marsさんの思いつきブログ

酒と音楽   思いつきの行き当たりばったり


テーマ:
今日はここ数日の体調不良を調整がてら

岩盤浴に久しぶりに行ってみた。

おかげでだいぶすっきりしました~。

さて、来週はいよいよ参議院選挙!

はてさてどうなりますかね~~~

で、ここからは覚書ということで・・・

とあるところに、憲法改憲草案における現行97条について

「なぜ削除されるのか?」って書いてあったので

そのアンサーとして・・・(以下コピペ)
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
11条と重複しているからです
単に11条と重複しており、通常法典において重複ということは例はないからです。
ではなぜこうしたことが起こったか?
沿革的には、97条はマッカーサー草案の「第3章 人民ノ権利及義務」にある10条に由来する。調整過程で、日本側から、「日本の条文の体裁にそぐわないから削除したい」という意向が出されたため、当初は当該条文を削除する方向で検討していたところ、GHQ側から、本条は民政局長コートニー・ホイットニー将軍自筆の条文であるので残すよう懇願され、せめて草案「第10章 至上法」の辺に置くことはできないか、という提案がされた。この段階では、現行憲法97条に相当する規定のほかに、11条に相当する規定を重複して設置することは予定されていなかった。しかし、作業が慌ただしかったこともあり、後の案で、97条に相当する規定と11条に相当する規定が整理されずに条文上重複した案ができたため、日本側では整理を申し入れようとしたところ、他の重要な問題を蒸し返されたりするのを恐れ、重複しても害はないとの理由により、そのままになった。
もともと、ホイットニーの体面を保つために第10章に条文として加えられたものであり、既にある現行憲法11条と文言及び趣旨が重複することから、97条は不要な条文であるとする見解がある。
以上wikipedia引用

要するにケアレスミスがいろんな思惑や作業上の過程で残ってしまったものだからです。
「97条には自由からの由来が書かれている云々」
といった意見もありますが、
そもそも基本的人権は誰が保証するのか?
現実論でいえば国だと考えます。
「そんなことはない。すべての人類に与えられている権利だ。」という意見もありますが、
基本的人権を実際すべての世界中の国々が認めているのか?
明らかにNOですよね?
国によってはそうしたものをすべて認めていないところもあります。長い人類の歴史の中で育まれてきた基本的人権ではあるが、結局は国次第なのです。
民主主義の何たるかもその歴史を遡って結局行きつくところは国と国民の関係性なのです。
民主主義って実はとんでもないものなのですが、現在の政治システムではまだマシなほうだからそうしているだけのことなんですよ。
以上
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


でここから補足をば・・・

民主主義って遡れば古代ローマの頃にまで行きついちゃいます。

日本では、戦後からという意見もあるみたいですが、それはNO!

少なくとも明治時代、中江兆民、植木枝盛、板垣退助らなどなど

多くの民権運動家により広まったことは間違いありません。

元々、聖徳太子の頃から

「和を以て貴しとなす」

「事は独り断むべからず。必ず衆とともによろしく論(あげつら)うべし。」

みたいなところもあったので基盤はそのころからあったとみるのが自然でしょ?

ルソーの社会契約論を読むと

その実かなりキツイこと書いてますしね。(泣)

チャーチルも

「民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが」

なんていってますし。
(民主主義が素晴らしいとは言ってない。そこに隠れた様々な弊害を皮肉っている)



もう民主主義とか基本的人権とか、幻想だってこと!!

カントの永遠平和論とか、理想論としては面白いが、

現実性というか実現性に関しては相当レベルで???だし・・・



と色々グダグダ書いてしまいまんた(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。