します。
実に身近で人間臭い、あれやこれやの出来事の連続に、笑い、涙する、愛すべき人情喜劇。観終えた帰り道、「人も捨てたもんじゃない、明日からまた頑張ろう!」と思える作品になります。


♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。